おなかに赤ちゃんがいますマーク【小説・じゃない側の女~Side2産んでない側の女 Vol.10】

2017年6月18日
【連載第10回】谷原理沙(たにはら りさ)43歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。(全15回)

SoutaBank /PIXTA(ピクスタ)
「産休とか育休とかってちゃんと会社で働いているからこそもらえる権利ですもんね、出来る限り享受しないとって話ですよね」

権利。享受。そういう妊婦さんのごもっともながらも、無邪気な発言を、疲労困憊気味の身にじゃんじゃん浴びせられ続けると、思わず、ちょっとあたしの風邪うつしちゃおうか?なんて黒い感情が瞬間的に浮かんでしまうことすらある。

そんなひどいこと思ったらバチがあたるっしょ!と、すぐさま頭の中の黒い霧をかき消すものの、妊婦女子のたてつづけの無神経発言に「こっちはこっちでまあまあ大変なんだよ」と心はどうにもささくれだつ。

「体力もどれくらいで復活するかって話ですよね。子育てしながら出社できるようになるには、どれくらいかかるものなのかなあ。あ、さすがの理沙さんも産んでないから、さすがにそこはわからないですよね。というかその前にご結婚ですね、あはははは」

おい小娘。めでたかったら何言ってもいいってのか? そうじゃねーだろ。

「おなか大きくなってくると、駅の階段とか降りるとき、あー私って、今弱者だなあって思うんですよねー」

新たな命を抱えた人を大事にするのは当たり前だ。
出来る限り配慮してあげるのは人として当然だ。そう思う。心底思う。

けどね、されて当然とあまりに声高に主張されると、正直、「あたしの方が倒れる寸前です!」と言いたい時だってある。だってほんとに、こっちもそっちもあっちも、あなた以外もそこそこ大変なんだから。

あなたは「おなかに赤ちゃんがいます」ワッペンもっているけれど、私は「おなかに赤ちゃんが居る人の分の仕事を代わって3週間休み返上中の帰りです」とか「買い付けの出張代理で、成田にタッチアンドゴーで帰国翌日からまた飛びます」ワッペンとかないんだもん。

毎回思うんだ。会社組織ってのは、男性陣ってのは、妊娠した女へのハラスメントには恐ろしいほど敏感だが、妊娠していない女、産んでいない女、子供のいない女への配慮は皆無に等しいと。

「谷原もすることして、一日も早く作ったほうがいいぞー。年とってからは産むより育てるのがほんとに大変なんだから」

「理沙さんも早くできるといいですね。見た目まだ全然お若いですから、きっと大丈夫ですよ。欲しいですよね?お子さん。やっぱり子供はいた方が絶対人生楽しいですって」

「高齢出産になると何かと問題起きる率が高くなるっていうだろ。谷原お前幾つだっけ? 40は過ぎたか? 結構いってんなあ、もうムリか? まだギリいけるか?」

悪意があろうがなかろうが、やっぱり人の神経を不用意に逆なでするこの手の発言はなくてもよくないか。

「いえ、私作らないんじゃなくて出来ないんです!」

とでも泣いてみたら初めて黙ってくれるのだろうか。

妊娠していない女、産んでいない女、子供のいない女には何を言ってもどれだけ傷つけても、心をささくれ立たせてもかまわないってことはないでしょう?

  • 植田真木(うえだ まき)43歳 金融会社勤続20年の管理職。「アラフォー独身女」でいることに疲れ、39歳で「可もなく不可もない男」と駆け込み結婚をしてみたものの…。

    ■Side1結婚してない側の女(全14回)を読む >
  • 谷原理沙(たにはら りさ)43歳 某有名ブランドのバイヤーとして、月の半分近くを海外で過ごす。後輩が次々と妊娠して産休に入るたび、「快く」送り出しているつもり、だけれど。

    ■Side2産んでない側の女(全15回)を読む >
  • 畠山結花(はたけやま ゆか)43歳 ゼネコン勤務の一級建築士。同業のハイスペック夫と2人の子供、瀟洒な一軒家。「すべてを手に入れて」順風満帆な人生を突き進んでいるように思われるが…。

    ■Side3あきらめない側の女(全14回)を読む >
  • 須藤慶子(すどう けいこ)43歳 結婚14年目の専業主婦。夫が出張のたびに「デリヘル」を利用していると知り、ショックを受ける。

    ■Side4満足させてもらえない側の女 8月中旬リリース予定

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords