なんだか前と変わってきた…? アラフォーの生理とPMS実態調査|40代ヘルスケア

生理やPMSに関するアンケートを行ったところ、その多くが悩みを抱えていることが判明

アラフォーになってから、なんだか今までと生理の期間や量が違ってきたり、PMS(月経前症候群)がひどくなってきたりと、生理やPMSの状態が前と違ってきたと感じている人が多数。


■アラフォー生理とPMS実態調査

アラフォーの生理とPMS悩み

「 量が減ってきた。でも生理痛は変わらずつらい。この先どうなるの…?」(42歳)

"自分の生理について、不安がありますか?"という質問について、YESと答えた人が全体の77.6%と、大半の人が不安をもっている様子。


アラフォーの生理とPMS悩み_2

「 22日くらいの周期で来るように。このまま閉経に…?」(43歳)

以前と比べて、毎月の生理が変わってきたと感じている人はさらに多く、全体の86.6%にも! アラフォーになって、毎月の生理について、みんななんらかの変化を感じているようだ。



アラフォーの生理とPMS悩み_3

「最近軽くなって3日くらいで終わるように。大丈夫なのかな?(44歳)」

生理の変化で、経血の量が変わってきたという人が最も多く、全体の28%。次いで多いのは日数、周期の変化。また、PMSがひどくなってきたという人も多数。ほかに、生理痛が重くなってきたり、軽くなってきたという人も。


アラフォーの生理とPMS悩み_4

「 生理前のイライラがひどい!忙しさのせい?」(40歳)

生理中やPMSで感じる症状は、イライラが全体の14%とトップで、メンタル面の不調を感じる人が多い様子。次いで、だるさ、眠さ、むくみ、肌の調子の悪化、頭痛など、さまざまなトラブルに悩まされているようだ。


アラフォーの生理とPMS悩み_4

「 生理痛がつらいとすぐに薬を飲んでしまいます。飲みすぎも心配」(38歳)

生理やPMSの対策は、薬を飲むという人が33.9%で1 位。働く女性にとって素早く症状を改善することが重要だからかも? ただ、特に何もしないという人も多く、不調を抱えながらも、なんとかやりすごしているようだ。

【Marisol 11月号2019年掲載】イラストレーション/雨月 衣 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking