美女組No.198 Miho
No.198 Miho
等身大の私のリアルなお悩み解決、お役立ち情報を発信します。
身長:156cm
職業:ファイナンシャルプランナー/ライフスタイルアドバイザー
My favorites:ブログを書くこと 
趣味 美味しい食べ物探し
興味のあること お家時間の過ごし方
得意分野 エイジレス料理/Sサイズコーディネート/ミニマリストライフスタイル

心を込めてブログを書きます。
インスタグラムもお気軽にフォローしていただけると嬉しいです。

Instagram:_miho_2020

梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ

一凛グループは東京でも大人気店なのでご存知の方も多いと思います。 私はどの店舗も好きなのですが、この梅雨の時期だからこそ訪れたいのがイチリンハナレ鎌倉。 先日、初めてカウンターでコースを楽しむことができたのでレポしたいと思います。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_1
日本家屋をイノベーティブしたお店の入り口も素敵!
お店までの道のりは、駅からでも、駐車場からでもローカルな鎌倉を味わえ、とても魅力的です。

前回は子連れだっため、個室利用でした。

とても広々とした個室で快適だったので、子連れの方にはぜひオススメしたいです。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_2
個室からカウンターまでお庭を挟んでいるので、子供が少々ぐずってしまっても気兼ねなく過ごせたのがありがたかったです。 その日はお隣の個室もお子様連れでした。
今回は夫婦二人での訪問だったのでカウンターで楽しみました。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_3
窓から見える景色が最高。この日は途中雨がしとしと降っていてそれがまた美しかった♡
  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_4-1

    日本家屋をイノベーティブした古き良き場所。

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_4-2

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_4-3

「日本の四季、大地、大海原を最大限に生かし、
時間そして空間から生まれる食卓で、
ひと口食べた瞬間に笑顔がこぼれるお料理と体験をお届けいたします。」
というシェフのお言葉通り。
  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_5-1

    和歌山県にある「しらす創り七代目山利」の春しらすに搾菜を混ぜ込んだカッペリーニと合わせて。

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_5-2

    スペシャリテの『よだれ鶏』。この後このタレに熱々の餃子、そして後ほどご紹介する山椒を練り込んだ中華麺を。

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_5-3

どの品もオリジナリティーに富み、意外性があったり
発見があったり、コースの始めから終わりまで五感で楽しめます。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_6
メインのお肉の前にナイフを選びます。かわいい♡
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_7
山椒の香りの演出がまたお肉の美味しさを引き立ててくれます。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_8
カウンターからキッチンを見ることができるのも楽しいですよね!
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_9
フカヒレは焼いているので香ばしい香りとパリッとした食感! 餡はとろみのある鶏白湯が濃厚です。
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_10
この餡を利用しておじやに!サマートリュフを削って見事な演出!
  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_11-1

    アオリイカの大葉炒めをイカスミのソースで。

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_11-2

    山椒を練り込んだ中華麺

  • 梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_11-3

    数々の賞を受賞されています。

梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_12
抹茶?ずんだ?と思いきや、大葉のグラニテとヨーグルトアイス。緑のトマトが添えてありました。これが驚くほど絶妙なコラボレーション!
梅雨の時期に訪れたい鎌倉グルメ!東京にもあるイチリンへ_1_13
最後の最後まで美しくてうっとり。
ごちそうさまでした。

この時期は紫陽花の見頃で鎌倉へ訪問される方の多いのではないでしょうか。
そんな時に足を運んでみるのもオススメです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
画像をクリックするとInstagramへ飛びます。お気軽にフォローしていただけたら嬉しいです。

What's New

Read More

Feature

Ranking