姿勢が整う!肩甲骨まわりの筋肉を強化して安定させる!【キレイになる活】

2018年1月18日
肩甲骨まわりの筋肉をほぐす基本のステップに慣れてきた人や、より効果を高めたい人は、この肩甲骨まわりの筋肉や胸の筋肉をほぐすストレッチをプラスして行うと効果UP!
アラフォーになると増えるのが、肩がこったり、四十肩になったりといった肩のトラブル。この大きな原因が、肩甲骨まわりの筋肉がガチガチにこわばっていること。今話題の"肩甲骨はがし"で、硬くなった筋肉をゆるめて、背中の"天使の羽"を取り戻して!

☆お話をうかがったのは…

埼玉県立大学大学院教授 藤縄 理先生

埼玉県立大学大学院保健医療福祉学研究科教授。医学博士。理学療法士。リハビリ学の第一人者。監修した『がんこなコリが一気に消える!肩甲骨はがし』(宝島社)が話題に


【鍛える Step.1】壁腕立て伏せ

壁を使った腕立て伏せ。大胸筋や小胸筋のほか、脇の前鋸筋や上腕三頭筋を鍛える効果が。背中が丸まりにくくなり、姿勢が整う。

1/3

2/3

3/3

1)足を腰幅くらいに開いて壁の前に立ち、左右の手のひらを壁につけて、腕をまっすぐに伸ばす。
2)息を吐きながら。肘を軽く曲げて上体を壁に近づけて止め、息を吸う。次に息を吐きながら肘を伸ばして元に戻る。これを10回。
3)2ができるようになったら肘をより深く曲げて行ってみて。息を吐きながら肘を深く曲げて上体をさらに壁に近づけて止め、息を吸う。息を吐きながら肘を伸ばして元に戻る。これを10回。

What's New

Feature

Ranking