更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?

アラフォーになって体や心に不調が現れ、"もしかして更年期!?"と不安を感じている人、多いのでは。そんな不安を解消するには、今のうちから正しい知識を身につけておくことが大切。そこで更年期の基礎知識から先輩たちの体験談までをご紹介。
教えてくれたのはこの方…
よしの女性診療所院長 吉野一枝先生

よしの女性診療所院長 吉野一枝先生

産婦人科医。臨床心理士の資格ももち、心と体の両面から女性の健康をサポート。著書に『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』(永岡書店)など

そもそも更年期とはいつの時期をさすの?

閉経をはさむ10年間のことで、さまざまな不調が出る時期のことです。

更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_2
マリソル世代になると以前より、 疲れやすくなった、肩こりがひどくなった、寝つきが悪くなった、落ち込みやすくなったなど、体や心にさまざまな変化が生じがち。そこで感じるのが、まだ先だとはいえ〝更年期〟を迎える不安。まずは、そもそも更年期とはいつの時期をさすのかを吉野一枝先生に伺いました。
「更年期は閉経をはさんだ10年間をさします。閉経とは1年間、月経が来ないことです。個人差はありますが閉経は平均50〜52歳。50歳で閉経を迎えた人なら、45〜55歳の10年間を更年期と呼びます」

 この更年期には、体や心にさまざまな不調が発生。
「女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少し、特に40代からは激減し、更年期にはかなり少ない状態に。この影響で、のぼせや発汗、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、便秘、皮膚の乾燥やかゆみ、性交痛、不安感など心身にさまざまな不調が生じます。これを医学的に更年期症候群と呼びます。以前は更年期障害と呼んでいましたが障害ではないので症候群という呼び方に統一されました」

 アラフォーのマリソル世代は、まだ更年期には早い気がするけれど、不調が出やすくなるのはどうして?
「女性ホルモンの分泌量は35歳からゆっくりと低下し、卵巣機能も低下していきます。その一方でアラフォーは、仕事で責任のある役職についたり、子供や夫婦間の問題、親の介護などさまざまな問題からストレスを抱えやすい時期でもあります。この女性ホルモンの減少と、ストレスの影響で自律神経のバランスが乱れ、アラフォーでも更年期のような症状が出る場合があり、これは〝プレ更年期〟などと呼ばれます」

 そうなると〝じゃあ更年期になるといったいどうなっちゃうの?〟と不安でいっぱいになりがちだけれど……。
「更年期は誰にでも訪れるものですし、治療法もHRT(ホルモン補充療法)や漢方薬などさまざまなものがあり、症状の改善や軽減は可能です。現代は人生100年時代と言われ、更年期はちょうど折り返し地点。今後の長い人生を健康で元気に暮らすには生活習慣の見直しが必要な時期でもあります。ですから自分の体に向き合うよい機会だととらえ、前向きに乗りきりましょう」  

女性ホルモンの分泌量が減ると、 なぜ心身にトラブルが起きるの?

「女性ホルモンは、脳と卵巣の連携プレーによって分泌されていて、通常は脳の視床下部からエストロゲンを出せという指令が出され、これが卵巣に伝わるとエストロゲンが分泌され、排卵や月経が起こります。でも更年期になると脳が指令を出してもエストロゲンが分泌されないため、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出します。視床下部には体温や心拍や血流など体のさまざまな機能を司る自律神経の中枢もあるので、このパニック状態の影響が自律神経にも及び、バランスが乱れて、ほてりや肩こり、不安感などさまざまな更年期症状が起こるのです」

 エストロゲンには生殖に関する機能だけでなく、心臓や血管をしなやかに保ったり、骨を丈夫に保ったり、悪玉コレステロールを減らしたりと多くの働きがあるので、減少することで体に起きるトラブルは多数。

「女性ホルモンの分泌が減ってくると、まず生理に現れます。生理の出血量が減ってきたり、周期が乱れてきたり、期間が短くなってきたりしたら女性ホルモン低下のサイン。無理なダイエットや、不規則な生活、喫煙、ストレスなどが原因で閉経が早くなることもあり、その場合は更年期症状も早く出やすくなります」

 そのほか、女性ホルモンが低下してくると、健康診断の結果にも以下で示したような変化が出やすくなるので覚えておこう。

女性ホルモン分泌量の変化

更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_4
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は20〜30代がピーク。35歳から緩やかに低下していき、40代からは急激に減少。閉経前後の更年期にはかなり少ない状態になる。女性ホルモンの減少が始まる年代から不調が出やすくなる。

更年期に自律神経が乱れる仕組み

更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_5
卵巣機能が良好な若いころは、脳からエストロゲンを出してという指令が出されると、卵巣から正しく分泌される。
更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_6
卵巣機能が衰えると、脳が何回指令を出しても卵巣からエストロゲンが分泌されず、脳がパニック状態に。それによって自律神経のバランスが乱れ不調が発生。

女性ホルモン低下のサインは?

1.悪玉コレステロール値が上がってきた

コレステロールには悪玉(LDL)と善玉(HDL)があるが、エストロゲンにはLDLを減らし、HDLを増やす作用が。女性ホルモンが減るとLDL値が高くなりやすくなる。 

2.中性脂肪値が上がってきた
エストロゲンは脂質代謝全体にかかわり、分泌量が減ると中性脂肪値が上がりやすくなる。ただし中性脂肪値はエストロゲンよりも食事や運動など生活習慣の影響のほうが強い。 

3.血糖値が上がってきた
エストロゲンには血糖値を下げるインスリンを効きやすくする作用があり、分泌量が減ると血糖値が上がりやすくなる。家系に糖尿病の人がいる場合は特に要注意。 

4.血圧が上がってきた
エストロゲンには血管をしなやかに保つ働きがある。エストロゲンの分泌が減ると、この働きは徐々に低下し、血管が硬くなって柔軟性も低下。そのため血圧が上がりやすく 

5.体重が増えてきた
エストロゲンが低下すると代謝が落ちるので、太りやすくやせにくい体に。それにもかかわらず、若いころと同じように食べていると、太って元に戻しにくくなるので注意。

簡略更年期指数

強:毎日のように出現 
中:毎週みられる 
弱:症状として強くないがある
更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_7
自分の症状の度合いに該当するものに◯をつけ合計点を算出。0 〜25なら問題なし、26〜50は食事や運動の見直しを。51〜65は婦人科へ。66〜80は長期の計画的治療を。81〜100は各科の精密検査に基づく長期の計画的治療が必要

更年期かもと思ったらまずは婦人科へ!

更年期の予感がしたら、まず訪れるべきは婦人科。たらい回しにされず、的確なカウンセリングとアドバイスが受けられる!
女性ホルモン・エストロゲンの分泌量がぐっと減少する40代後半は、心身ともに大きな変化を迎える時。

「ここから約10年にわたる更年期ではのぼせやほてり、発汗など更年期特有の症状が現れやすくなります。人によって感じる症状や重さは本当にさまざまですが、治療が必要な“更年期障害”のケースは、3人に1人程度です」(よしの女性診療所・吉野一枝院長)

案外、少ないかも? と思った人も多いのではないだろうか。

「ところが、更年期にぐっと減ってしまう女性ホルモン・エストロゲンは、目には見えないところで体のさまざまな働きをサポートしている大事な潤滑油。それだけに、閉経へ向かって量が減ると、今までは抑えられていた病気のリスクも一気に高まることになります」(吉野先生)

例えば、糖尿病や高血圧などがそう。また中性脂肪の値が上がったり、体重が増えるのも、エストロゲンが減って代謝が落ちることが理由のひとつ。

「エストロゲンの働きは、脳や心臓、血管、骨、筋肉、皮膚にいたるまで全身に及ぶため、分泌量が低下すれば、その影響も全身に。これによる更年期症状は、ホルモン補充療法や漢方薬などでツラさを緩和できます。閉経後は急激に骨密度が落ちることによる骨粗しょう症や、動脈硬化などリスクが出てくることを考えると、今の自分の体の状態を知るためにも、早めの受診が得策です」(吉野先生)

何はなくともまずやるべきは、現在の自分のホルモン数値を知ること。

「そしてあなたの体のニュートラルを知るかかりつけ医をもつこと。病院は病気の時だけに行く場所ではありません。更年期に備え、なんでも相談できる環境づくりから始めてみて」(吉野先生)

【婦人科でできること①】今の体の状態をチェック

更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_9
最初に婦人科を訪れるべき理由。それは、今現在の自分の体の状態をまず自分で把握することが大事だから。

「クリニックで行う血液検査では、ひととおりの体のチェックに加え、希望すればホルモン値を測ることもできます。更年期かも? とクリニックに訪れる患者さんの場合、そのきっかけの多くは月経の変化。まず周期が早まって量が減ってくるのがホルモン低下のサインなので、ホルモン検査で今の状況をチェックしてみるといいでしょう。ただし、ホルモン値が悪くても症状がない人、逆に数値がいいのにひどい症状の人もいるので、検査の結果だけにこだわらず、気になる症状があれば、詳しく医師に相談してください」(吉野先生)

■ホルモン値の検査について

女性ホルモン値は、採血による簡単な検査で調べることができる。婦人科であれば基本的にどこでも可能。費用はクリニックによって異なるが、自費診療で¥5,000〜10,000ほど。更年期症状があれば保険適用されるケースもある。

【婦人科でできること②】ホルモン治療

更年期特集 | 40代でイライラ、のぼせ、ほてりを乗り越えた先輩たちの方法とは?_1_10
「更年期の治療の核は、"ホルモン補充療法(HRT)"です。日本ではまだまだ副作用を恐れる女性も多いのですが、HRTはローリスクハイリターンの治療法です。補う量も必要最低限なのでごく微量。塗り薬、貼るパッチ剤、内服薬があり、特に更年期の3 大症状"のぼせ・ほてり・発汗"によく効き、費用も保険適応なので1 カ月分¥2,000〜3,000程度です。アラフォーのプレ更年期世代であれば、ピルも有効ですよ。ただし、乳がんや子宮体がん、心筋梗塞など、一部の病気経験者には処方できないのでほかの方法を医師に相談してください」(吉野先生)

■婦人科の選び方

吉野先生、どうすればいい先生と出会えますか? そんな質問を投げかけてみる と「女性医療に理解のある医師選びがまず最優先。クリニックのHPを見れば更年 期外来に力を入れているところなどはすぐにわかります。更年期の治療は特に個個の性格や環境によって治療法も異なります。相性も大事にしてください」

先輩に聞きました!「私の更年期、これで乗りきりました!」

あれがいい、これがいいと噂ばかりを拾い集めて、耳年増になりがちなのも更年期の性。事実、人それぞれに効くアイテムも違うようで……
アンケートで聞いた更年期の先輩たちの「これ効いた!」リストをお届け! 未来の不調に備えて、心の準備を。

①コミュニティ活動
こんなユニークな対策も、更年期ならでは! 「ときめきが大事と聞いて、無理矢理職場の人に片思いの妄想、実生活ではアイドルを応援」(43歳・会社員)。また危うきに近づかないのも策のうち。「イヤな人とは付き合わずストレスを減らす」(44歳・派遣社員)

②スポーツ
スポーツ部門では、ホットヨガ体験者が圧倒的多数。「不眠症状がつらくてホットヨガを始めたら、よく眠れるように」(43歳・会社員)。また習慣的に運動する派は無敵の様相。「ジョギングを日課にしているせいか、まだ不調はない」(45歳・公務員)

③ホルモン治療
やはり信頼度が高い婦人科の治療。「婦人科のホルモン補充療法テープを下腹部に貼ったら、劇的に汗やめまいが改善」(52歳・パート)。こちらもあっぱれな活用法。「薄毛が心配でホルモン剤入りの高価な育毛剤を定期購入。効いてます」(47歳・自営)

④食生活改善
「更年期にはイソフラボン! 大豆製品を積極的に摂取していたら、ダラダラ生理はなくなった」(43歳・アルバイト)。こちらは、生薬で日々改善派。「ホルモンが分泌されやすくなる薬膳を日々の食事に取り入れたら、頭痛などが軽く」(40歳・自営)

What's New

Read More

Feature

Ranking