アラフォーに似合うワンピースまとめ | 40代レディースファッション

シャツワンピースやとろみワンピース、花柄ワンピースなど、40代女性におすすめのワンピースをまとめてご紹介。
アラフォーに似合うワンピースまとめ | 40代レディースファッション_1_1

アラフォーに似合うワンピースコーデ23選

【目次】

・キャメルカラーの大人ワンピースで知的な印象に

・出張・ディナー・女子会コーデ、好感度なネイビーのワンピース

・お仕事にオケージョンにぴったりなワンピース

・アラフォーに似合う花柄ワンピース

・高めのウエスト位置や七分袖など、着た時のバランスが最高に可愛い春ワンピース

・ヴィンテージ感のある小花柄ワンピース

・細身シルエットのロング丈ワンピース

・ハリのあるコットンとギャザーづがいの絶妙バランスで応用力の高いワンピース

・前開きのシャツワンピース

・テラコッタ色クラシカルワンピース

・すわり仕事が多い日でもきれいをキープ! シワになりにくい素材のワンピース

・凛とした表情のシャツワンピース

・エレガントなとろみワンピース

・小さめ襟の端正なベージュシャツワンピース

・きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピース

・ディナーにぴったりな気取らない黒のワンピース

・ふんわり袖のキャメル色ワンピース

・1枚で決まる袖コンシャスワンピース

・黒のジャケット×ドットワンピース

・ネイビーのジャケット×きれい色のワンピース

・キャメルのジャケット×ニットワンピース

・縦ラインを強調してほっそり見えが期待できる黒ニットワンピース

・ワーキングスタイルに欠かせないジャージーワンピース

※商品は販売を終了している場合があります

1. キャメルカラーの大人ワンピースで知的な印象に

キャメルカラーの大人ワンピースで知的な印象に
パソコン作業に集中し過ぎると顔の表情が自然とけわしくなりがち。せめてワンピースだけでもふんわりとしたボリューム感のある袖やウエストのリボン、スカート部分のたっぷりとしたギャザーなどキュートなディテールのものを選んで、自分のなかの女性らしさを思い出して。ベージュでもキャメルカラー寄りの色味だから甘くなりすぎず、オフィスにもぴったり。内勤の日はかごバッグで遊び心を、外勤の日なら黒小物でシックに、と合わせる小物次第で雰囲気をがらりと変えられるのも楽しい。

ワンピース¥39,000(アイロン)・かごバッグ¥19,000(エムセブンデイズ)・サンダル¥52,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

2. 出張・ディナー・女子会コーデ、好感度なネイビーのワンピース

出張・ディナー・女子会コーデ、好感度なネイビーのワンピース

おしゃれ好きな女友達と会う日は、トレンド感がありつつ、肩の力が抜けた着こなしがぴったり。リラックスワンピースにデニムパンツを重ねて、足もとはシャイニーなぺたんこバレエシューズを。フォルムとビビッドカラーに遊び心の宿ったバッグを、アクセントに。ワイン片手に、話はいつまでもつきない! 


ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) パンツ¥19,800/ショールーム セッション(サージ) バッグ¥42,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) 

3. お仕事にオケージョンにぴったりなワンピース

お仕事にオケージョンにぴったりなワンピース
共布のベルトつきでシルエットのアレンジが可能! 上品な光沢感と落ち感が特徴の、シワになりにくい素材を使用。顔まわりがすっきり見える浅めのVネックとふんわり袖のバランスがよく、シンプルなデザインでも華のある仕上がり。ベルトなしですとんと着ても、ベルトでウエストマークしてシャープに着てもOK。かなり印象が変わるので、シーンや気分に応じてアレンジして。

ワンピース¥18,000(エムセブンデイズ)・バッグ・ピアス/スタイリスト私物

4. アラフォーに似合う花柄ワンピース

アラフォーに似合う花柄ワンピース
存在感が出やすいワンピなら、ほかで盛り上げなくても、十分華やかに。小物はベーシック派にもおすすめ! 花柄のワンピースも、モノトーンの小花柄を選べば、悪目立ちしたりイタく見えたりする心配は無用。シックだけど地味にはならないさじかげんが絶妙で、服選びが無難になりがちな人にこそ便利です。ジャケットをはおれば通勤仕様に、カジュアル小物を合わせたらバカンススタイルにと、その振り幅の広さも魅力的。

ワンピース¥33,000/ロンハーマン ジャケット¥145,000/マディソンブルー ネックレス¥138,000/アトリエ ニノン バッグ¥154,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥59,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

5. 高めのウエスト位置や七分袖など、着た時のバランスが最高に可愛い春ワンピース

高めのウエスト位置や七分袖など、着た時のバランスが最高に可愛い春ワンピース
華やかなのに馴染みやすいマスタードイエローのマキシワンピースを主役に。さらりと軽い素材でふくらみを最小限に抑えたギャザーが縦のラインを強調して。足もとはシンプルなスニーカーで春気分を存分に踏みしめて。

とろみマキシドレス¥23,000(エムセブンデイズ)・バッグ¥47,000(ペリーコ)・スニーカーオールスター 100 カラーズ OX¥7,000(コンバース)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物

6. ヴィンテージ感のある小花柄ワンピース

ヴィンテージ感のある小花柄ワンピース
オフィスシーンではなかなか着ていく機会のないクラシカルな花柄ワンピース。週末だからこそ、ヴィンテージライクに着こなしたいところ。小物はすべて黒を選びつつ、さらに黒レギンスを下に重ねて、甘い花柄ワンピースをシャープな印象に導いてみる。バッグはラウンド型のショルダーで、モダンを感じさせられれば可憐に今どき感たっぷりで着こなせる。

ワンピース¥39,000/RHC ロンハーマン(RHC) デニムジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) レギンス¥9,000/オーラリー バッグ¥53,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

7. 細身シルエットのロング丈ワンピース

細身シルエットのロング丈ワンピース
デスクワークで忙しい日も、旬のブラウンと柔らかなリネン素材なら上品なリラックス感が醸し出される。すとんと落ちる細身シルエットのロング丈ワンピースは、自然と着やせがかなう一枚。足もとはデスクの下でこっそりと脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプのスニーカーにしてカジュアルに。

ワンピース¥22,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥29,000/FUN Inc(. フォンデル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥54,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴( 3 月中旬展開予定)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)

8. ハリのあるコットンとギャザーづがいの絶妙バランスで応用力の高いワンピース

ハードな印象になりがちなモノトーンコーデには、シックなのにカジュアルな黒ワンピースをチョイスしつつ、柔らかな白ジャケットを肩がけしてみる。アラフォー定番のとろみ素材ではなくハリがあるカジュアルなコットン素材のワンピースを選べば、全体的に肩の力がほぐれて、どこか抜け感を感じさせるコーデに。

ワンピース¥37,000/エディション 表参道ヒルズ店(アーチ ザ) ジャケット¥67,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥54,000/ココシュニック バッグ¥24,000/コード(ヴァジック) 靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

9. 前開きのベージュシャツワンピース

普通にボタンを留めてワンピースとしても、途中までボタンを留めてチュニックとしても、ボタンを全部はずして軽やかな羽織りとしても使えるから一着あればとても重宝するシャツワンピースは絶対マストバイな春アイテム! 特に前開き仕様で共布のベルトつきなので、ベルトありなしで楽しんだり、サイドスリットや前後差のある丈感で今年らしさを満喫したり、さまざまなスタイリングアレンジができるから、春のおしゃれが楽しみで仕方がない!

ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ¥26,000(トフ&ロードストーン)・6.5㎝パンプス【ANELLI】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

10. テラコッタ色クラシカルワンピース

テラコッタ色のワンピースは、スタンドカラーやギャザー使いなどクラシカルなディテールが満載。会食に行くなら同じようなテイストのコートを合わせるけれど、お仕事には、あえてテイストの異なるカジュアルなトレンチコートと合わせてみて。自然と抜け感が生まれてこなれたMIXスタイルに。仕上げにマットなゴールドのバレエシューズ、ワンハンドルのバッグなど小物使いで上品にまとめて。

トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥33,000/ショールーム セッション(ポティオール) バレエ靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) イヤリング¥17,000/essence of ANAYI(ラダ)

11. すわり仕事が多い日でもきれいをキープ! シワになりにくい素材のワンピース

シワになりにくい素材なので、すわり仕事が多い日でもきれいをキープできるワンピース。休日にはボタンを開けてはおりものとしても使えるスグレモノ!

ワンピース 各¥19,000/エムセブンデイズ

12. 凛とした表情のシャツワンピース

凛とした表情のシャツワンピースは旬のキャメルカラーで親しみやすく。すそのラウンドカット、サイドスリット、柔らかな生地感など一枚できれいに着こなせる工夫が随所に。キャメル色&首もとのスカーフ使いでクラシカルなムードをまとって。

ワンピース¥24,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ジ ャケット¥150,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス   丸の内店(ケイト) スカーフ¥25,000/ストラスブルゴ(アル テア) ピアス¥156,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)バッグ¥326,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴ ィエ) 靴¥74,000/ジミー チュウ

13. エレガントなとろみワンピース

とろんとしていてもウエストリボンやスキッパー襟でだらしなく見せないのがポイント。ネイビー×黒小物でシックにまとめれば知的で頼りがいのある女性に見られること間違いなし。

ワンピース¥27,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) カーディガン¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) イヤリング¥15,800/パリゴ 丸の内店(ラダ) 時計¥21,000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥78,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(アスピナル オブ ロンドン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

14. 小さめ襟の端正なベージュシャツワンピース

取引先へご挨拶に。会社から会社への移動は車なので、コートはあらかじめ会社に置いて身軽ででかけて。比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースは、ブラウン系のジャケットとグラデ配色にしてなじませて。

ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

15. きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピース

片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。足もとは仕事運をあげてくれる勝利の赤をポイントに。

ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

16. ディナーにぴったりな気取らない黒のワンピース

元彼から突然ディナーのお誘いが。気合をいれすぎて肌見せしすぎるのも、誘っているように思われてもなんなので、肌の露出は避ける方向で。肩肘張らないドロップショルダーなら、頑張りすぎてないのに洒落感のある私を演出できる。

ワンピース¥68,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥119,000・ブレスレット¥345,000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥53,000/アノア(リビアナ・コンティ) 靴¥125,000/ジミー チュウ

17. ふんわり袖のキャメル色ワンピース

こっくりしたキャメルカラーが印象的なロングワンピースは、生地をたっぷり使ったバルーン袖。胸下のギャザー使いでほどよいリラックス感がありながら、首もとのボウタイできちんと見えも意識して。

ワンピース¥39,000(ヴェニット)・ピアス¥69,000(アキラ ナカ)/ハルミ ショールーム バッグ¥45,000/SANYO SHOKAI(セルプイ/アマカ) 靴¥82,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

18. 1枚で決まる袖コンシャスワンピース

ノースリーブではなく、袖にデザイン性のあるワンピースなら仕事相手に好印象を与えながら華やかな場にふさわしい装いに。上品に広がるふんわり袖で"シンプルなのに素敵"な雰囲気に。ストンと落ちる素材のごくシンプルなワンピースも袖がボリュームデザインになるだけでぐっと華やぐ。バックに入ったさりげないスリットで、控えめな肌見せ感も楽しんで。

ワンピース(取りはずし可能なすそフェザーつき)¥68,000/アローブ ネックレス¥295,000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥359,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥49,000/ウィム ガゼット青山店(ルチャーノ パドヴァン)

19. 黒のジャケット×ドットワンピース

ドットワンピのクラシカルな可愛さをジャケットで引き締めて。足もとしだいでフォーマル~カジュアルの調整がきくのもジャケット×ワンピコーデの魅力。今回はスニーカーでハズしてカジュアルさとこなれ感を出して。足もとをヒールにすればパーティにも行けるきれいめスタイルに。

ジャケット¥52,000/サード マガジン ワンピース¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ア ピューピル) ピアス¥56,000/TOMORROWLAND(アグメス) ストール¥52,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ジョシュア エリス) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド)

20. ネイビーのジャケット×きれい色のワンピース

ネイビー×パープルで好感度の高い通勤コーデに! 品のよさと知性を感じさせるダークネイビーのダブルジャケットに、上品なパープルのワンピースを。シンプルなのに老若男女誰からも愛される、好感度の高いコーデが完成。ジャケットを黒ではなくあえてネイビーにしたのも、柔らかな女性らしさを出す秘けつ。

ジャケット¥68,000/ebure ワンピース¥42,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥20,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥66,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)

21. キャメルのジャケット×ニットワンピース

大好きニットワンピにジャケットで旬のトラッド要素をプラス。黒のロングニットワンピに旬度高めなキャメルのダブルジャケットを合わせた、シンプルだけど今年らしい着こなし。仕上げに男靴やレオパード柄のバッグなどひねりのある小物をきかせれば、さらに上級者っぽい雰囲気に。

ジャケット¥98,000/ebure ニットワンピース¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤング フォー トゥーラ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグス イン プログレス) 靴¥62,000/ボウルズ(ハイク)

22. 縦ラインを強調してほっそり見えが期待できる黒ニットワンピース

黒の引き締め効果と縦長シルエットのおかげで、自然とほっそり着こなせる大活躍の黒ニットワンピース。羽織ったスエード素材のジャケットのボタンを全部はずして、中のワンピースを見せることで、さらに縦長感を強調して。ジャケットのブルー以外はすべてブラックの小物を合わせて、シンプルだけど上級者感の漂う着こなしに挑戦。色が少なくてもストールで華やかさを、靴とバッグできちんと感を醸し出してくれる。

ワンピース¥23,000/アングローバル(イレーヴ) レザージャケット¥220,000/マディソンブルー ストール¥40,000(ドゥース グロアー)・ブレスレット¥40,000(ラバー)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥50,000/TOMORROWLAND(スタウド) 靴¥28,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ)

23. ワーキングスタイルに欠かせないジャージーワンピース

ワーキングスタイルに欠かせないジャージー素材のきれいめワンピース。大人がきれいに見える工夫が随所に。

ワンピース¥17,000(エムセブンデイズ)
いかがでしたか?アラフォーのワンピース、花柄ワンピースや旬なシャツワンピースなどを取り入れてみて。

What's New

Read More

Feature

Ranking