トレンドアイテムで簡単おしゃれ!アラフォーの「オフィスカジュアル」着こなしまとめ|40代通勤コーデ

なんだかオフィスコーデがパッとしないと思ったら、トレンドアイテムを活用するのがおしゃれ見えの近道。4つのトレンドアイテムをつかって脱マンネリ! 40代のためのオフィスカジュアルコーデをお届けします。

①襟もと甘めブラウスでつくるオフィスカジュアルコーデ

顔まわりをパッと華やかにしてくれてオフィスでも映える、襟もと甘めのブラウスがますます人気に

■ユナイテッドアローズのレース襟ブラウス

■ユナイテッドアローズのレース襟ブラウス×白パンツコーデ

大きめのレース襟も、黒なら甘すぎず大人の上品さをキープ!

こまやかな刺繡が施された大きめのレース襟は取りはずして着ることも可能。また、素材がコットンでほどよくカジュアル感もあるので、エレガントになりすぎず、パンツと合わせるだけでこなれた華スタイルに。秋の始まりは、白と黒でまとめてシンプルに着こなして。

ブラウス¥20,900/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) パンツ¥29,700/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) バッグ¥187,000/ドゥーズィエム クラス 青山店(ザンケッティ) 靴/スタイリスト私物

■ブラミンクのボウタイブラウス

■ブラミンクのボウタイブラウス×カーディガン×パンツコーデ

パリッとハリのある生地で甘さを抑えたハンサムなボウタイブラウス

コットン100%のハリのある生地を使った端正なブラウス。ボウタイをあえて結ばず前で垂らし、カーディガンとパンツでちょっぴりハンサムに着こなして。やや太めのタイはリボン結びにするとボリュームが出て華やか。一枚でいろんな表情が楽しめるのもうれしい。

ブラウス¥88,000・カーディガン¥132,000・パンツ¥77,000/ブラミンク バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥123,200/ジージーアールジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

■トラディショナル ウェザーウェアのピンタックシャツ

■トラディショナル ウェザーウェアのピンタックシャツ×パンツコーデ

細かく寄せたピンタックが、きりっとした中にも女らしさを添えて

ピンタックがさりげなくアクセントになり、はき慣れたパンツとのワンツーコーデも新鮮な表情に。シャツ自体の主張が強すぎないので、アクセ使いで遊べるのも魅力。

ブラウス¥28,600/トラディショナル ウェザーウェア 青山店(トラディショナル ウェザーウェア) パンツ¥42,900/TSI(ハーヴェル スタジオ) ピアス¥30,800/ビームス ハウス 丸の内(アリアナ ブサード ライフォル) ネックレス(長)¥31,900・(短)¥24,200/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥97,900/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

【Marisol10月号2021年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONOスタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO

■エムセブンデイズ フォーオフィスのドット柄ボウタイブラウス

■エムセブンデイズ フォーオフィスのドット柄ボウタイブラウス×パンツコーデ

シャープな色合わせにドット柄がほんのり甘さをプラス

黒×カーキというマニッシュな色合わせも、ブラウスのドット柄とボウタイディテールのおかげで女性らしくシフト。「パンツにベルトをつけたことも今回のこだわりのひとつ。さりげないウエストマークが全体の印象をぐっと引き締めてくれます」。

ブラウス¥165,00・パンツ¥17,600/エムセブンデイズ フォーオフィス(SHOP Marisol)ピアス¥28,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥81,400/エポイ本店(エポイ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)

\ コーデのバリエーション /

エムセブンデイズ フォーオフィスのドット柄ボウタイブラウス×パンツコーデ

シャープな色合わせにドット柄がほんのり甘さをプラス

ブラウンのボウタイブラウスは、ごく小さなドット柄なので着こなしやすい。スカートは前身頃の大きめポケットがデザインアクセントになり、気になる太もも部分が目立ちにくく。「ボウタイをリボン結びにせず、ゆったり垂らすアレンジもおすすめ。ボウタイが縦のラインを強調し、全身の印象がすっきり」。
 
ブラウス¥165,00・パンツ¥17,600/エムセブンデイズ フォーオフィス(SHOP Marisol) 靴¥53,900/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/スタイリスト私物

襟もと甘めブラウスのバリエーション

右)柔らかく落ち感のある襟が優しげな雰囲気。少し透ける素材で残暑でも軽やかに着こなせる。ブラウス¥18,150/オンワード樫山(23区) (中)フリルつきの大きめの襟とデニム素材が印象的なブラウス。身頃や丈をゆったりとっているので甘すぎず、大人なムードに決まる。ブラウス¥29,700/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) (左)シンプルなシャツの胸もとと袖にフリルで甘いディテールをプラス。ブラウス¥73,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ)
着るだけで気分が上がる、大きめの襟や甘いフリルディテール。デニムやパンツとあわせてさらりと着こなしたい。
 
(右)柔らかく落ち感のある襟が優しげな雰囲気。少し透ける素材で残暑でも軽やかに着こなせる。ブラウス¥18,150/オンワード樫山(23区) 
(中)フリルつきの大きめの襟とデニム素材が印象的なブラウス。身頃や丈をゆったりとっているので甘すぎず、大人なムードに決まる。ブラウス¥29,700/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) 
(左)シンプルなシャツの胸もとと袖にフリルで甘いディテールをプラス。ブラウス¥73,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ)
右)上品なツヤと落ち感で、フォーマルなシーンでも大活躍しそう。濃すぎないグレーの色みも今っぽい。ブラウス¥24,200/インターリブ(サクラ) (中)肌をきれいに見せてくれる上品なベージュにブルーのストライプがさわやかかつエレガント。インナーキャミソールつき。ブラウス¥53,900/エブールギンザシックス(ebure)(左)パッと目をひく美しいブルー。ツヤはあるけど光りすぎない、コットン×シルクの生地が絶妙なこなれ感を演出。肩のギャザー使いも可愛い。ブラウス¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
クラシック&レトロなムードの人気とともにボウタイブラウスの人気も復活。コンサバ過ぎないデザインを選んで。
 
(右)上品なツヤと落ち感で、フォーマルなシーンでも大活躍しそう。濃すぎないグレーの色みも今っぽい。ブラウス¥24,200/インターリブ(サクラ) 
(中)肌をきれいに見せてくれる上品なベージュにブルーのストライプがさわやかかつエレガント。インナーキャミソールつき。ブラウス¥53,900/エブールギンザシックス(ebure)
(左)パッと目をひく美しいブルー。ツヤはあるけど光りすぎない、コットン×シルクの生地が絶妙なこなれ感を演出。肩のギャザー使いも可愛い。ブラウス¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
(右)後ろボタン&背中にリボンつきで、前から見ても後ろから見ても可愛い一枚。ブラウス¥57,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)(中)ウール素材で着心地がよく、秋から冬まで長く使える。身頃に対して袖が細めで、着るとすっきりシルエットに。ブラウス¥35,200/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) (左)高密度コットンを使用したつややかな素材が、着るだけで端正かつ知的なムードを演出。ブラウス¥42,900/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン)
上品な華やかさをプラスしてくれるピンタックシャツ。きりりとした中にも女らしさが香る。
(右)後ろボタン&背中にリボンつきで、前から見ても後ろから見ても可愛い一枚。ブラウス¥57,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
(中)ウール素材で着心地がよく、秋から冬まで長く使える。身頃に対して袖が細めで、着るとすっきりシルエットに。ブラウス¥35,200/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) 
(左)高密度コットンを使用したつややかな素材が、着るだけで端正かつ知的なムードを演出。ブラウス¥42,900/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ ロンドン)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 【Marisol2021年10月号掲載】

②ツイードジャケットでつくるオフィスカジュアルコーデ

クラシックさのあるツイードジャケットが人気復活の兆し。あえてカジュアルに、とことんレディに、どっちにも使える脱・無難なデザインがおすすめ。

■ジャーナル スタンダード レサージュのツイードジャケット

■ジャーナル スタンダード レサージュのツイードジャケット×デニムパンツコーデ

デニムで着くずす王道コーデもロングタイプでブラッシュアップ

オーバーサイズのツイードジャケット自体が珍しいから、鉄板スタイルに合わせても更新感。シルクブラウスはもちろんボーダーなどにもマッチ

ジャケット¥41,800/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ブラウス¥27,500/サードマガジン パンツ¥27,500(アッパーハイツ)・靴¥35,200(ルチェンティ)/ゲストリスト バッグ¥22,000/マスターピースショールーム(サイ) ピアス¥96,800/マリハ ブレスレット¥330,000・リング¥88,000/イセタンサローネ(カラットアー)

■ジョン ブラニガンのツイードジャケット

■ジョン ブラニガンのツイードジャケット×カーゴパンツコーデ

ブラウン×カーキのカジュアル配色をツイードの上品さで大人に仕上げて

一歩間違えるとセレモニー感が出てしまうツイードも、カーゴパンツなどカジュアルシフトの着こなしをすると老けて見える心配が無用に。珍しいブラウンツイードなら、軽やかさもおしゃれ感もさらに上乗せ。

ジャケット¥27,500/アルアバイル(ジョン ブラニガン) ブラウス¥55,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥26,400/アパルトモン青山店(アメリカーナ) バッグ¥53,900/アマン(ペリーコ) バングル¥83,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥88,000/ジミー チュウ

■ルル・ウィルビーのツイードジャケット

■ルル・ウィルビーのツイードジャケット×ワンピースコーデ

レディな素材を重ねた上品コーデもTシャツ一点投入で抜け感をひとさじ

テーラード型とパールボタンで比較的ドレッシーさのあるジャケット。あえてテンションそのままに、艶キャミワンピとスエードブーツで女っぽさを楽しみたい。その分インにはTシャツを合わせて、軽さを出したのもポイント。

ジャケット¥74,800/アルアバイ(ルル・ウィルビー) Tシャツ¥13,200/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥47,300/イレーヴ バッグ¥35,200/オルセット ピアス¥44,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥33,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/THE UPPER バックグラウンズファクトリー

③セットアップでつくるオフィスカジュアルコーデ

コーディネートに奥行きが生まれるジレは単体でもワードローブの活性化に有効。ジャケットセットよりもラフに着られて使い勝手もいいから、セット買いで損なし!
ジレのセットアップ
ほんのり光沢がある長めの丈で、コート感覚の存在感を発揮。やや落ち着いたトーンのピンクはどんな肌色の人にもマッチ。
ベスト¥85,800・パンツ¥49,500/TSI(ハーヴェル スタジオ)

▼上下で

ジレならテーラリングの知的さを残しつつ軽やかに。旬の上下で〝ラクしてきれい〟

ハイネックブラウス×ジレのセットアップコーデ
クリーンな印象がぐっと高まる白のハイネックブラウスとかっちり小物と合わせて。全体を凛とした雰囲気にまとめたら、きちんとしたシーンにも合う。袖があいているからこそ、トレンドのボリュームスリーブともレイヤードできるのが便利。

ベスト・パンツ/上と同じ シャツ¥46,200/TSI(ハーヴェル スタジオ) バッグ¥134,200/サードカルチャー(ミチノ・パリ) リング¥30,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

▼上だけ

スウェット&スニーカーにはトレンチ感覚でラフにはおって

ジレ×Tシャツ×パンツコーデ
艶スカートにカジュアルなスウェットとスニーカーといった、質感の違う黒を重ねたスポーティコーデ。ロングジレをさっとはおるだけでぐっと大人め仕様に格上げできる。

ベスト/上と同じ Tシャツ¥15,400/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ユナイテッドアローズ&サンズ by ダイスケ オバナ) スカート¥15,400/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥52,800/フルラ ジャパン(フルラ) メガネ¥29,700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥25,300/マリハ 靴¥6,380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

▼下だけ

優しげ配色のチェック柄ストールもトーンをそろえて上品に大人っぽく

カーディガン×パンツコーデ
落ち着いたトーンのピンク色で、パンツ単体でもコーデを活性化させる威力が絶大。エクリュカラーのニットと小物で色調をそろえつつ、チェック柄ストールでアクセントを。パンツの一色を用いたチェック柄なら子供っぽくならない。

パンツ/上と同じ カーディガン¥33,000・ニット¥23,100/エブールギンザシックス(ebure) ストール¥29,700/八木通商(チェザーレ ガッティ) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥35,200/ベイジュ(ピッピシック) イヤリング¥7,020/アビステ
【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子

④ニットアップでつくるオフィスカジュアルコーデ

きれいめデザインのニットアップも今季は豊作。オフィスカジュアルやちょっとしたお出かけに便利でヘビロテ必至。

■ラシュモンのニットアップ

白シャツ×ニットアップコーデ
ほどよくゆとりのあるシルエットや、厚すぎず薄すぎずの生地感で、体のラインを拾わない優秀セット。白シャツと辛口小物でキリッときかせれば、きちんと感がアップ。

カーディガン¥46,200・パンツ¥31,900/アペリア(ラシュモン) シャツ¥31,900/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥20,900(グリン)・バッグ¥57,200(ア ヴァケーション)/プルミエ アロンディスモン サングラス¥33,000/プロポデザイン(プロポ) シューズ¥80,300/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)

■ウードのニットアップ

■ウードのニットアップ
立体的なフォルムのプルオーバーとフリンジスカートが目をひくデザイン。ニット¥28,600・スカート¥29,700/アマン(ウード)

■サイのニットアップ

■サイのニットアップ
薄手で肌ざわりのいいストレスフリーなハイゲージ素材。ワンピース¥47,300・パンツ¥30,800/マスターピースショールーム(サイ)

■エストネーションのニットアップ

■エストネーションのニットアップ
それぞれの着回し力も高いセット。インナー用の同素材、同色のノースリーブニットもあり。カーディガン¥28,600・パンツ¥27,500/エストネーション
【Marisol9月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事