デニムをはくとなぜか古くさい印象。アラフォーはどう更新すべき?

大好きだったあの服が、最近“なんだか”似合わない……。マリソル世代を突然襲うおしゃれの黄信号は、赤に変わる前に早めの対策を!

マリソル の読者アンケートからあがった悩み多きデイリー服の数々を、自信をもって着こなすためのワンテクニックをご紹介。


■デニムをはくとなぜか古くさい印象。どう更新すべき?


→Answer

まずは薄色を。グレー系を選べばさらに今っぽく

アラフォーのデニムの選び方

×Tシャツではなくブラウスでひとさじの〝社会性〞もお忘れなく
深みのあるインディゴから薄色へ、春先からトレンドが大きく変わっているからこそ、デニム自体もきちんとアップデートすべき。なかでも大人におすすめなのは、淡い色でも品よく映るグレー。ハリのある素材やコクのあるベージュなど、ラフになりがちな色あせデニムを女らしくリッチに仕上げるトップス選びも重要に。

デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ブラウス¥9,900/ノーク ピアス¥27,000/カオス丸の内(キャッツ) バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥22,000/グラビテート(カミナンド)



■シンプルT一枚では寂しく見えがち…


→Answer

顔まわりが華やぐ大ぶりピアスを投入!今年はぜひ同色で

アラフォーファッション_Tシャツの時のアクセサリー

夏らしい〝プラ系〞アクセが大活躍。黒Tにあえての黒で
ドラマティックにトップスと耳もとの色をそろえるだけでしゃれ感アップ! そんな目からウロコのテクニックが楽しめるのも、樹脂系のカラーアクセが多いこの夏ならでは。大ぶりでも軽やかで、地金より手ごろなので、いつもより大胆なデザインに挑戦してみても。

ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) Tシャツ¥11,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) リング¥14,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
【Marisol9月号2019年掲載】撮影/戸松 愛(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/五明祐子 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking