腎”のパワーは 日々の食から。体の中から冷えを防ぐ!

体内に入れるものは、できるだけ質のいいものを。そんな美的意識の高いマリソル世代だから、一歩踏み込んだ内冷え撃退の食療法をアドバイス。

■晩酌は、お酒とおつまみの合わせを考えて

●ワイン + チーズ

実はワインも赤、白ともに冷食材のカテゴリー。よって熟成タイプの温食材のチーズとベストバランス。納得の組み合わせ!
腎”のパワーは 日々の食から。体の中から冷えを防ぐ!_2_2

●日本酒 + お刺身

アルコール類の中で唯一、温め食材に区分されている日本酒。つまみに鍋ものをつつくより、冷食材のお刺身などでクイッと。
腎”のパワーは 日々の食から。体の中から冷えを防ぐ!_2_3

●ビール + おでん

キンキンに冷えたビールは、もちろん体を冷やすアルコール。温食材の熱々おでんをハフハフしつつ、飲みすぎにはご注意を。
腎”のパワーは 日々の食から。体の中から冷えを防ぐ!_2_4


■香辛料の上手な利用も有効!

一般的に、しょうがやネギ、ニンニクなどの香り野菜や、こしょうや山椒などの香辛料も、体を温める食材の代表格。どれも主食にはなりにくい個性派ぞろいだけれど、そのぶん応用力は高め。鍋料理や炒め物に意識的に使うことで、おのずと摂取量も増えるもの。気がつけば、昔は冷え体質だったけど……なんて過去を振り返る日も近いかも!?
腎”のパワーは 日々の食から。体の中から冷えを防ぐ!_2_5

What's New

Read More

Feature

Ranking