アラフォーになって「レースやフリルなど甘い服を着ると、痛々しく感じます」

大好きだったあの服が、最近“なんだか”似合わない……。マリソル世代を突然襲うおしゃれの黄信号は、赤に変わる前に早めの対策を!

マリソル の読者アンケートからあがった悩み多きデイリー服の数々を、自信をもって着こなすためのワンテクニックをご紹介。


■レースやフリルなど甘い服を着ると、痛々しく感じます


→Answer

茶系なら間違いなし!大人はスカートで取り入れるのが簡単

※お買い物かごマークをクリックしてアイテム詳細をチェック!

白より大人、黒より優しげ、ベージュより新鮮。いいことずくめの「茶」レースが最強!
シンプルすぎると地味に陥りがちな大人にとって、ほどほどの甘服は有効なアイテム。ただしデザインで盛るなら、色はシックにが大前提。甘さを抑え、トレンド力も抜群のブラウン系、さらに顔から遠いため着こなしのハードルが低いスカートがアラフォー世代の"最適"に。

スカート¥23,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) サングラス¥7,800/コモノ東京(コモノ) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山) 靴¥27,000/HAYASHIGO(オーリック)


これを+1

同色のヒール靴で女っぽく

アラフォー甘めファッションが似合わない2

より洗練して見せるには、足もとまで同系のワントーンコーデがおすすめ。一歩間違えると男くさくもある"土色"だからこそ、女っぷりの高いヒール靴が不可欠。

【Marisol9月号2019年掲載】撮影/戸松 愛(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/五明祐子 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking