アラフォーがチェックすべき3種のロングワンピース

気分が一新して、着回し力も抜群に高いから「ロングワンピース」こそシーズン頭に買う!

■フェミニン無地ワンピース

アラフォーのためのロングワンピース_無地カシュクール

今季人気復活のラップワンピはナチュラルなリネン素材で抜け感を
一枚で女っぽく決まる、ラップドレスがじわじわと復活の兆し。ただし今季は以前のように"強い女"なデザインではなく、もう少し柔らかな印象のものが多いのが特徴。少しゆったりとしたシルエットが心地いいこちらは、細い黒リボンがメリハリを生み、さらりとまとうだけでこなれたムードの着こなしに。
ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥11,000/バーニーズ ニューヨーク(ソコ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

アラフォーのためのロングワンピース_黒カジュアルコットン

ハリのあるコットンとギャザー使いのバランスが絶妙。応用力の高い一枚
シックなブラックにギャザー使いが女らしい一枚。とろみ素材ではなくほどよくカジュアルなコットン素材なのでフォーマルになりすぎず、こんなジャケットを合わせたきれいめコーデでも、どこか抜け感のあるムードに決まる。フラットサンダルやバレエ靴と合わせ、一枚で着てももちろん素敵。
→アイテム詳細はこちら



■フラワープリント

アラフォーのためのロングワンピース_花柄辛口コーデ

フェミニン気分を盛り上げる小花柄のワンピを、レザーでクールに着こなして
とびきり春らしいけど「可愛すぎるかも?」とアラフォーになると急に躊躇してしまう小花柄。ブラックベースでデコルテが見える、こんなさりげなく大人なデザインを選べば、そんな心配は無用。黒のライダースに小物も黒。ワンピース以外をとことん辛口にまとめるのも、大人っぽく着るための鉄板セオリー。

ワンピース¥15,000/ノーク ジャケット¥69,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) バッグ¥58,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴( 3 月中旬展開予定)¥49,000/アマン(ペリーコ) ピアス/スタイリスト私物

アラフォーのためのロングワンピース_レギンスを合わせた花柄ブルー

花柄のブルーとデニムのブルーをさりげなくリンクさせた技ありコーデ
クラシカルな花柄に、襟つきのデザインがどこかヴィンテージライクな一枚。こちらも小物はすべて黒を選択。さらに下に黒レギンスを重ね、甘い花柄ワンピースをシャープな印象に導いて。バッグはラウンド型のショルダーで、モダンなムードを添えたのもポイント。
→アイテム詳細はこちら

■シャツワンピース

アラフォーのためのロングワンピース_白シャツワンピース

定番の白シャツワンピ×トレンチは、デニムレイヤードで旬度を上げて
ほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。
ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)


アラフォーのためのロングワンピース_ベージュシャツワンピース

旬のブラウンと柔らかなリネン素材で上品なリラックス感を演出
すとんと落ちる細身シルエットのロング丈で、自然と着やせがかなう一枚。足もとをスニーカーにしてカジュアルに、ヒールを合わせてきれいめに、前を開けて軽いアウター代わりに、といろいろな着こなしが楽しめるので、一枚あると重宝。
→アイテム詳細はこちら

【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物)ヘア/EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子

What's New

Read More

Feature

Ranking