ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

結婚式をめぐって、彼や家族と意見が合わない【40代のエロスとヘルス 神崎恵×小田切ヒロ 大人のカウンセリング室】

自分もみんなも満足、な結婚式の形って? 迷える女性のお悩みに、神崎さんが優しく寄り添ってアドバイス!

 

神崎 恵さんと小田切ヒロさん、人気のビューティストおふたりが、毎号交代で読者のお悩みに回答する、「大人のカウンセリング室」。今月はウェブonlyで登場です。結婚式のあり方に悩む女性からの相談に、神崎さんはどう答える?


お悩み:「“大人婚”の正解がわかりません」

 2年間お付き合いしてきた3歳年下の彼と、年末に結婚することになりました。40歳を前に、彼もなかなかプロポーズしてくれないし、私、独身のままなのかしら……とかなり悶々としていたので、素直にうれしいです! なのですが、その結婚式をめぐって、彼や両親との意見が合わず、困っています。私としては、親しい人だけをお呼びして、レストランなどで行うコンパクトでシンプルなパーティを希望しています。けれども、彼も双方の両親も、「せっかくだからもっとにぎにぎしく!」と、ホテルでの華やかな式を望んでいて。でも、正直に言いますと、もうそんなに若くもない花嫁の私が、大勢の前で何着もドレスを着替えたりして、“浮かれた感じ”をバンバン出すのはちょっと恥ずかしい……。なので理想は「大人っぽい、さりげなくおしゃれな結婚式」なのですが、一方で、結婚を喜んでくれて、はりきっている彼や両親の期待(?)に応えてあげたい気もして、自分でももう、どうしたいのか、どうしたらいいのかわからなくなってきました。「大人婚」の正しい姿って、いったいどんなものなんでしょうか? せっかくの一生に一度しかない、自分が一番キレイでいられるであろう日、絶対に後悔したくありません。(39歳・会社員・未婚<結婚予定>・子供なし)

回答者はこの人! 神崎 恵さん

回答者はこの人! 神崎 恵さん

美容家。アトリエ「mnuit」主宰。大人ならではの美しさはアラフォーの憧れ。最新刊である『服が似合う顔が欲しい』など著書も多数。

■神崎恵さんの回答:お互いに歩み寄ることを何よりも優先させて

  結婚式についてもめないカップルはいません(笑)! 実は私、ブライダルプロデューサーになる勉強をしていたことがあるのですが、見ていると、実際、皆さん意見が食い違う。男と女だし、そもそも違う生き物だし……。そのうえ今は男性にも、「こうしたい!」とやりたいこといっぱいの花嫁マインドの人が多いのでむずかしい(笑)。準備をうまく進めるには、着地点を探って、お互いに歩み寄ることが大切です。

結婚式はふたりのためのもの。とはいえ、いろんな人が納得して、「よかった」と思ってくれたほうがいいのも確か。そう考えると、あまり意地を張りすぎないほうがいいのかもしれません。例えば彼やご両親の希望を聞いて、受け入れられるものだけを受け入れるというやり方もあります。でも、無理をしたり、自分を押し殺して、我慢したりするのはダメ。“新郎新婦入場”をしない、お色直しをしないなど、イヤだと思うことは避けてもOK。まわりの希望を聞きすぎるとワケがわからなくなるので、あらかじめ「ホテルで披露宴をするから、内容に関してはまかせてほしい」と言っておくのも手です。

ただこのかたは、「若くないし、恥ずかしい」と言っていますが、「恥ずかしい」と思う必要は全然ないと思います! 年齢は関係ありません。世の中には60代や70代で結婚式をあげるかたもいるし、それは素敵なこと。また、型どおりにしていても、見せ方しだいで派手にしない方法はあります。ヴィンテージっぽい、アイボリーがかったカラーのウェディングドレスを選ぶというのもそのひとつ。ドラマの『セックス・アンド・ザ・シティ』で主人公のキャリーもヴィンテージのドレスを着ていましたよね。私も100年前のヴィンテージドレスを選択しましたが、とてもよかった。今はドレスも自由ですし、いろいろなスタイルがありますから。それから式場のお花のチョイスを変えるだけでも、大人っぽい雰囲気にすることはできます。式場をクラシックなホテルにするのもいいでしょう。ちなみに、準備はドレス選びから始めると、ウキッとした気持ちになるからおすすめです。

こうして準備をしていると、最初はお色直しをしたくないと思っていたのに、「やっぱりいいかも」と考えが変わってきたりもします。それに人の目を気にした人が、式が始まると楽しくなって、人目が気にならなくなることも案外多いそう。その意味でも、私も個人的にはお色直しはしたほうが楽しいと思います(笑)!

そして結婚式で大事なのは、人の目ではなく、ふたりで折り合うこと。式の準備は、わかり合うためのチャンスです。意見が合わなくてあたりまえ。一番初めの共同作業として、頑張ってほしいですね。大人婚の正解は、「自分らしく自由に」。今まで築いてきた、大人ならではの価値観があるからこそ、心に残る式をつくることができるのです。

■美の処方箋:ドレスを着た、美しい自分の姿をイメージしながらデコルテケアを!

〜 ゲランのネック&デコルテクリーム  〜

「ドレスを着る時、自信をもってデコルテを出せるよう、高機能な専用クリームで気分を高めてみては」。蘭由来のエイジングケア成分のパワーで、デコルテと首のシワを防ぎ、なめらかに。
【用法】
結婚式まで毎日朝晩
オーキデ アンペリアル ザ ネック&デコルテ クリーム 75㎖¥46,000/ゲラン
オーキデ アンペリアル ザ ネック&デコルテ クリーム 75㎖¥46,000/ゲラン
【WEBオリジナル】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking