40代、おしゃれが働くモチベーション!

忙しくても旅したい!アラフォー読者ブロガーおすすめ「近場旅」と「旅ファッション」【40代 大人旅 #01】

PR
Marisol美女組メンバーに近場でおすすめの旅先と旅ファッションについて聞きました!
近場旅 海のリゾート
Photo:Getty Images

みなさま、こんにちは。旅ライターの甲斐りかこです。

 

年齢を重ねるごとに、若い頃に比べて旅の仕方に変化を感じる今日この頃。観光地を巡る旅ももちろん好きだけれど、自然の中でリフレッシュしたり、ホテルで贅沢な時間を過ごしたり、日々の喧騒から離れて自分を少しだけアップデートしてくれるような、そんな旅に憧れますよね。

 

Marisol 大人旅では、「ファッションで楽しむ大人旅」をテーマに、不定期で旅におすすめのファッションアイテムや大人旅にぴったりの旅先情報をお届けしていきます。

  

1回目はMarisol美女組メンバーに、旅に必須のファッションアイテムやサクッと手軽に行ける近場の旅先を聞いてみました!

美女組おすすめ!旅に必携のファッションアイテム

旅ファッションアイテム
Photo:Getty Images

「マキシ丈のワンピースで、シーンに合わせた旅コーデを楽しむ」

美女組No.186  MIKIさん

美女組No.186 MIKIさん

「どんなシーンでも様になるファッションアイテムは旅の必需品」と話すのは、東海在住の美女組No.186 MIKIさん。

「マキシ丈のワンピースは1アイテムでコーディネートが決まるし、荷物も減らせて、ついつい食べ過ぎちゃう旅行中もゆったりリラックスできておすすめです。サテンのセットアップは、軽くて柔らかいので移動の際やホテルでの部屋着にもぴったり。 光沢があり着映えするので夜のディナーシーンにも大活躍でした。」
マキシワンピース
イメージ

「お気に入りのパジャマとコスメで、自分流にくつろぐ。」

美女組No.149 kumikoさん

美女組No.149 kumikoさん

関東在住の美女組No.149 kumikoさんは、お気に入りのパジャマとコスメのサンプル品が旅の必須アイテムなんだとか。

「CAをしていたので、持ち物は最低限に抑えたい。ホテルにある物は活用しますが、ゆっくり休めるようにパジャマは自分のお気に入りを持参しています。夜はコスメのサンプル品を持ち込んでパックをしたり、ビューティータイムにしています。
ルームウェア
イメージ

「シルクのカーディガンで、温度調整もばっちり!」

美女組No.167 hirokoさん

美女組No.167 hirokoさん

美女組No.167 hirokoさんには、旅先に必ず持っていくアイテムがいくつかあるそうで...

「特に夏場などは室内と外の温度差が大きい場合が多いので、シルクのカーディガンは気温調整に役立つのでマストアイテムですね!あとは、普段はあまり使わないちょっと良いシートマスクを持っていきます。私は『クレ・ド・ポー』のものがお気に入り。あとは、髪にもボディにも使えるマルチオイルがあると、ヘアアレンジにもマッサージにも支えて便利です!」
カーディガン
イメージ
日々忙しくアクティブに生きる私たちにとって「いつでもどこでも自分らしく楽しむこと」が、旅先でもどこでも、一番大切なことなのかもしれませんね。
 

大人の近場旅におすすめの場所とちょっと贅沢な過ごし方

美女組のみなさんがおすすめする旅アイテムについてお聞きした次は、お気に入りの旅先について聞いてみました。今回のテーマは「近場旅」ですが、みなさんどんな楽しみ方をされているのでしょうか。

近場旅 ホテル
Photo:Getty Images

「奥日光・中禅寺湖周辺でアクティブに楽しむ。」

美女組No.193 mikoさん

美女組No.193 mikoさん

中禅寺湖
Photo:Getty Images

関東在住の美女組No.193 mikoさんがおすすめする近場の旅先は、栃木県・奥日光。古くから各国の外交官や要人の避暑地として愛されてきた場所で、今も当時の面影を残す建物が多く残されています。山と森と湖を臨む景色はまさに絶景で、大人の休日にぴったりの旅先ですね。

 

そんな奥日光で、mikoさんはアクティブに楽しむのがお気に入りとのこと。

 

ご家族と、中禅寺湖でSUPやカヤックなどのアクティビティを楽しんだり、「中禅寺金谷ホテル」でゆっくりランチをしたり「英国大使館別荘記念公園」でアフタヌーンティーをいただいたり、奥日光ならではの落ち着いた雰囲気の中で楽しむのが定番なんだとか。「新宿から特急とバスを使って3時間程度で行けるので、車がなくても楽しめます。」とアクセスの良さもおすすめの理由のようです。

「淡路島で家族とペットと寛ぎの休日。」

美女組No.167 hirokoさん

美女組No.167 hirokoさん

淡路島
Photo:Getty Images

関西在住の美女組No.167 hirokoさんは、兵庫県・淡路島がお気に入り。四国と関西をつなぐ瀬戸内海最大の島は、大阪や神戸から車ですぐとアクセスが良く、豊かな自然に彩られた海沿いの温泉リゾートとして根強い人気を誇る場所です。

 

古事記・日本書紀に記された「国産み神話」の舞台とも言われていて、その神秘的とも言える海辺の景色は訪れた人々を魅了してやみません。

 

「淡路島は、島ならではの食も楽しめるし、ホテルや宿泊施設もたくさんあるので人数や目的に合わせて楽しめます。」と話すhirokoさん。

 

ペットOKのホテルやヴィラも多いそうで、「愛犬と散歩したり、ハンモックで読書をしたり、家族とBBQをしたり、自然の中にいながら家で過ごすようにゆっくりしたいですね。」と淡路島での理想の過ごし方を教えてくれました。

「自然の中で、自分を見つめなおす旅。」

美女組No.168 miyaさん

美女組No.168 miyaさん

平尾台
Photo:Getty Images

九州在住の美女組No.168 miyaさんがおすすめする旅先は、福岡県北九州市にあり、日本三大カルストのひとつとして知られる平尾台。カルストとは、地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されてできた地形のことで、高原の草原地帯に白い岩肌がのぞく独特の景観は、思わずため息の漏れる美しさです。

 

平尾台には鍾乳洞が3つもあり、そのうち「千仏鍾乳洞」は国の天然記念物にも指定されています。福岡県の中心部から高速道路を使えば約1時間で行ける手軽さも魅力ですね。

 

miyaさんの平尾台でのおすすめの過ごし方は、とにかくリラックス。

 

「心と頭、身体が疲れた時は、自然に癒されにきます。猛暑の中でも鍾乳洞でひんやり快適に過ごせますし、スマホの電源をOFFにして、ひたすらボ~としたり、読書をしたり、自分をリセットするようにのんびり過ごしたいですね。」と語ってくれました。自然の中で自分をリセットする。まさに大人の休日らしい素敵な過ごし方ですよね。

近場で楽しむ、自分らしい休日。

忙しくても旅したい!アラフォー読者ブロガーおすすめ「近場旅」と「旅ファッション」【40代 大人旅 #01】_1_16
「そういえば最近、旅してないな...」と、日々の忙しさに追われて、旅行から遠のいている方も多いかもしれません。そんな方はぜひ、お気に入りの服を着て、サクッと近場旅に出かけてみてはいかがでしょう。家族や友人と一緒に楽しむもよし、一人の時間を寛ぐもよし、その時々に合わせた自分らしい過ごし方を見つけるのもまた、旅の醍醐味。ぜひあなただけの素敵な休日の過ごし方を見つけてみてください。
Text:甲斐りかこ

Buyer's Blog トレンドがわかる、買える!

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

Feature 編集部のおすすめ記事

×

この記事をクリップしました!