自分の力で うるおえる肌が最高“育てる保湿”

2016年12月4日
保湿とは与えるケア、と考えるあなたはまだまだ甘い。本当の保湿肌=自分でうるおえる肌になるには?
”与える保湿”、ローションで肌が耕されたら、次は三段活用、その二。
ここまでやっただけでも、肌の乾きはかなり改善できたはずだけど、真の枯れない女を目ざすならもうひと声! 三段活用、その三、「自分でうるおえる肌」育成を。肌は本来、外から何かを与えなくてもうるおいをつくる力をもっているもの。でも、加齢でそのパワーはダウン。そこで美容液で肌体力をアップしたり、オイルでのマッサージでめぐりを改善したりして、うるおい生成力を高めようという作戦だ。

「美容液は、ローションを塗ってすぐではなく、ひと呼吸おいてからつけたほうがなじみがよくなります」(銀座 ケイ スキンクリニック院長 慶田朋子先生)。オイルは洗顔直後やケアの終わりにつけてマッサージ。もしくは多めの量を塗ってマスク代わりにしても。

■肌の基礎体力を高めて、真に枯れない女を目ざす

1)肌の自浄力を高めうるおい能力向上

注目したのは肌の自浄サイクル。劣化ヒアルロン酸やコラーゲンを分解、再生するこのサイクルを高め、うるおいやゴワつきを解消。翌朝のしなやかさにハッとするはず。B.A セラム レブアップ 40㎖¥13,500/ポーラ

2)冷え乾燥スパイラルから脱出せよ

加齢で毛細血管が衰え、血行が悪くなって肌が冷え、乾燥するという冷え乾燥スパイラルから脱し、うるおい体力を回復。即時の保湿力も高い。ベネフィーク ハイドロジーニアス 50㎖¥10,000( 編集部調べ)/資生堂

3)乾きとストレスの関係をひもとけば

敏感肌用とは思えない肌の充実感。ストレスで皮膚温が低下して、もろくなったバリアをケアし、うるおえる肌に。糖化対応もできて、一石二鳥。アヤナスエッセンス コンセントレート  36g¥7,500/ディセンシア

4)肌と心が鎮まるフェミニンオイル

アルガンオイルとストロベリーシードオイルで保湿も抗酸化もおまかせ。カモミールやラベンダーなどの香りにノックアウトされながら、優雅なケアを。バンフォード ライフ エッセンス15㎖¥12,000/ピューリティ

5)うるおい満ちるローズのパワー

主役はバラ。必須脂肪酸を豊富に含むローズヒップオイルでうるおう力を取り戻し、なめらかさやツヤを。ダマスクローズとゼラニウムの香りもごほうびっぽい。フェイスオイル エスケーピオン 30㎖¥11,000/HACCI

■育てる保湿のポイント

●肌体力増強はうるおえる肌への近道と心得よ

●美容液は血行や自浄サイクルを高めるものを

●オイルマッサージでのめぐり改善も保湿強化に

●ローションと美容液の間は少し時間をあけて

What's New

Feature

Ranking