アラフォーの着こなしをきりっとクールに。上品で今っぽいパンツコーデは? | 2019 | 40代レディースファッション

フェミニンなレースやきれい色など、明るくウキウキとしたアイテムが増える春。そんな中でも、私たちの着こなしをきりっとクールに、上品なムードに仕上げるために欠かせない「軸」となるアイテムといえば「パンツ」! 2019年は種類も着こなしのバリエもより豊かになった「パンツ」を主役に、春のおしゃれをもっともっと楽しんで。
アラフォーの着こなしをきりっとクールに。上品で今っぽいパンツコーデは? | 2019 | 40代レディースファッション_1_1

※商品は販売を終了している場合があります

アラフォーにおすすめのワイドパンツコーデ

仕事帰りの時間を利用して勉強することに。学びの日には、締めつけ感のないカットソー&ワイドパンツで身体をリラックスさせて吸収したい。ボーダートップスも上質なものだし、パンツもしっかりウエストがマークされているから、ルーズに見えないので、オフィスでもきれいに着こなせる。

カットソー¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ワイドパンツ¥33,000/ebure ストール¥53,000/ebure(ファリエロサルティ) イヤリング¥15,700/シップス 有楽町店(ラダ) バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
オフィスで安定感のある上司としてふさわしい色合いの黒×ベージュ。たっぷり余裕のある太めのワイドパンツや透けるブラウスのコンビなど、お堅く見えないように形や素材感で工夫をしてみて。女子ウケも期待するなら、シルバーバッグやレオパード靴など、スパイス小物をきかせてみるのも有効。

ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク) シフォンブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) ワイドパンツ¥33,000/ebure ピアス¥2,300/ジューシーロック バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥19,000/TOMORROWLAND 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)
仕事運があがる赤を効果的にチラ見せしたジャケット&パンツのセットアップコーデ。動きまわ日は、ヒールではなくここはスニーカーをチョイスして。光沢のある素材感とフラットな金ボタンで華やかできちんとしたカジュアル通勤コーデの完成。

ジャケット¥65,000・パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥17,000/マルティニークルコント梅田(マルティニーク) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
長時間のミーティングが続く日には、座りっぱなしでもシワになりにくい素材のパンツがかなり重宝。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。

シルク100%プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol
以前から興味のあったファッションのひとつでもあるアスレジャー(アスレチック=運動競技、とレジャー=余暇、を組み合わせた造語)コーデ。いつものファッションにスポーツテイストをミックスするものだけれど、アラフォーが実践するのにやや抵抗が。でも大丈夫! 実はチノ素材ならトレンドの艶素材ジャケットもこなれた感じに仕上げてくれる。できればショート丈でワイドパンツを選べば美しいラインを強調しつつ、重心を引き上げるのもバランスがよく見える。

パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ブルゾン¥69,000/F.E.N.(デュベティカ) カットソー¥9,500/スローン バッグ¥156,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
最近インスタでおしゃれな人がよく身につけているナバホパール。ずっと気になっていたこともあり、たまたま連休中にお店で出会ってしまいお買い上げ。想像以上に可愛くて大満足で、その長めの二連ネックレスも、ネイビーニットの上に連なれば、定番ニット×チノワイドパンツのベーシックコーデでもクールな輝きを放ってくれる。

ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) パンツ¥30,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥13,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥67,000/エイチ ビューティ&ユース(ポールアンドリュー)

アラフォーにおすすめのきれい色パンツコーデ

鮮やかで美しく周りから注目されること間違いなしのイエローパンツ。自分に似合うか一瞬ひるみそうになるけれど、実はキャメルベージュを合わせることで案外それほど抵抗せずにはきこなせるもの。例えば膝が隠れる長め丈のカーディガンなら、ボトムの分量調整に有効で、歩くたびにちらりちらりと覗く効かせ色となって、最高にさりげないおしゃれなパンツコーデの完成。

カーディガン¥28,000・ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) イヤリング¥9,500(ドミニク ドゥヌーヴ)・ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店 帽子(別注)¥19,000/ロンハーマン(キジマ タカユキ) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)
引き続き人気のテクニック“前だけIN”で着こなす春のワンツーコーデにはきれい色を盛り込んで。ひときわ鮮やかな、パープルのくるぶし丈ワイドパンツに、赤みのないサンドベージュと合わせてしまえば、簡単に色を取り込める。さりげなく露出されるデコルテやくるぶしで女性らしさを滲ませて。

ニット¥24,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス  丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥19,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥53,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)
今季大注目のカラーパンツで勢いをつけて。こんな鮮やかなフューシャピンクのタックパンツにトライする日も、ベージュジャケットのきれいめ感と中和力が、やりすぎない感じを出してくれる。

ジャケット¥46,000・パンツ¥32,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) カットソー¥13,000/ドレステリア 京都店(ドレステリア) パンツ¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ピアス¥4,000/ビームス ハウス丸の内(デミルクスビームス) バッグ¥6,300/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
お地味な色味にならないように、彩度をおさえたカラーパンツと素材のまろやかさを合わせてみる。正統派トレンチのかっちり感と、首もとのスカーフやスクエアボストンなどエッジのきいた小物づかいが全体を引き締めてON仕様に。

パンツ¥18,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) トレンチコート¥79,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) サングラス¥19,000/ロンハーマン スカーフ¥39,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー) バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)
パッと目につく華やかなエメラルドグリーンのパンツ、いつもなら無難なネイビーを合わせていたけれど、ネイビーの代わりにカーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。イヤリングや靴もカーキでそろえて。

シャツ¥39,000/マディソンブルー バレエシューズ¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) パンツ¥43,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) イヤリング¥10,000/マルティニーク二子玉川(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥44,000/フレームワーク ルミネ新宿店(オリヴィーヴ)

アラフォーにおすすめのクロップドパンツコーデ

グレーのクロップドパンツもブラウンのリブカーディガンも地味色かつ細めのシルエットだから、下に白Tシャツをはさむことでぐっとこなれた印象になる。シルバー小物で輝きを添えれば、地味すぎるコーデを回避できる。

カーディガン¥¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) Tシャツ¥7,800/スローン パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)バングル¥6,500/ジューシーロック 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) サングラス¥52,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

アラフォーにおすすめのワークパンツコーデ

春先は透け感のあるシースルーのトップスやヒールパンプスなどを合わせていつもと雰囲気を変えてみては? イタリア空軍のパンツを忠実に再現したユニセックスな印象のティッカの復活カーゴパンツには、こういった艶ありアイテムを合わせることで、より女性らしさを演出できる。

パンツ¥26,000/ティッカ ニット¥28,000/カオス丸の内(カオス) インに着たカットソー¥9,000/マスターピースショールーム(サイ) スカーフ¥19,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)
はき込むことで楽しめる、アタリによる経年変化も。カジュアルな生地を使いながら、センタープレス入りのラインがきれいめ服をうまく受け止めてくれる。

パンツ¥19,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カーディガン¥24,000/スローン ニット¥11,000/マスターピースショールーム(サイ) ピアス¥12,000/ティアラ(ルーカス ジャック) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
デニムにもワークパンツにも定評のあるザ シンゾーンのベストセラーのベイカーパンツ。ほどよいハイウエストで、フロントの縦長ポケットとヒップのフラップポケットが腰まわりを絶 妙にカモフラージュしてくれるとファン続出。少しロールアップして足首をのぞかせてもきれい。

パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ブラウス¥19,000/コントワー・デ・コトニエ ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) バッグ¥345,000/エイチ アイ  ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス)
特徴的なカーゴポケットとディテールにミリタリーっぽさを残しつつ、フラップ位置や膝のタックの分量を細かく整えることで大人の女性向きの仕上がりに。膝下から少しテーパードがきいたシルエットや柔らかいオリジナルのバックサテン素材もはきやすく、バランスを取りやすい。ユニセックスでそろう、豊富なサイズ展開はマディソンブルーならでは。

パンツ¥62,000/マディソンブルー Vニット¥27,000/エンフォルド バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ビームス ハウス 丸の内(ニナ リッチ)
アメリカ軍が採用していた、硬派なフィールドパンツから着想。現代の女性に似合う一本に。ハイウエストで腰まわりを強調しつつ、あえてやや大きめをゆるっとはくのが今年の気分。カーゴビギナーはカジュアルにまとめず、まずは白ブラウスやかごバッグなど、甘めのアイテムをミックスするのが成功のカギ。

パンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) ブラウス¥18,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ヴィオラドーロ) ピアス¥10,000(ソコ)・靴¥44,000(ネブローニ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店

What's New

Read More

Feature

Ranking