着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS

この春のバッグは例年に比べ、主張のあるデザインが多くバリエも豊富!コーデの主役になるお気に入りを見つけて。

NEWS 1
上品に持てる〝キャンバス素材〞が増えてます

着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_1

キャンバス=カジュアル、という概念を覆す、きれいめデザインが続々登場。リネンキャンバスにブラックレザーとパイソン柄を組み合わせたショルダーバッグで、こなれ感とエレガントさを両立して。

バッグ(14×20×10)¥153,000/ジミー チュウ シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)・パンツ¥37,000(ユニオンランチ)/サザビーリーグ ピアス¥64,000/バーニーズ ニューヨーク(ヒロタカ) ブレスレット¥120,000/ベルシオラ
着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_2

右)休日からちょっとしたフォーマルまで使えるクラッチ型。片面はキャンバス、反対側はレザーなので、1つで2 つの表情が楽しめるのもうれしい。ショルダーストラップつき。バッグ(20×30×13.5)¥38,000/アマン(ペリーコ) 
中)黒レザーとのバイカラーが上品で、通勤にも使えそう。太めのショルダーストラップもアクセントに。フラットポーチつき。バッグ(27×25×13)¥55,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 
左)ホワイトレザーのパイピングとバンブーハンドルが軽やか。仕切りやポケットが豊富なので、整理整頓好きな人も大満足。バッグ自体の重量が軽いのもキャンバス素材の魅力。バッグ(24×32×15)¥28,000/ピーチ(ヴィオラドーロ)



NEWS 2

きれいめバッグを〝斜めがけ〞がブームの予感!

斜めがけしても大人っぽさをキープできる、レザーのきれいめデザインだけを厳選。

着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_3

クリーンな白のスクエアトートを細めストラップで斜めがけ! ショルダーストラップつきの2wayバッグは定番だけど、今季の注目はこんな"斜めがけ"を前提としたストラップが長めのタイプ。上品なデザインをあえてラフに持つことで生まれる、旬のこなれ感を楽しんで。

バッグ(34×40×16)¥46,000/エストネーション(イアクッチ) カットソー¥13,000・スカート¥59,000/ブルーバードブルバード ピアス¥29,400/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 
着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_4

右)大きめサイズながら柔らかく持ちやすい。肩に当たる部分のストラップにカバーがついていて、食い込みにくいのもポイント。ポーチつき。バッグ(24×30×20)¥86,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) 
中)きれいなオレンジ。太めのストラップで安定感があり、荷物の出し入れもしやすい。バッグ(20×25×12.5)¥130,000/プレッドPR(ミチノ) 
左)クラシカルなワンハンドルバッグをそのままショルダーバッグにしたような技ありデザイン。ストラップの長さは内側で調整可能。バッグ(20×26×12)¥59,000/ティースクエア プレスルーム(JOANNA  MAXHAM)


NEWS 3
今年のかごは〝春から持つ〞が正解

アフリカやモロッコがトレンドキーワードの今季、かごは例年以上のキーアイテムに。夏を待たず、今すぐ取り入れて旬を先取りするのがおすすめ。

着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_5

多色使いの小さなかごを、シンプル服にさらりときかせて。それだけで、今年らしいリラックス感のある着こなしが完成。

バッグ(14×10×10)¥52,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(セスタ コレクティブ) ニット¥7,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) パンツ¥28,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ)
着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_6

右)ポルトガルの伝統的なバス ケットを若手クリエーターがディレクション。小ぶりサイズが可愛い。バッグ(26×21×15)¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL) 
左)コロンとした愛らしいフォルムと緻密な編み目のバランスが絶妙。バッグ(22×20×20)¥59,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)



NEWS 4
大人のための〝ボディバッグ〞増えてます

スポーティなイメージのボディバッグが、今季、大人も持ちやすいレザー素材で続々登場。カジュアルはもちろんフェミニンコーデのハズシにも。

着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_7

カジュアルになりすぎず上品なムードに決まる、上質な白エナメルのボディバッグ。細めのストラップも女性らしい。

バッグ(15×18× 5 )¥76,000/ドゥロワー 青山店(ワンドラー) ブルゾン¥44,000/マスターピースショールーム(サイ) Tシャツ¥10,000/ウィム ガゼット青山店(レ コヨーテ ドゥパリ) イヤーカフ(シルバー)¥5,000・(ゴールド)¥8,500/ボウルズ(ハイク)
着こなしを今年っぽく仕上げる春のトレンドバッグNEWS_1_8

右)ウエストに巻いたり、普通に斜めがけしたり、あれこれ使えるカメラサイズ。バッグ(16×11×4.5)¥82,000/アディアム 東京ミッドタウン店(アディアム) 
左)上質感のある柔らかなレザー。きれいなオレンジをアウターのインからきかせて、着こなしのアクセントに。バッグ(11.5×18×6.5)¥62,000/シジェーム ギンザ(メゾン ボワネ)

※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)

【Marisol3月号2019年掲載】撮影/菊池 哲(MUM) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子

What's New

Read More

Feature

Ranking