映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー

映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー_1_1
韓国で今、最も影響力のある俳優トップ3に挙げられるのが、コン・ユさん、パク・ボゴムさん、そして、柔軟で卓越した演技力で知られる俳優チョ・ジョンソクさんだ。4月に訪れたソウルの街には、ジョンソクさんが顔を務める広告であふれ、その人気ぶりを目の当たりに。ミュージカル俳優として活躍、『建築学概論』でスクリーンデビュー、ドラマ「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」(7月5日DVD発売)、「ああ、私の幽霊さま」、「最高です!スンシンちゃん」などでトップスターの座を確立、数々の賞も獲得している。そんな彼が主演の本日公開の映画『あの日、兄貴が灯した光』は、『裸足のギボン』のクォン・スギョン監督、『7番房の奇跡』の脚本家ユ・ヨンアさんの兄弟愛を描いた作品だ。ハートウォーミングな映画で、エンディングのジョンソクさんと弟役ド・ギョンス(注目の”演技ドル”=演技派アイドル、EXOのD.O.)さんの歌声にも胸が熱くなる。さらに、”母胎美女”(生まれる前から美人)と言われるパク・シネさんもキャスティングされ、韓国で昨年末大ヒットした話題作だ。時の人なのに飾らないジョンソクさんが、この映画への想いなどを語ってくれた。映画の、そして彼自身の魅力があふれんばかりだ。

●『あの日、兄貴が灯した光』出演を決めた理由は?
ーこの作品を選んだ決め手はやはり物語の力だったと思います。初めてシナリオを読んだ時、強烈に僕の胸に響いてきました。これをやらないわけにはいかないと思いました。シナリオをもらった時は「ああ、私の幽霊さま」というドラマの撮影をしている時だったので、そこまで次回作を急ぐ必要はなかったんです。それにもかかわらずこの作品を選んだのはそれほどまでにシナリオが素晴らしかったからです。僕にも家族がいますし、兄を持つ一人でもあるので、とても作品が胸に響いてきました。

●現場の雰囲気はいかがでしたか?
ーギョンスと二人のシーンがとても多かったのですが、とにかく笑いをこらえるのが大変な現場でした!何がそんなにおかしかったのか、笑いすぎてよくNGを連発しましたね。

●ジョンソクさんにとって、どんな映画だったと言えますか?
ー気分のいい映画ですね。興行的にも良かったので。僕はヒットする俳優になりたいです。以前は信頼のある俳優になりたいとか、気分の良い俳優になりたいとか色々思っていたんですが、ヒットする俳優はその全てを持っているんですよ。以前、舞台をたくさんやっていた時期にも思いましたが、勿論一人の観客も大事ですが劇場に一人の観客がいるよりも100人の観客がいてくれることのほうが嬉しいですし、たくさん力をもらえます。僕のやっている作品をそれほどたくさん観てもらえているんだということ自体が本当にありがたいことです。いつでもヒットする俳優になりたいと思っています。

●友人役キム・ガンヒョンさんとの息もぴったりでしたが、旧知の仲なのでしょうか?
ーはい、そうです。演劇時代からずっと知っている兄さんです。一緒に舞台に立ったことはないんですが、(劇場が集まる)大学路(テハンノ)って狭い業界なのであちこちで当時も名前を耳にしていましたし、よく会っていました。

映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー_1_2
●弟役ド・ギョンスさんは若手俳優として注目されていますが、どんな印象でしたか?
ーギョンスは本当に多才多能で集中力もすごいですね。見た目は可愛い末っ子のような感じだけど、知れば知るほど男らしさもあります。そんな面がドゥヨンのキャラクターにしっかり生きていると思います。

●ほかに注目している若手俳優さんはいらっしゃいますか?
ーそれが、本当にギョンスしかいないんですよ(笑)。ギョンスが少し前に「ボクらのラブ♡アカデミー」というドラマをやったんですが、それを見たら演技が本当によくて。それで本人に会った時に「おまえは最高だ!」と言ったほどです。そのドラマでギョンスは自分の魅力と演技の二つを完璧に見せていたんです。とても嬉しかったですし頼もしいですし、今後にとても期待しています。

●ミュージカル、映画、ドラマと幅広く活躍なさってますが、やはり舞台の魅力は大きいですか?またどのように?
ーライブ感ではないでしょうか。現場では実際に受けて返してということができるし、それを感じられるのが最大の魅力だと思います。僕が例えばミスをしたらそれは舞台を通じてそのままお客さんに伝わりますし、だからより緊張しますし興奮もします。俳優にとってはそんな魅力がありますね。

●映画、ドラマの魅力とは?
ーディテールをよりたくさん見せられることですかね。舞台って少し離れたところから観ないといけないじゃないですか。そういう舞台ではお見せしきれない細かい部分や細かな顔の表情ひとつひとつをカメラはしっかりとらえますよね。それがドラマや映画の魅力だと思います。

●演技のどんなところがいちばん好きですか?
ー僕がギターをやっていていたことはご存じでしょうか。ギターをやってそのあと大学の演劇学科に入学しました。入学式の日に学校の門の前で「よし、死ぬ気で頑張ろう」と心に誓いました。学費も奨学金を借りて学校に通ったんですが、在学中にオーディションを受けて「くるみ割り人形」というミュージカルでデビューすることになりました。僕の演技でお金が稼げるということに当時は感激したものです。それからたくさん舞台に立っていた時期にチケット売り場であるカップルが近づいてきて僕に言いました。「チョ・ジョンソクさんですよね?僕たちチョ・ジョンソクさんのおかげで結婚しました」って言うんです。よくよく話を聞いてみると、二人はそれぞれチョ・ジョンソクという俳優が好きで僕の出る舞台を観に行っている間に出会って結婚するまでに至ったそうです。その時に実感したことがあります。「ああ、僕は人の人生が左右するほど重要な仕事をしているのだな。とても責任のある仕事をしているのだな」と。ドラマ「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」の撮影中にも(コン)ヒョジンとそんな話をした記憶があります。「僕たちは本当に重要な仕事をしているんだ。一生懸命にやろう」と。俳優という仕事は僕にとってとてもやりがいのある、責任のある仕事だと思っています。

●カメレオンのようにいろいろな役をこなす、”演技の化身”ジョンソクさんですが、どんな役者でありたいですか?
ー常に柔軟な役者でありたいです。ミュージカル俳優、映画俳優、タレントなどそんなふうに区別をするのではなく、区別なく柔軟に演技をしたいです。ありがたいことに、僕は舞台もドラマも映画もやらせていただいています。たくさん吸収して常に柔軟でいること、それが僕の魅力ではないかなと思います。

●最近ハマっていることや、ストレス解消法はありますか?
ー旅行に行くのが好きです。色々なところに行ってみようと思うほうです。最近ではキャンプに興味があって、やってみようと思っているところです。それから休みの日にはよく運動をします。運動が大好きで僕にとっては運動がヒーリングになっています。

●次回作は決まっていらっしゃいますか?
ーはい。『麻薬王』という映画です。

●挑戦してみたい役はどんな役ですか?
ー周りからは悪役も見てみたいとか色々言われたりもしますが、実は僕自身がわざと悪役はもったいぶっています。ジャンル的にはパニック映画やSF、ブロックバスターものなどにも挑戦してみたいです。

●マリソル世代は韓国によく旅もするので、韓国でおすすめのエリアや食べ物があったら教えて下さい。
ー三清洞はどうでしょう?三清洞は俳優さんたちが映画のプロモーションなどでよくインタビューをしている場所でもあります。偶然にそういう現場に遭遇できるかもしれませんよ(笑)。それと三清洞あたりは美味しいお店もたくさんあります。
ソウルではなく韓国の地方都市でいうと全州はおススメです。全州といえば食の都です!ふらっと入ったどんなお店でも本当に美味しいんです。
僕が良く行くお店は日本料理のお店だったり居酒屋が多くて、それなら日本の皆さんのほうがずっと美味しいものを日本で食べているはずなので、ここではあえて言わないことにしますね(笑)
映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー_1_3
(c)Kim Daun(STUDIO DAUN)
『あの日、兄貴が灯した光』
映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー_1_5
映画『あの日、兄貴が灯した光』 ”演技の化身”チョ・ジョンソクさんインタビュー_1_6
出演: チョ・ジョンソク 『建築学概論』 
     D.O.(EXO) 『純情』 
     パク・シネ 『7番房の奇跡』 ほか

監督: クォン・スギョン 『裸足のギボン』 
脚本: ユ・ヨンア 『7番房の奇跡』 

2016/韓国/韓国語/110分/シネスコ/カラー/5.chデジタル/日本語字幕:本田恵子
配給:CJ Entertainment Japan 

5月19日(金)、TOHOシネマズ新宿ほか全国順次公開

(C)2016 CJ E&M CORPORATION,CHOICE CUT PICTURES All Rights Reserved

桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking