映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー

2017年5月19日
韓国で今、最も影響力のある俳優トップ3に挙げられるのが、コン・ユさん、パク・ボゴムさん、そして、柔軟で卓越した演技力で知られる俳優チョ・ジョンソクさんだ。4月に訪れたソウルの街には、ジョンソクさんが顔を務める広告であふれ、その人気ぶりを目の当たりに。ミュージカル俳優として活躍、『建築学概論』でスクリーンデビュー、ドラマ「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」(7月5日DVD発売)、「ああ、私の幽霊さま」、「最高です!スンシンちゃん」などでトップスターの座を確立、数々の賞も獲得している。そんな彼が主演の本日公開の映画『あの日、兄貴が灯した光』は、『裸足のギボン』のクォン・スギョン監督、『7番房の奇跡』の脚本家ユ・ヨンアさんの兄弟愛を描いた作品だ。ハートウォーミングな映画で、エンディングのジョンソクさんと弟役ド・ギョンス(注目の”演技ドル”=演技派アイドル、EXOのD.O.)さんの歌声にも胸が熱くなる。さらに、”母胎美女”(生まれる前から美人)と言われるパク・シネさんもキャスティングされ、韓国で昨年末大ヒットした話題作だ。時の人なのに飾らないジョンソクさんが、この映画への想いなどを語ってくれた。映画の、そして彼自身の魅力があふれんばかりだ。

●『あの日、兄貴が灯した光』出演を決めた理由は?
ーこの作品を選んだ決め手はやはり物語の力だったと思います。初めてシナリオを読んだ時、強烈に僕の胸に響いてきました。これをやらないわけにはいかないと思いました。シナリオをもらった時は「ああ、私の幽霊さま」というドラマの撮影をしている時だったので、そこまで次回作を急ぐ必要はなかったんです。それにもかかわらずこの作品を選んだのはそれほどまでにシナリオが素晴らしかったからです。僕にも家族がいますし、兄を持つ一人でもあるので、とても作品が胸に響いてきました。

●現場の雰囲気はいかがでしたか?
ーギョンスと二人のシーンがとても多かったのですが、とにかく笑いをこらえるのが大変な現場でした!何がそんなにおかしかったのか、笑いすぎてよくNGを連発しましたね。

●ジョンソクさんにとって、どんな映画だったと言えますか?
ー気分のいい映画ですね。興行的にも良かったので。僕はヒットする俳優になりたいです。以前は信頼のある俳優になりたいとか、気分の良い俳優になりたいとか色々思っていたんですが、ヒットする俳優はその全てを持っているんですよ。以前、舞台をたくさんやっていた時期にも思いましたが、勿論一人の観客も大事ですが劇場に一人の観客がいるよりも100人の観客がいてくれることのほうが嬉しいですし、たくさん力をもらえます。僕のやっている作品をそれほどたくさん観てもらえているんだということ自体が本当にありがたいことです。いつでもヒットする俳優になりたいと思っています。

●友人役キム・ガンヒョンさんとの息もぴったりでしたが、旧知の仲なのでしょうか?
ーはい、そうです。演劇時代からずっと知っている兄さんです。一緒に舞台に立ったことはないんですが、(劇場が集まる)大学路(テハンノ)って狭い業界なのであちこちで当時も名前を耳にしていましたし、よく会っていました。

●弟役ド・ギョンスさんは若手俳優として注目されていますが、どんな印象でしたか?
ーギョンスは本当に多才多能で集中力もすごいですね。見た目は可愛い末っ子のような感じだけど、知れば知るほど男らしさもあります。そんな面がドゥヨンのキャラクターにしっかり生きていると思います。

●ほかに注目している若手俳優さんはいらっしゃいますか?
ーそれが、本当にギョンスしかいないんですよ(笑)。ギョンスが少し前に「ボクらのラブ♡アカデミー」というドラマをやったんですが、それを見たら演技が本当によくて。それで本人に会った時に「おまえは最高だ!」と言ったほどです。そのドラマでギョンスは自分の魅力と演技の二つを完璧に見せていたんです。とても嬉しかったですし頼もしいですし、今後にとても期待しています。

●ミュージカル、映画、ドラマと幅広く活躍なさってますが、やはり舞台の魅力は大きいですか?またどのように?
ーライブ感ではないでしょうか。現場では実際に受けて返してということができるし、それを感じられるのが最大の魅力だと思います。僕が例えばミスをしたらそれは舞台を通じてそのままお客さんに伝わりますし、だからより緊張しますし興奮もします。俳優にとってはそんな魅力がありますね。

●映画、ドラマの魅力とは?
ーディテールをよりたくさん見せられることですかね。舞台って少し離れたところから観ないといけないじゃないですか。そういう舞台ではお見せしきれない細かい部分や細かな顔の表情ひとつひとつをカメラはしっかりとらえますよね。それがドラマや映画の魅力だと思います。

●演技のどんなところがいちばん好きですか?
ー僕がギターをやっていていたことはご存じでしょうか。ギターをやってそのあと大学の演劇学科に入学しました。入学式の日に学校の門の前で「よし、死ぬ気で頑張ろう」と心に誓いました。学費も奨学金を借りて学校に通ったんですが、在学中にオーディションを受けて「くるみ割り人形」というミュージカルでデビューすることになりました。僕の演技でお金が稼げるということに当時は感激したものです。それからたくさん舞台に立っていた時期にチケット売り場であるカップルが近づいてきて僕に言いました。「チョ・ジョンソクさんですよね?僕たちチョ・ジョンソクさんのおかげで結婚しました」って言うんです。よくよく話を聞いてみると、二人はそれぞれチョ・ジョンソクという俳優が好きで僕の出る舞台を観に行っている間に出会って結婚するまでに至ったそうです。その時に実感したことがあります。「ああ、僕は人の人生が左右するほど重要な仕事をしているのだな。とても責任のある仕事をしているのだな」と。ドラマ「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」の撮影中にも(コン)ヒョジンとそんな話をした記憶があります。「僕たちは本当に重要な仕事をしているんだ。一生懸命にやろう」と。俳優という仕事は僕にとってとてもやりがいのある、責任のある仕事だと思っています。

●カメレオンのようにいろいろな役をこなす、”演技の化身”ジョンソクさんですが、どんな役者でありたいですか?
ー常に柔軟な役者でありたいです。ミュージカル俳優、映画俳優、タレントなどそんなふうに区別をするのではなく、区別なく柔軟に演技をしたいです。ありがたいことに、僕は舞台もドラマも映画もやらせていただいています。たくさん吸収して常に柔軟でいること、それが僕の魅力ではないかなと思います。

●最近ハマっていることや、ストレス解消法はありますか?
ー旅行に行くのが好きです。色々なところに行ってみようと思うほうです。最近ではキャンプに興味があって、やってみようと思っているところです。それから休みの日にはよく運動をします。運動が大好きで僕にとっては運動がヒーリングになっています。

●次回作は決まっていらっしゃいますか?
ーはい。『麻薬王』という映画です。

●挑戦してみたい役はどんな役ですか?
ー周りからは悪役も見てみたいとか色々言われたりもしますが、実は僕自身がわざと悪役はもったいぶっています。ジャンル的にはパニック映画やSF、ブロックバスターものなどにも挑戦してみたいです。

●マリソル世代は韓国によく旅もするので、韓国でおすすめのエリアや食べ物があったら教えて下さい。
ー三清洞はどうでしょう?三清洞は俳優さんたちが映画のプロモーションなどでよくインタビューをしている場所でもあります。偶然にそういう現場に遭遇できるかもしれませんよ(笑)。それと三清洞あたりは美味しいお店もたくさんあります。
ソウルではなく韓国の地方都市でいうと全州はおススメです。全州といえば食の都です!ふらっと入ったどんなお店でも本当に美味しいんです。
僕が良く行くお店は日本料理のお店だったり居酒屋が多くて、それなら日本の皆さんのほうがずっと美味しいものを日本で食べているはずなので、ここではあえて言わないことにしますね(笑)
(c)Kim Daun(STUDIO DAUN)
『あの日、兄貴が灯した光』
出演: チョ・ジョンソク 『建築学概論』 
     D.O.(EXO) 『純情』 
     パク・シネ 『7番房の奇跡』 ほか

監督: クォン・スギョン 『裸足のギボン』 
脚本: ユ・ヨンア 『7番房の奇跡』 

2016/韓国/韓国語/110分/シネスコ/カラー/5.chデジタル/日本語字幕:本田恵子
配給:CJ Entertainment Japan 

5月19日(金)、TOHOシネマズ新宿ほか全国順次公開

(C)2016 CJ E&M CORPORATION,CHOICE CUT PICTURES All Rights Reserved

桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • T2U(from:Block B)、ユグォンさん&テイルさんインタビュー

    個性豊かな7人7色の魅力で人気のアーティスト、Block B(ブロック ビー)。楽曲が好きでコンサートやイベントにも何度か足を運んでいますが、毎回彼らの才能に圧倒されます。スペシャルユニット、T2U(トゥーユー)のツアーで来日した美声で知られるテイルさんと日本語が堪能なユグォン(ユグ)さんにインタビュー!6月20日発売されるデビュー7周年記念の日本オリジナル・ベストアルバム「Block B THE BEST」のお話も伺いました!T2Uの新曲、ソロ曲も含むこのアルバムは、Block Bの軌跡を音、映像、写真で楽しめる超豪華版で、入門編としてもマスト!ぜひ聴いて、観て下さい!!

    韓流NEWS

    2018年6月15日

  • 鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

     韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。

    韓流NEWS

    2018年6月1日

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

Feature

Ranking