ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

アラフォーおしゃれプロたちのプチプラマイルール【パンツコーデ編】

色や柄、素材、シルエットの選び方から、サイジング、洋服自体の扱い方まで。おしゃれそのものへの向き合い方にも通じる、独自の"プチプラ哲学"がそこにはあった!
なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。

※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です

■エディター 磯部安伽さんのマイルール

「長く着るつもりで選び、ていねいに扱う」。プチプラ服でもマイルールは変わりません


「私の場合、プチプラ服もハイブランドの服と同じく"長く付き合う"気持ちで選びます。注目しているのは"海外デザイナー×日本ブランド"のコラボ。このロングシャツはTHE ROWのデザイナー、ダニエル・シャーマン×PLSTのもの。ほんのり漂うモード感とクリーンさが気に入って、時間をとってしっかり試着して買いました。プチプラ服にも、自分のおしゃれに対する美意識を映してあげることが大事だと思うんです」

おしゃれプロのプチプラルール_シャツ
「大好きなノーカラーのロングシャツ。プチプラではあまり見なかったけれど、ようやくピンとくるものに出会いました。価格は¥9,900ほど」。ロングシャツ/ダニエル・シャーマン フォー プラステ デニム/リーバイス517 サンダル/エルメス バッグ/ロエベ

おしゃれプロのプチプラルール_プラステのワンピース

同じくダニエル・シャーマン フォー プラステでワンピースも購入。「インポートなら、サイズもバリエも豊富なZARAの靴もよく見ます」


■エディター 東原妙子さんのマイルール
体がきれいに見えることが条件。今年は「きれい色リネン」で着映えを


「プチプラアイテムを選ぶ時に気をつけているのは、素材感とシルエット。リネン素材はもともとハリがあるので、プチプラでも体のラインをきれいに見せてくれます。色選びも大事で、ニュアンスカラーよりもハッキリした色のほうが安っぽく見えず、気分も上がります。経験から、"あれば着るかな"くらいの気持ちで買ったプチプラ服は着なくなる!(笑) 顔映えや今っぽさなど、"上がる"ポイントを大切に」

おしゃれプロのプチプラルール_きれい色リネントップス

「赤のリネンブラウスは、N.O.R.C by the lineで約¥14,000。実はデニムも同ブランドのもの。スタイリスト発なのでコーディネートしやすいのが魅力」。トップス・デニム/N.O.R.C by the line 靴/ピッピシック バッグ/エバゴス ブレスレット/ハム


おしゃれプロのプチプラルール_ZARAスニーカー

イエローのリネンワンピもN.O.R.C by the line。「ハリがあるのにストレッチがきいていて動きやすい。甘くなりすぎないのも好み」

【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)

What's New

Read More

Feature

Ranking