【イレーヴ&レリタージュ マルティニーク】2020年春・アラフォーが今注目すべきブランド&アイテム

なにかと忙しいアラフォー世代は限られた時間で間違いのないお買い物をしたいもの。スタイリスト徳原文子さん太鼓判の最旬ショップとアイテムを厳選してご紹介
スタイリスト 徳原文子

スタイリスト 徳原文子

きれいめからカジュアルまで、マリソルで数々の企画を担う人気スタイリスト。今の空気を上手に取り入れたスタイリングは編集部やスタッフからも圧倒的な支持を集める

【5】YLÈVEイレーヴ
素材や色だけでハッとさせる今どきベーシックが見つかる

<ベーシックといえば思い浮かぶ、いつも頼りになるブランドのひとつ。旬を上手にとらえたパンツシルエット、ジャケットのきれいさはこれさえあれば、という安心感を与えてくれます>

アラフォーが今行くべきブランド、イレーヴ_1

シルク混ウールのジャケットは上質感満点。着こなしに深みを与えてくれるシャドーチェック柄でおしゃれ偏差値アップ。ジャケット¥85,000/アングローバル(イレーヴ)


アラフォーが今行くべきブランド、イレーヴ_2

色名"RED"の深みのあるトーンで、着こなしに華を添える。少しモードな雰囲気の太めテーパードだから、シンプルトップスに合わせるだけでスタイルが決まる。パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ)


アラフォーが今行くべきブランド、イレーヴ_3

かなりワイドで前後差シルエットのリブニットは、ありそうでない洗練ベーシックを実現。リブニット¥15,000/アングローバル(イレーヴ)


アラフォーが今行くべきブランド、イレーヴ_4

❹バンドカラーもほどよくゆとりのあるサイズ感と丈バランスが絶妙。ブラウス¥28,000/アングローバル(イレーヴ)




【6】l'heritage martinique:レリタージュ マルティニーク
こだわり凝縮の一点華やぎアイテムはきちんとシーンでも頼れる存在

<生地選びからシルエットまで女っぷりが光る服作りがとにかく上手! 細部のディテールまでこだわりを感じるアイテムも多く、ひとつ足すだけでぐっとおしゃれになれるアイテムに出会えます>

アラフォーが今行くべきブランド、レリタージュ マルティニーク_1

シルク混素材特有のツヤ感と、透けそうなほど薄手で軽やかなコートは、一枚でレディ度がアップ。襟裏部分が丸みを帯びていてほんのり女らしい。コート¥138,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)


アラフォーが今行くべきブランド、レリタージュ マルティニーク_2

今年らしいシアーな極細のリブニット。シャリ感のある素材で夏まで着られそう。ニット¥20,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)


アラフォーが今行くべきブランド、レリタージュ マルティニーク_3

襟もとからつながったボウタイを後ろでリボン結びしつつ、背中がややあいた、大人のエレガントさを凝縮したデザイン。ブラウス¥38,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)


アラフォーが今行くべきブランド、レリタージュ マルティニーク_4

一枚で、重ねてといろいろ着回せるベストも、シルクタッチなヴィスコースとリネン混素材で軽やかな仕上がり。マットなボタンでクラシカルムードも加味。ベスト¥58,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)


アラフォーが今行くべきブランド、レリタージュ マルティニーク_5

ツヤ感のある素材を使用し、ややクチュール感のあるティアードスカート。ウエストはゴムタイプではないので、より端正さもキープ。スカート¥39,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)

【Marisol3月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking