ひさしぶりに、リュック買いました!【エディター伊藤真知の「プチプラ」は40代からがもっと楽しい!#13】

荷物が多く、仕事のときはミニバッグ+サブバッグの2個持ちが定番の私。資料やらでぎゅうぎゅうに詰まったサブバッグを考えると、メインはやっぱり軽くて“両手の空く”ポシェットが最高! というわけで、気づけばデイリーバッグはポシェットだらけに。たまには新しい形もほしいなぁ……でも大きい、重いはイヤだなぁ……そんないま、買って大正解だったのが、おひさしぶりのリュックでした。
伊藤真知・エディター

伊藤真知・エディター

大学卒業後、出版社勤務。その後フリーのエディター&ライターとして女性誌や広告などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155㎝。

3回目のブログでご紹介したブラウンTのように、一度ハマるととことん買ってしまう性分で……ポシェットもそのひとつ。ちなみにここ最近使ったバッグは、

エディター伊藤真知さんの小さいポシェット

全~部、ポシェット!!!

(小ささを伝えたくて、マリソルを置いてみました)

  

肩にくいこんで痛いという理由で、薄着の夏はお留守番だったチェーンショルダーや、昨年マイブームが去り、出番がめっきり減ってしまったサコッシュを除いても、これだけいるポシェット。これまでの人生、私は一体どれだけ“ななめがけ”してきたんだか(-_-)。

  

ななめがけが好きなのは、先にも書いたように“両手が空く”から。帰宅途中でコーヒーを買うにも、スーパーに寄るにも、バッグで片手がふさがっているとどうしてもストレスになりますし……。そして実はもうひとつ、私にとって大事なのが“小さい”ということ。

 

ちょっと話は飛びますが、スタイルアップって結局は、比率の問題だと思うんです。大きなイヤリングをつければ顔が小さく見えるように、大きなバッグを持てば体が小さく見える。私は身長が高くないし、最近はぺたんこ靴をはくことも多いので、そこに大きなバッグが来るとどうしてもバランスが悪く見えてしまいます。だからこそ、バッグはできるだけ小さいものを選ぶように。小さい体には小さいバッグ、これに尽きます。

  

と前置きが長くなってしまいましたが、つまり私は両手が空いて、小さなバッグが大好き。でもポシェットよりも目新しくて……というところで、最近とても気に入っているのがこの“ミニリュック”なのです。

 

JANSPORT」のハーフパイント バックパック ¥3,850

「JANSPORT」のハーフパイント バックパック ¥3,850

私は「ビューティ&ユース」で購入。またまた大好きな茶系のレオパード柄を選んでしまいましたが(これはビューティ&ユースの別注のようです)、公式のショップやさまざまなサイトを見ると無地の黒やネイビー、きれい色もあるようなので、お好みでよいかと。

「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

惹かれたのはこのサイズ感! マリソルとほぼ同じ小ぶりなサイズですが、マチが広く、前にはカードやスマホ入れにちょうどいいポケットもついていたりと、収納力は申し分なし。ダブルジップで両方向から開閉しやすいのも、さりげなく使いやすいポイントです。

  

軽くてスポーティな素材感、でも小さいおかげで一般的なリュックほどカジュアルに見えないので、きれいめな服とも合わせやすいです。お仕事にもよさそう!

  • リュックとデニムコーデ

  • リュックとデニムコーデ

▲鉄板のデニムコーデの日は、ラフになりすぎないように足もとはパンプスで。大きなリュックよりも可愛さが出るので、×ヒールでもチグハグ感はありません。

リュック/JANSPORT ニット/UNIQLO(mens) デニム/STUNNING LURE コート/N.O.R.C by the line ネックレス/CADEUX、TIFFANY&Co. 靴/JIMMY CHOO

先ほど言い忘れましたが、ストラップはかなり長め。

  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

幅も2.5cmと細めなので、コートや厚手のニットの上から肩にかけやすく、スライド式で調節も便利です。

「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

▲肩当てもないので、ボリュームニットでも肩まわりがきつくならないのもいい。さらにオーバーサイズのGジャンを着た上からでも、肩がけは余裕でした!

リュック/JANSPORT ニット/SLOANE スカート/Chaos 手に持ったGジャン/UNIQLO(mens) ピアス/ADAM ET ROPE 靴/CHEMBUR
  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

▲ごくシンプルなニットときれいめなパンツのお仕事服にも浮かず、まじめさがやわらぐミニリュック。ヒールでもメンズ靴でも……合わせる靴も選びません。

リュック/JANSPORT ニット/UNIQLO(mens) Tシャツ/UNIQLO パンツ/STUNNING LURE 手に持ったコート/JIL SANDER+ ネックレス/MARIHA 靴/(左)JIMMY CHOO、(右)A de Vivre
  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

  • 「JANSPORT」のハーフパイント バックパック 

▲細身のタートル+タイトスカートでちょっと女っぽくいきたい日のハズし役にも最適。今年はオレンジのコートを買ったのですが、カジュアルなリュックのおかげで、強い色もほどよく抜けていい感じに。

リュック/JAN SPORT コート/STUNNING LURE ニット/UNIQLO スカート/Little Suzie ピアス/JUICY ROCK 靴/DIANA

今回はいつもにも増して“超私的”なブームをご紹介しましたが、あらためてリュックは軽くていいですね~。アクティブな気分も増して、仕事帰りにひと駅歩きたくなります!(実際に歩くかは検討中)。いまはまだ寒すぎず、出歩くのに気持ちいい季節。少しずつとはいえ、お出かけの機会も増やしていけそうなので、こんな楽ちんバッグがひとつあると重宝しそうです。4000円弱という価格もいいですしね! ではまた~

 

 

*次回は11月21日公開予定です 

 

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事