「脾」が弱っているあなたに【40歳からの“臓活”入門】| 40代ヘルスケア

季節の変わり目、免疫アップのカギは“臓”にあり!

季節の変わり目に体調をくずしたり、最近どことなく体がだるかったり。こんなアラフォーに多い不調の改善におすすめなのが東洋医学に基づく"臓活"。自分の弱っている五臓にアプローチして、心も体も元気に!


☆私が解説します!

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

いん・せんか●女優やモデル、美容ジャーナリストなども足繁く通う美容健康サロン「BHY」代表。はり師・きゅう師。最新の著書『みんなの臓活』(ワニブックス)も話題


☆これが当てはまるあなたは・・・

「脾」が弱っているあなたに_1

あなたがケアすべきは…

「脾」が弱っているあなたに_2


▼あなたは不調はどの”臓”からのメッセージ?

栄養を吸収し、 全身に運ぶのが脾

「脾は、胃とペアになって消化吸収を司り、飲食物から栄養を取り出し、気や血、水に作り変えて運び出す働きがあります。 この時必要なものと不要なものを仕分けて、必要なものはエネルギーに変え、不要なものは体外に排出する働きも担います。 内臓を正しい位置に収めて、脂肪が垂れないように引き上げる働きもあるほか、血が血脈から外へ漏れるのを防ぐよう統制する働きもあります。

 脾は過度な湿気や熱に弱いので、脾が弱い人は、梅雨の時期や季節の変わり目になると、だ るさや頭重感などの不調が出がち。消化吸収力の低下、不正出 血、顔やおなかのたるみ、痔、むくみ、下痢、ニキビ、やる気の低下なども起きやすくなります。 

 朝食をとらなかったり、座っている時間が長かったり、あれこれと考え込むクセがあったり すると脾を弱らせます。 脾や胃は、食事の影響を受けやすいので、負担をかけるような食べ物は控えましょう。ストレスや過労、睡眠不足も脾の負担になるので改善を」


1)脾を整える生活習慣


□朝食を必ず食べる習慣をつける

「脾の働きを高めるのになにより重要なのが朝食です。脾が活発に働くのは午前9〜11時で、胃は午前7〜9時。この時間帯に、朝食をしっかりとってエネルギーやうるおいのもとになる飲食物をとらないと、脾がきち んと働くことができません。遅くとも午前9時までには朝食をとること」

□冷たいもの、油っぽいもの、水分をとりすぎない
「脾の働きを弱める一番の要因が、冷たいもののとりすぎ。夏場など暑くて冷たいものが欲しくなる時期でも、冷えたものでなく、できるだけ 常温のものをとって。また、油っこいものや甘いもの、味の濃いもの、 水分のとりすぎなども、脾や胃の負担になるので控えましょう」

□胃をいたわる食生活を心がける
「脾が弱っている人は胃腸が弱いことがほとんどで、梅雨どきなど、季節の変わり目に体調をくずしがち。胃は脾とセットで働くので、脾の働 きをよくするには胃の調子を整えることが大事。ふだんから消化にあまり負担がかからない食事を心がけて。一番のおすすめはおかゆです」


2)脾を活かす食生活

「脾の衰え改善によいのが消化をサポートする、かぼちゃなどの黄色い食材。また、自然な甘味のある食材は胃の調子を整えるのでおすすめ。そのほか、 脾は湿気に弱いので、水分代謝を促す食材もとって」

心が弱っているあなたに_1

脾を活かす食材はコレ!
とうもろこし・大豆・かぼちゃ・大根・粟・ごま・豆類(いん げん、枝豆、えんどう、そら豆など)・かぶ・アスパラガス ・昆布・かつお・白菜・キャベツ・落花生・小松菜・カリ フラワー・ぜんまい・なす・レタス・たけのこ・にんにく

心が弱っているあなたに_2


3)脾を活かす関節たたき&ツボ押し

脾が弱っている人には、「そけい部」の関節たたきと、 太白、血海、陰陵泉、足三里のツボ押しが効果的。体が重だるい時などに

心が弱っているあなたに_3

脾と関係が深い関節は、脚のつけ根の「そけい部」。脚が重だるい時や、むくみが気になる時 などに、取り入れてみて。


<<関節たたき>>

心が弱っているあなたに_4

両脚を前後に開いて立ち、左脚を少し引いて、左のそけい部を伸ばす。左手は軽く握る。

心が弱っているあなたに_5

左手の握りこぶしで、 左のそけい部をたたく。これを20回。反対側も同様に。座りっぱなしの状態が続いた時にもおすすめ。


<<ツボ>>

心が弱っているあなたに_6

足の親指の下の大きな骨の下のくぼんだ部分が太白。ここに両手の親指を重ねて当て、強めに20回押す。反対側も同様に。

心が弱っているあなたに_7

膝の皿の内側の上部から指3本分ほど上がった部分が血海。ここに両手の親指を重ねて当て、強めに 20回押す。反対側も同様に。

心が弱っているあなたに_8

膝の下の内側にある大きな骨の下のくぼみにあるのが陰陵泉。ここに両手の親指を重ねて当て、強めに20回押す。反対側も同様に。

「脾」が弱っているあなたに【40歳からの“臓活”入門】| 40代ヘルスケア_1_12
心が弱っているあなたに_9

膝の皿の下の外側のくぼみから指幅4本分下のくぼみ。ここに両手の親指を重ねて当て、強めに20回押す。反対側も同様に。

【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking