”湯シャン””ノープー”もアリ!大人の「正しい髪の洗い方」

2017年5月19日
毎日シャンプーしなくてもいい? 年齢による髪質の変化に対応するシャンプーって? アラフォーのための正しい髪の洗い方を伝授

■シャンプーするなら

シャンプー後の保湿も大事。いずれも、同シリーズのコンディショナー、トリートメントと併用して。

右から)長めの髪でもトップがペシャンコにならず、ふっくらシルエットをキープ。セグレタ ふっくらボリューム シャンプー 360㎖(オープン価格)/花王 

中)贅沢な泡立ちで、頭皮や髪に負担をかけず、隅々まで浄化。ベネフィーク シャンプー  2種 450㎖¥3,000(編集部調べ)/資生堂 

中)カラーリングによるダメージを補修し、キューティクルを引き締めて染めたての髪色をキープ。スティーブンノル プレミアムスリーク カラーリペア  シャンプー 500㎖¥1,600(編集部調べ)/コーセー 

左)頭皮のトラブルをケアするオーガニックシャンプー。ミネラルや亜鉛、オーガニックセージ配合。Z&Sコンディショニングシャンプー 236㎖¥3,200/ジョンマスターオーガニック


■岡部流 アンチエイジングシャンプー

①シャワーでしっかり髪をぬらす
40℃くらいの熱すぎないお湯で予洗。しっかりぬらすことでシャンプーの泡立ちがよくなり、しつこい汚れも落ちやすくなる
②髪を"泡立てネット"にしてシャンプーを泡立てる
シャンプーは手のひらで泡立てる必要ナシ。髪に直接塗布し、髪を泡立てネット代わりにした
ほうが素早く泡立つ
③頭皮を動かすようマッサージしながら洗う
指の腹を頭皮に押し当て、左右の手を近づけて頭皮を動かし、マッサージ。爪が長い場合は、シリコン製の洗髪ブラシを利用
④髪の生えぎわまでしっかりすすいで
手にヌルつきが感じられなくなるまで、40℃くらいのお湯ですすいで。すすぎ残しがちな生えぎわは特にていねいに
撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords