可愛らしいけど甘すぎない、大人の可愛げを演出!ワンピースコーデ記事ランキングTOP10【2018年秋冬ファッション総まとめ】

2018年12月9日
忙しいアラフォーにとって、手っ取り早くおしゃれがかなうワンピースは毎日コーデの強い味方!秋冬はロングニットを羽織ったり、コートのようにアレンジしたり、重ね着コーデを楽しんで。

【1位】パリもミラノもワンピース人気が止まらない!

H&Mのミリタリー調シャツワンピースを、黒のきれいめシューズできりっと引き締めたら、インパクトのあるヘビ柄バッグで大人の遊び心をトッピング。

【2位】一枚でパーフェクトな存在感!秋の「女っぷりワンピース」

大人の可愛らしさがきわだつドットワンピース。比較的コンパクトな上半身と、流れるようなシルエットのスカート部分とのコントラストが好バランス。ランダムにあしらわれたドットが大人っぽさの秘密。

【3位】ディテールが凝っているからワンピースだけで存在感抜群

グレーベースのグレンチェックは、仕事服としてのドレスコードもクリアしつつトレンド感も表現できる。カシュクールになったフロントデザインや、七分丈のパフスリーブ、ブラウジングできるウエストゴムなど、大人をきれいに見せる工夫が随所に。シルエットにメリハリが出るから、スタイルアップも期待できそう。

【4位】グレー肩落ちカーディガン×ドット柄プリーツワンピース

ウエストのギャザーからすそにかけてランダムに揺れるプリーツが美しいドット柄ワンピース。一枚で着てももちろん素敵だけれど、淡めグレーのニットカーディガンをゆるっとはおるだけで女っぽさが急上昇。肩落ちのシルエットやくしゅっとさせて決まる袖、大きめのポケットなど、体の華奢さを引き立てるデザインに惚れ惚れ。

【5位】カーキのとろみシャツワンピース×女っぷり度高めのデニムパンツコーデ

サイドスリットが深めに入ったワンピースだからこそ、羽織ったときにその力を発揮。歩くたびにチラ見えするデニムがおしゃれ上級者の印象ばっちり。もともと色みの似たカーキとグリーンは好相性なので、深みのあるグリーン小物がカーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。

【6位】シルクシャツワンピースを投入しエレガントに仕上げて

シンプルなシャツワンピースでもクラス感が備わるのは、シルク素材ならでは。同じジャケットや小物でもパンツコーデからワンピースにチェンジするだけで印象がガラリと変わる。

【7位】きれいめのグレーワンピースを白モヘアのロングカーディガンで華やかにカジュアルダウン

フォーマルにも着ていけそうなウエストリボンのワンピースに、モコモコとした素材感のニットカーデをはおれば、ほどよくカジュアルに。カーキのミニバッグやレオパード柄のレースアップ靴で味つけすれば、甘すぎることなく小粋にきまる!

【8位】ワンピース×パンツの上品コーデ

フェイクスエードのワンピースをコートのようにアレンジすることで、パンツコーデをドレッシーに仕上げる着まわしテクは、かなり使える!

【9位】人気復活ロングブーツには長め丈のカーデ×ワンピースでバランスよく

キャメル色のリブニットカーディガンなら、ほっこり見えがちな大きめチェック柄のシャツワンピースを大人っぽくスッキリとみせてくれる。着こなしポイントはワンピースの袖はニットと一緒にまくり、柄をチラ見せして大人の可愛げを。

【10位】ワンピース×パンツのレイヤードスタイルでカジュアルなコーデに

重ねる“第二のボトム”的な役割として、ネイビーパンツを選べばどんなに主張の強いカラーワンピースでも、シックに仕上げてくれるので重宝。

※2018年8月7日~2018年11月30日集計

※商品は販売終了している場合があります

What's New

Read More

Feature

Ranking