「私はこうして、 春先の敏感肌の乗り越えた!」小田ユイコ

2017年2月14日
敏感肌は手をかけすぎると悪化する……。だから、引き算ケアが正解!
いつも美しい肌をキープしている美容のプロでも、春先の肌トラブルとは無縁ではなかった!? では、自分の肌に合った対処法はどうやって見つけたの? その上手な乗り越え方を、早速教えていただこう。
☆美容ジャーナリスト・小田ユイコさん
敏感肌は早め早めのケアが大切。乾燥や赤みを感じたら、刺激を極力なくし、肌を優しく癒すシンプルなケアにチェンジ。

敏感の兆しを見つけたら、刺激を抑えて症状を悪化させないこと

子供のころからアトピー性皮膚炎で、春先や季節の変わり目は肌トラブルが絶えなかったという小田ユイコさん。
「敏感肌は厄介で、手をかけすぎたり、特別なケアをすると、ますます悪化してしまいます。少しでも乾燥や赤みなど肌の変化を感じたら、こする、さわるといった刺激を極力なくし、化粧品のアイテム数を減らしたシンプルなケアにチェンジ。肌荒れを起こしている部分は血流が悪くなっているので、スチーマーで温めて血行を促進。そして、肌が湿っているうちにオイルをのせます。こうするとオイルがすっと浸透してベタつかず、油分によるムズムズ感につながりません。敏感に傾いた時は早め早めのケアが肝心です」
右)できたての水素のスチームで血行を促し、うるおいもチャージ。H/C Beauté ピュア水素スチーマー¥37,000/ヤーマン 
中)心地よい香りに包まれ、肌も心も落ち着かせてくれるオイル。ラ ニュイ ドゥース ボンヌ レスピラシオン フランキンセンス配合ボディメンテナンスオイル 15㎖¥7,000/インターブレイン(3/1発売) 
左)すっと浸透するオイルで肌の総合力を高めて。穏やかな香りにも癒される。クレ・ド・ポー ボーテ ユイルレパラトゥリス(医薬部外品)75㎖¥14,000/資生堂インターナショナル


撮影/国府 泰(物) 取材・文/寺田奈巳 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking