無理に何かを今決めつけようとしない【小説・じゃない側の女~Side2産んでない側の女 Vol.14】

2017年6月22日
【連載第14回】谷原理沙(たにはら りさ)43歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。(全15回)
「きっと理沙は自分で決めるよ。必要な時に遅からず早からず、自分にとって一番いい時に。そしてそのことをきっと誰のせいにもしない、人のせいにも、環境のせいにも、そこに至るまでの自分のせいにもね」

そういって、さっきあたしがハグした真木が、今度はあたしを力いっぱいギューッとハグしてくれた。

「私が思うにね」真木にハグされたままのあたしの頭にポンと手を置いて結花が続ける。

「理沙はたしかに何でも自分で“決断する人”だけど、決して“決めつける人”ではない。洋服のコーディネートひとつとってもそう。もっとこういう風にできるかも、あんな着方も素敵じゃない?って、いつもいろんな物事に興味をもって、人が好きなものを理解しようとして解釈の幅を広げる努力して、いつだって“それもありだね”って、延々一緒に楽しく可能性を探してくれるじゃない? だからその…自分にもそうしてあげてよ。無理に何かを今決めつけようとしないで」

あたしは人前で泣く女が嫌いだ。真木を泣かせておいてなんだけど、嫌い。だからあたしは泣かない。でも泣きそうなくらい真木と結花の言葉とハグは暖かく、ここしばらく何とも言えずもやもやしていたあたしの心の霧をすーっと晴らしてくれるようだった。

ほんと申し訳ない。ほんとありがとう。

結婚してもない独身女が、何を一人先走って、考える資格もないようなことで勝手に悶々としてるんだって笑い飛ばされても仕方ないのに。馬鹿じゃないかって言ってもいいのに。こんなこと人にどうこう言ってもらうことではないのに。二人は笑わずあたしの話を聞いてくれた。

これまではいつだって何だって自分のセンスと経験に基づいて責任もって決断してきたのに、子供を持つということについてはどうしても決められない自分、決めない自分。あたしは将来の自分に対して、今決めないこと、決められなかったことについて、いつの日か言い訳することにならないかが、猛烈に不安だった。そんなことはしたくないし、そんなことはしない、と思いたかった。

それを言わせてごめん。でも言ってくれてありがとう。
  • 植田真木(うえだ まき)43歳 金融会社勤続20年の管理職。「アラフォー独身女」でいることに疲れ、39歳で「可もなく不可もない男」と駆け込み結婚をしてみたものの…。

    ■Side1結婚してない側の女(全14回)を読む >
  • 谷原理沙(たにはら りさ)43歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。

    ■Side2産んでない側の女(全15回)を読む >

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords