リネン100%よりメリットだらけ!「進化系リネン」ボトムス

スカート&パンツならばどんなものを選ぶべき?

涼しさはもちろん、アイロンいらずのシワ感や丈夫さも魅力のリネン。でもどんなに暑くともそこそこのきちんと感が求められるアラフォー世代には、時にラフすぎて使いにくいことも。柔らかさや高級感など、異なる素材の力を借りたハイブリッドなリネンこそが、大人の夏には必要です。


What's 「進化系リネン」?

コットン、レーヨン、ポリエステルなど、異なる繊維をブレンドすることで、リネンだけでは得られない〝心地よさ〞や〝動きやすさ〞を実現。年々その素材感もアイテムのバリエーションも進化し、今やその人気ぶりはリネン以上に!


【スカート

すそのニュアンスこそが女らしさの決め手となるスカート。天然素材でリネンとの相性もよくそれでいて優しい風合いをもたらすコットン混が使いやすい。



ハリすぎず、くずれにくい。手入れのむずかしいプリーツの悩みも一掃!

進化系リネン_を着るRINA

コットンやポリエステルとの混合素材で、ふんわり感がありつつしっかりとした生地に。比較的シワや型くずれもしにくいので、淡い色やプリーツにはもってこい。

スカート¥36,000/ebure ジャケット¥145,000/マディソンブルー トップス¥11,000/マスターピースショールーム(サイ) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
進化系リネン_リネントップス

(右)すそに向かって徐々に折り目があいまいに。こんな絶妙なニュアンスだってお手の物。
(左)素材にはシルクも少々。一見しただけではわからない上質感も、大人にとってはまた一興。

(右)スカート¥35,000/クルーズ(ELIN) 
(左)スカート¥49,000/エイトン青山(エイトン)



【パンツ】
リネン風素材の進化に伴い、最近では自然な落ち感のきれいめパンツも続々。アースカラーよりも涼感のある色を選びキリッとした印象に。


ストレスなくはけて、リッチで清潔。おしゃれの理想が一本に

進化系リネン_リネンワンピースを着るRINA

ドレスや下着にも使用される、なめらかなビスコース素材がベース。真っ白という色の潔さも手伝って、リネンパンツにありがちなほっこり感とは無縁に。ここはクールなモノトーン配色で、着こなしも凛と。

パンツ¥26,000/エリオポール代官山(バレナ) ブラウス¥31,000/エディション 表参道ヒルズ店(アーチ ザ) 帽子¥52,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ピアス¥25,000・バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥43,000/エストネーション(バルダン)
進化系リネン_リネンワンピース

(右)オールリネンではなかなかお目にかかれない、淡いきれい色が新鮮。
(左)メンズライクなダブルのすそ。ひとさじの辛さがリラクシーなパンツを洗練させる。

(右)パンツ¥66,000/エストネーション(レジーナ ピョウ) 
(左)パンツ¥30,000/デ・プレ(ザンス×デ・プレ)
【Marisol7月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking