「気になるトレンドは白」で取り入れる!

どこまでも品がいい白だからこそできる、おしゃれの冒険があるんです!
ベーシックな白はもちろん素敵。でも、それだけではもったいない。やんちゃなものはきれいめに、甘いものはクールにと、どんな流行りも受け止めて大人に"着やすく"してくれる。

トレンド:1 アスレジャー

ハズシや抜け感に最適。でも、時にラフすぎたり男くささが気になるスポーティアイテムも、上品な「白」の力を借りれば簡単! さじかげんがむずかしければ、まずは信頼ブランドで挑戦を。


■白アウターという目新しい選択で着慣れたスカートを旬の表情に

トレンドを白アイテムで取り入れる_アスレジャー

エレガントなスカートをスポーティなアイテムでハズすのは常套手段。ただし今年はアウターで、それも白を選ぶことで、新鮮味も品のよさも格段にアップ。レフ板効果で顔映りがいいのも、大人にはうれしいポイントに。

ブルゾン¥48,000・スカート¥49,000/ebure トップス¥8,000/スティーブン アラン フタコタマガワ(ブラームス フォー スティーブンアラン) イヤリング¥20,000/シップス 渋谷店(アデル ビジュー) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥98,000/ジミー チュウ


■定番の白スニーカーこそ"一流"。一歩先行く大人の楽しみ方

トレンドを白アイテムで取り入れる_アスレジャー2

もう十分にマスターした白スニーカーをアップデートするなら、人と差がつくトップメゾンの一足を。白×メッシュのなんとも涼しげなデザインはまさに夏向き。きちんと仕上げのためのジャケットもリネンを選んで、軽やかな印象へ。

靴¥75,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ワンピース¥16,000・ジャケット¥62,000/アングローバル(イレーヴ) レギンス¥9,000/オーラリー バッグ¥47,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) リング¥3,400/ティアラ(ランドシヌール)

トレンド 2:エスニック
着心地のいい素材やクラフト感のあるディテール、それを"ほっこり"ではなく、ちゃんと"都会的"に仕上げてくれるのも、「白」の力あってこそ。その存在感を生かすべく、シンプルに一点主義で。


■細身のデニムにさらっと一枚。さりげないくらいがちょうどいい

トレンドを白アイテムで取り入れる_エスニック

これ見よがしな刺繡ではなく、控えめな梯子レースが胸もとに少し。そんなほんのり香るくらいのエスニック感が、かえっておしゃれ。デニム×白シャツも定番とは一線を画して。

ブラウス¥19,000/シップス 原宿店(ラブ アワー デイズ) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥14,000/デ・プレ(ポーノ) リング¥35,000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) バングル¥4,000/シップス 有楽町店(アリシャディ) バッグ¥52,000/エイチ ビューティ&ユース(セスタ コレクティブ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

トレンド3:ロマンティック

このところご無沙汰ぎみだった"甘いもの"もさっぱりしがちな夏服では、格好の盛り上げ役。凛として、知的なムードが漂う"真っ白"なら甘さや子供っぽさも抑えられ、洗練された印象に。


■レースは辛く、グレーは優しく。アイテムを精査して

トレンドを白アイテムで取り入れる_ロマンティック

好バランスに愛らしいカットワークのレースはパンツで、シックなグレーは柔らかなリネンシャツで。ただ真逆のアイテムを組み合わせるだけでなく、アイテムそのものにも甘さと辛さをバランスよく取り入れるのが、おしゃれに見せるコツ。どちらもリネンの夏素材同士、ラフになりすぎないように、足もとは女っぷりの上がるスエードパンプスで引き締めて。

パンツ¥84,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツ¥48,000/マディソンブルー バッグ¥115,000・靴¥74,000/ジミー チュウ イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール)
【Marisol6月号2019年】撮影/齋藤 弦(ACUSYU/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/伊藤真知 撮影協力/バックグラウンズファクトリー

What's New

Read More

Feature

Ranking