ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

夏の唇メイクは「輪郭&色補整しつつボリューミーに」

「きちんとメイクは、決して厚づきではない」と小田切さん。 アイテムを細かく使い分けることで、猛暑でもくずれず、盛ることができる!
ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん

かつてナチュラルメイク全盛時代を過ごし、薄すぎ? 地味? と薄々気づいていても、メイクを濃くできないマリソル世代。「ちょうど盛り」の伝道師、小田切ヒロさんに薄すぎメイク脱出策を教わった。




小田切ヒロさんが提案!
薄すぎ脱出!の勘どころ


1.全盛りメイクはオバ顔のもと!盛りと抜きをバランスよく!
しっかりメイクといっても全部を濃くするのは厳禁! 盛るところ、抜くところを覚えよう。

2.ベースコスメはひとつですませようとしない!

薄すぎ脱出の第一歩はベースメイク。色つき下地やBBだけではきちんとメイクには見えません!

3.パーツメイクは輪郭はっきり!

目もと、口もとのポイントは「エッジ」。あいまいになりがちな輪郭をはっきりさせると、キリリと素敵な大人顔に。



【唇編】
輪郭&色補整しつつボリューミーに

☆これを使用

唇アイテム

1.なめらかに描け、塗りつぶしもキレイに決まる。プレシジョンリップライナー9073¥2,700/NARS JAPAN 
2.まるでヒアルロン酸を注入したみたいにぷっくりボリューミーな唇に。ラシャスリップス322¥7,500/PRSS.Japan



Lip:1
リップペンシルで上唇をふっくら見せる

夏の唇メイク_1

上唇と下唇の厚みを同じに
1のリップペンシルで、上唇の口角から山まで描く。2㎜くらいはみ出るようにふっくらと「盛る」。唇全体を塗りつぶすと、飲み物などを飲んでも唇に色が残り、薄すぎメイクにならない。

夏の唇メイク_2



Lip:2
 リップグロスでパンプアップ

夏の唇メイク_3

無色グロスでボリューミーに
唇をふっくらパンプアップするグロスを重ねる。リップペンシルの色を生かすならJ のような透明タイプを。いつも使っている色つきグロスでもOK。


【目編】
インサイドラインで輪郭を立て直し

Eye:2 まつ毛とまつ毛の間埋め

夏の眉の描き方_3

にじまないアイライナーを仕込む
アイシャドウは何色でもいいが、目のフレームをくっきりさせるため、インサイドラインは必須。まつ毛の間をチョコチョコ埋める。

【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/小田ユイコ

What's New

Read More

Feature

Ranking