2019年上半期のベストチーク、アイブロウ、アイライナーはこれ!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】

カラーアイテムもパーツアイテムも、"これさえあれば"という、頼りがいのあるものばかり

【メイクアップ部門】チークカラー

<<BEST 1>>

☆セルヴォーク カムフィー スティック ブラッシュ 02

「血色のある肌は若々しさのポイント。それが理想だけど、ない場合はメイクで作るしかない。ポイントはメイクで作った血色ではなく、あくまでも"本物の血色"のように見えること。これは色も質感も本物の、そして大人の頰にふんわりとした優しい可愛らしさが生まれる。直接つけて、指でサッサッとのばすだけでOK」(ヘア&メイク/ライフスタイルデザイナー藤原美智子)。「しっとりした質感ながら肌にのせるとパウダリーに仕上がる。頰の中央に逆三角に入れると、パーツがキュッと内側に寄ったような錯覚が起きて、求心的な顔立ちに」(美容エディター前野さちこ)。自分の狙いどおりにのばせるスティック。¥3,500


<<チーク BEST 2>>

2019年上半期マリソル ベストチーク_2位

☆ポール & ジョー ボーテ ジェル ブラッシュ 04

「ジェル状のプルプルなテクスチャーが気持ちよくて、やみつきに。色合いも絶妙でくっきりとつくのではなく、内側からジワ~ッと自然に発色してくれる感じで仕上がるので、不器用さんでも大丈夫! 好感度がぐっとアップするので、ぜひとも大人女子にトライしてほしい」(美容家 小林ひろ美)。水系成分80%でクリアで透明感のある発色。¥3,000


<<チーク BEST 3>>

2019年上半期マリソル ベストチーク_3位

☆SUQQU シマー リクイド ブラッシュ 03

「アラフォーでもピュアに見られたい日は、淡いコーラルが肌と一体化して、少女のような雰囲気を演出できるコレ。ほどよいゆるさのリキッドで、濃くも薄くも調整できるし、つける場所もコントロールしやすい」(ビューティエディター入江信子)。みずみずしいけど密着度もあり、くずれの心配なし。ポンプ式で、一度に塗布する量を調節できる。¥3,900



【メイクアップ部門】アイブロウ

<<BEST 1>>

2019年上半期マリソル ベストリキッド・クリームファンデーション_1位

☆イプサ クリエイティブ アイブロウ エレメンツ
「3 つのアイテムを重ねるだけで、立体的な眉メイクが完成。どのアイテムも、ほどよく弱めなので、重ねて完成させるのにテクニック不要! なかでもリキッドのシアー感が◎」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「眉メイクさえ高い完成度をマークすれば、美人度は3割増しで洗練度は5 割アップ、さらに見た目年齢も- 5 歳になるのを実感させてくれる究極の眉キット。3点で少しずつ仕上げるから失敗する可能性も無限小で、かえって時間のロスがない」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。リキッド・ペンシル・マスカラのセット。¥5,000


<<アイブロウ BEST 2>>

2019年上半期マリソル ベストアイブロウ_2位

☆コーセー ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-4

「毎日使うほど激愛。4 色の構成が本当に絶妙で、ほとんど毛が生えてこなくなった部分の眉も、もともと毛が生えているかのように自然に仕上げてくれる。今季の新色はちょっと女らしいニュアンスをふわっとまとえるピンク入りで、優しげ眉も簡単」(美容ライター山崎敦子)。4 色を自由にブレンドして、マイカラーに仕上げられる。¥1,200(編集部調べ)



<<アイブロウ BEST 3>>

2019年上半期マリソル ベストアイブロウ_3位

☆ポーラ B.A カラーズ アイブロー マスカラ BR

「太くも細くも、線もぼかしも、トリートメントも、魅せるも、なんでもかなえる一本。どちらに比重を置くかで、キリッとした凛とした表情も、ふんわり柔らかい一面も演出することができます。ブラシの柔らかさも秀逸で、塗る前にブラッシングすると毛ヅヤが出て、立体的に」(美容じゃーなりと鵜飼香子)。コンパクトブラシで、塗布しやすい。¥3,500


【メイクアップ部門】マスカラ・アイライナー

<<BEST 1>>

2019年上半期マリソル ベストクリーム・クッション ファンデーション_1位

☆UZU BY FLOW FUSHI ウズ アイオープニングライナー(カーキ)
「まつ毛ぎわにインラインを入れると強すぎず、ほどよく印象的な目もとに。目じりを少しはね上げて遊んでも、どこか品よく仕上がる。ほかの色と組み合わせて多色使いしても楽しく、使い方が多種多様」(美容エディター松本千登世)。「夏のトレンド、テラコッタカラーと相性抜群なのかしゃれっ気のあるカーキ。黒やブラウンほどコンサバでなく、ブルーやオレンジほど飛ばしすぎてないから、臆することなく使えます」(ビューティエディター・ライター平輝乃)。筆の毛の材料から開発しただけあり、コシがしっかりしているので描きやすさは随一。お湯で落ちる手軽さといい、コスパに大拍手! ¥1,500


<<マスカラ・アイライナー BEST 2>>

2019年上半期マリソル ベストマスカラ_2位

☆SUQQU アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ 01
「なんといっても使いやすさがすばらしい。ダマにならずに、繊細にのびて、漆黒のまつ毛を演出してくれる秀逸品だと思う。ブラシも日本人のまつ毛にマッチしていて、本当に塗りやすい設計に」(ヘア&メイクアップアーティト千吉良恵子)。過剰なボリュームではなく、きわだたせることに特化した、大人のためのマスカラ。このナチュラルさはクセになる。¥4,300


<<マスカラ・アイライナー BEST 3>>

2019年上半期マリソル ベストアイライナー_3位

☆カネボウ化粧品 キッカ リキッド アイライナー W 02
「色っぽさとおしゃれさを兼ね備え、大人の女子力をアップしてくれる赤みブラウン。ツヤがあるので長め、太めに描いても目張りっぽくならず、ナチュラルに目ヂカラUP。下まぶたに描いても、涙でにじみにくく、知らないうちにパンダ目になってあせることがありません」(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。タイプの違う2本のアイライナーがセット。¥4,500¥8,700

【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳

What's New

Read More

Feature

Ranking