“しっとり”“吸いつく”肌のことならこの人に聞け! 神崎恵・冬でも極上“うる・しと”肌の作り方

2018年12月19日
効かせ方を考えた効率的なケア。そのコツを知って、今冬こそ、うる・しと肌に
もっちりと柔らかそう、いつもうるおいをたたえた肌の持ち主といえば、美容家の神崎恵さん。「あの色っぽい肌と自分の肌を取り替えたい」なんて思っている人もいるのでは? でも、実はお手入れしだいで誰でもその肌になれちゃうんです!冬枯れしない、湿度の高い肌になるべく、神崎さんのケアをここに公開。
美容家 神崎恵

美容家 神崎恵

アトリエ「mnuit」主宰。大人ならではのケア哲学に共感する人多数。著書に『大人のための美容本〜10年後も自分の顔を好きでいるために』(大和書房)など

温める、落とす、油を与える、が美肌の近道
神崎流スキンケアの核は、体を温める、落とすケアをていねいに、油分補給に気合を入れる、の3つ。 「なかでも重視したいのが“油”。化粧水好きという人が多いけれど、大人のケアの主役はクリームやオイル。特にクリームは美容成分がたくさん配合できるし、うるおいの持続時間が長いし、保温効果もあるしと、この時期のケアには欠かせません。アラフォーならクリームに投資してほしい」と神崎さん。そして手に入れたケアアイテムは、効果が実感できるように活用する。「まず説明書を読んで、きちんと使いましょう。また使う量が少ない人が多いようですが、それでは乾燥は防げません。すべてにおいて、ベタベタするくらいでちょうどいいと思って」


■神崎恵流 “うる・しと”メソッド 1

目ざすのは"微熱感"のある肌。だからまず体温を上げる

冷えを感じたら、カイロで"サンドイッチ"
おなかと背中に使い捨てカイロを貼って、体温をアップ。「体の前と後ろからサンドイッチするのがカギ。すぐに温まります」

  • ガードルで冷えを寄せつけない
    苦しいと敬遠している人もいるかもしれないけど、今のものはキツくない。一枚で温かさが段違いです」。SUHADA 肌リフト エアパンツ ロング¥5,600〜/ワコール

  • 毎日のお風呂はマスト!
    シャワーで終わらせず、湯船につかる。岩塩、天然重曹入り入浴剤を愛用。リフレッシュボディバスソルト〈レモンマートル&ユーカリ〉・〈オレンジ&ゼラニウム&パルマローザ〉各450g¥2,500/アムリターラ



■神崎恵流 “
うる・しと”メソッド 2

毎日の"リセット"でうるおいが無限に入る肌へ
「落とすケアでのリセットも、うるおえる肌への重要なステップ。きっちり落とさないとダメだし、落としすぎてもダメですね」落とせていなければ、後のケアが入らないし、汚れでトラブルに。逆に、落としすぎてうるおいがなくなってしまえば、乾燥の原因に。

1.クレンジングは皮脂分泌の多いTゾーンから始める。額、鼻、小鼻の順にクルクルと

2.次に、比較的皮膚が強いUゾーン。汚れがたまりやすいフェイスラインになじませる

3.フェイスラインから徐々に内側方向に広げていき、両頰にもクルクル

4.乾燥が激しい目もとや口もとは優しく。肌を動かさないように、小さくらせんを描く

・CLEANSING ITEMS

アラフォーだったら、クレンジングはミルクかクリームを選んでうるおいを死守。
右)ミルクだけど汚れ落ちがよく、すっきり洗い流せる。柔肌感のある仕上がりに。トリートメント クレンジング ミルク 200g¥3,000/カバーマーク
左)メイクなじみがいいからクリームでもスピーディにオフ。コンフォート メルト クレンジング クリーム 125g¥4,800/SUQQU

・SOAP

「洗う→うるおいが流れ出る」とならないよう、保湿効果の高い洗顔料がベター。
右)泡立てが苦手な人には泡で出てくるタイプを。穏やかなピーリング効果でうるツル。ホワイト-プラス ブライト クレンザー 150㎖¥4,500/クラランス 
左)藻由来の成分などのパワーで、くすみを取り、あかぬけさせる。エレメンタリー フェイスソープ 80g¥10,000/ITRIM

☆次回12/26(水)は顔スキンケア法を詳しく!

【Marisol1月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/津村佳奈(Un ami)スタイリスト/石関靖子 モデル/神崎 恵 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking