最旬フレアパンツと上質ニットを買い足したカジュアルモードの名手【エディター野崎久実子さんのお買い物】

日々たくさんの名品に触れる審美眼に注目。マリソル世代のおしゃれプロが自分のために選び抜いたアイテムを見せてくれました!

■エディター 野崎久実子さん
シックな定番色が多い手持ちの冬のワードローブを新鮮シルエット&色で更新

2019年秋冬おしゃれプロのお買い物4_1

「去年、買っておけばよかった! と思ったケーブルニットを、今年の展示会では迷わずオーダーしました。ドロップショルダーとビッグサイズで、ゆるっと今っぽい絶妙なバランスで着られます」。ニット¥49,000/オーラリー 

2019年秋冬おしゃれプロのお買い物4_2

「ボリューム感が可愛くて前々から気になっていたリング。手持ちのゴールドリングと重ねたい」。リング(上)¥33,000・(下)¥17,000/ヴェルヴェットザショールーム(モニカ・カスティリオーニ) 



2019年秋冬おしゃれプロのお買い物4_3

「パンツに定評のあるブランドらしい美しいフレアシルエットで、カジュアルすぎないウール素材。合わせやすいカーキも即決の理由」。パンツ¥27,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザシンゾーン)



2019年秋冬おしゃれプロのお買い物4_4

「淡い色のパンツに挑戦したくて購入。ハリのある上質な素材感とスリット入りのフレアで、脚がすっきり長く見える!」 パンツ¥42,000/アマン(アンスクリア)


2019年秋冬おしゃれプロのお買い物4_5

「秋冬は定番色のワードローブに頼りがちなので、色物のニットが欲しくて見つけました。これはスーパーキッドモヘア素材のふわっと繊細な風合いと柔らかなトーンで、タイダイ染めだけどコントラストが強すぎず、上品。優しい雰囲気で着られそうです」。ニット¥37,000/オーラリー 

【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美

What's New

Read More

Feature

Ranking