スマホやPCのやりすぎで“前首”になっていない?ストレッチで肩周りの固まりをほぐす!【キレイになる活】

2018年4月2日
体の使い方のクセが肩周りの筋肉を硬くさせてしまう!
最近、なんとなく体調が悪い、疲れやすい、そう感じているアナタは、今すぐ体幹ストレッチを。体の土台である体幹をほぐして伸ばせば、つらい首や肩のこり、腰痛も解消。しなやかで美しい、動ける体になれる! 気持ちいいから毎日続けられる、体幹ストレッチを早速スタート。

☆私が解説します!

スポーツトレーナー金子 聡先生

フィジカルラボ代表博士(スポーツ科学)、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、全米認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。http://www.physical-lab-ginza.com

■こんな人は要注意!

→あごが上がって首が前に出てしまう

  • 首のつけ根から肩甲骨につながる筋肉が固まると、首が前に出てしまい一気に老けて見える。首の骨にも圧力がかかり、首、肩のこりや痛み、頭痛を引き起こす要因に。
  • <本来はこう!> こちらも、耳、肩先、骨盤、足首までが一直線になるのが、本来の正しい姿勢。ふだんから自分の立ち姿を全身鏡で見て、正しい姿勢をとれているか、チェックすることも大切だ。

■こうやってほぐす!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.まず、両手を組んで頭の上に当てる。そのままぐーっと押し下げて首の後ろの筋肉を伸ばしていく。おへそを見るようにすると、よく伸びる。
2.今度は片手を頭に当て、斜め下に向かって押し下げていく。目線も斜め下向きに。首の筋肉を伸ばすことで僧帽筋(首・肩・背中上部の筋肉)もほぐれ、肩こりが解消される。
3.さらに、首の横の筋肉を伸ばす。顔は正面に、頭を横に倒すようなイメージで、片手で頭を押し下げる。この時、肩が上がらないように注意。
【NG!】
肩が上がってしまうと、首の筋肉が伸びないので、肩を動かさないようにロック。
4.あごを押し上げ、顔を斜め後ろへ。こうすると首の根元から鎖骨につながる筋肉がほれる。反対側も同様に行って、首をぐるりと一周させて。
【Marisol 4月号2018年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/山下 優(Rossetto) スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 取材・文/寺田奈巳 構成/原 千乃 

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords