老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】

ヴェールをかけたような薄膜ながら、上質なツヤをまとうという、大人の素肌にマッチした下地とファンデーションは、アラフォー世代必見!

■ベースメイク部門 Best「パウダリー ファンデーション」

★BEST 1
コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション

「パウダリーを超えた、柔らかくきめ細かなテクスチャー。カバー力もちゃんとあるのに、自分の肌が透けるような素肌感があって、光を通過するような感じがお気に入り。コンパクトなサイズ感や、比較的お手ごろ価格なのも高得点」(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子)。「周囲から肌を凝視されるほど、"ツヤがスゴイ"毛穴が見つからない"と、絶賛の嵐。スポンジでもブラシでも完璧にフィットし、メイクあとを残さないナチュラル感。軽量で使い勝手よく、欠点ナシ!」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。SPF20・PA++ 全7 色各¥5,000

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_1

★BEST 2
イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ スティック
「消したい肌悩みのエリアにダイレクトに塗って、指先でトントンとなじませるだけ。まるで"ぼかしフィルター"をかけたかのようにふわっと均一な美肌に! コンパクトで持ち歩きしやすいサイズなのも最高」(美容エディター前野さちこ)。塗布した瞬間クリームがパウダーに変化し、肌と一体化。ライトなつけ心地でなじみは抜群。全5色各¥6,500

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_2

★BEST 3
エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイスパウダー メークアップ N
「乾燥している部分はしっとりうるおうし、皮脂や汗はさりげなく吸着してくれるから、つけている間中快適そのもの。乾式のパウダーは塗る時はしっとり心地よく、すぐにさらさら。なのにつけるほどに肌がうるおってどんどん一体化する感覚がたまらない」(美容ライター山崎敦子)。秋冬の肌にぴったり。SPF30・PA+++ 全6 色各¥7,000

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_3

■ベースメイク部門 Best「リキッド・クリーム ファンデーション」

★BEST 1
SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリームファンデーション
「極薄の膜のみずみずしい艶やかさが◎。大人の肌のノイズを和らげつつ、肌にハリを与えてくれるので、いつまでも乾きを感じさせません。カジュアルで軽やかな肌に仕上がる、"肌見せ"ファンデーション」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「カバー力・ナチュラルさ・毛穴消去力にツヤもあり。さらにロングラスティングと、ファンデーションに求める欲張りな条件を網羅。それにツルンとしたハリ感も実現。素肌が向上した?とうぬ惚れさせる仕上がり。しかも長時間ツヤ感が続くのがうれしい」(ヘア&メイク/ライフスタイルアドバイザー藤原美智子)。美容エキス12種類に保湿成分も配合。全7 色各30g¥10,000

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_4

★BEST 2
アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション
「塗布したての肌は、気になっていたアラがするすると消えていくようで、もちろん感動。でも、なによりの感動は夕方訪れる。ファンデーションのツヤと自分自身の肌ツヤがどんどん溶け合って、むしろ、ナチュラルになっていく感じ。“夕方の肌”を好きでいられる幸せを実感中」(美容エディター松本千登世)。重ねても重くならない。SPF22・PA++ 全10色各30㎖¥9,000

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_5

★BEST 3
ディオール ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション
「サラッとしたかなり軽いつけ心地。フィット感があるのでカバー力もほどよく、とても使いやすい。くずれにくく、長時間持つのも大きな魅力」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵)。どんなスキントーンにもマッチするカラーバリエで、立体感や陰影も思いのまま。プロが仕上げたような肌を簡単に演出できる。全21色各50㎖¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_6

■ベースメイク部門 Best「クッション・ エマルジョン ファンデーション」

★BEST 1
シャネル ヴィタルミエール グロウ

「決して厚づきではないのに、肌のシワやキメの粗さが飛ばされて、美肌に見える。この偽装美肌感はアラフォーには貴重。ナチュラルだけどきちんとした雰囲気が醸し出されるから、時間のない朝にさっと塗るだけでちゃんと肌をつくったように仕上がるのもありがたい」(美容エディター入江信子)。「ヘルシーで今どきなツヤをたたえた肌に仕上がる実力は、間違いなく今季のNo.1 。乾燥した肌にものるし、水分&ツヤ不足も即効で解消。特に絶品なのはメイク直し。くすんで疲れきった肌もこれをのせれば、たちまちうるおい肌に」(美容ライター山崎敦子)。SPF15 全6 色各¥6,900

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_7

★BEST 2
ランコム タン イドル ウルトラクッションコンパクト
「薄づきすぎず、適度なカバー力とツヤ感も欲しい……となると意外にマイベストを探すのがむずかしいクッションの中で、今季大活躍したのがコレ。絶妙なカバー力ながら、くずれにくく乾きにくいのもうれしい実力!」(マリソル 副編集長マイリーヌ)。新導入されたテクノロジーのおかげで、高いカバー力とラスティング力を発揮し長時間キレイ。全5 色各¥6,500

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_8

★BEST 3
ジョルジオ アルマーニ ビューティ マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ
「美肌に見せるのは大前提で、絶対に色気をひそませるアルマーニ。これは、日中乾きたくない、シミと毛穴を隠したい、シワを刻みたくない、くすみを出したくない、むしろメイクオフした時にキレイでいたい、そして色気もにじませたい、という願望をすべてクリア。これ以上のものはないほど好き」(美容エディター鵜飼香子)。SPF15 全6 色各¥8,500

老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】_1_9
【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking