在宅勤務のオンライン会議、リモートワークにほどよくきちんと見えする仕事コーデのまとめ|40代ファッション

家や近所で仕事をするとなるとルーズなスタイルになりがちですが、オンオフの切り替えのためにも快適かつきちんと感のある服装を心がけたいですね。オンライン会議に映えるシャツ&ブラウスコーデなど、40代におススメのほどよいきちんと感のある仕事コーデをご紹介!

①オンライン会議に映えるシャツ&ブラウスコーデ

■グリーンのシャツ×グレーのパンツコーデ

■グリーンのシャツ×グレーのパンツコーデ
シャツのボタンを上まできちんと留めて生真面&端正な仕事コーデ。トレンドのグリーンは新鮮でセンスよく見えること間違いなし。淡いグレーパンツとトーンを揃えることですらりとした脚長効果が期待できそう! 

シャツ¥26,000/サザビーリーグ(エキップモン) パンツ¥11,000/プラステ(プラステ) バレエシューズ¥31,000/エストネーション(チェンバー) トートバッグ¥67,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) メガネ¥40,000/アイヴァンPR(アイヴァン)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■シルクのボウタイブラウス×イエローのタイトスカートコーデ

■シルクのボウタイブラウス×イエローのタイトスカートコーデ
シルク素材のとろみブラウスはボウタイタイプで顔まわりが華やかに。品のあるベージュカラーとミルキーなイエローの配色が新鮮! センス抜群の仕事コーデでリモートワークも気分を上げて。

スカート¥18,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ブラウス¥29,000/サード マガジン(サードマガジン) バッグ¥19,000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) イヤリング¥10,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ドミニク ドゥヌーヴ)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小泉里子 取材・文/伊藤真知

■ライトグリーンのノースリーブとタイトスカートのセットアップコーデ

■ライトグリーンのノースリーブとタイトスカートのセットアップコーデ
さわやかなライトグリーンがフレッシュでさわやかな印象。ややクラシックなボウタイデザインとタイトスカートでレディ度も上がる!

ブラウス¥24,000・スカー ト¥26,000/ブルーバード ブルバー ド ジャケット¥26,000/ロンハー マン(ラングラー フォー ロンハー マン) イヤリング¥8,000/ココシ ュニック オンキッチュ 有楽町マル イ店(マージョリー・ベア) バッグ ¥60,000/アマン(ザネラート) パ ンプス¥68,000/スティーブン アラ ン トーキョー(マルティニアーノ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/黒沼 論( aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/池田メグミ モデル/牧野紗弥 取材・文/塚田有紀子
 

■深いネイビーのギャザーブラウス×ライトグレーのパンツコーデ

■深いネイビーのギャザーブラウス×ライトグレーのパンツコーデ
細かいギャザーが寄った表情のあるシフォン生地で、一枚でも華やか&女らしく決まるブラウス。たっぷりとしたボリューム袖とふんわりとしたシルエットがフェミニンなデザインも、ネイビーを選べば甘すぎず、シックな表情に。

ブラウス¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ウーア) パンツ¥28,000/ロンハーマン ネックレス¥25,000/essence of ANAYI(ラダ) バッグ¥42,000/レリタージュ マルティニーク(カパフ) インナー/私物
【Marisol3月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

■バルーンスリーブの白ブラウス×ネイビーのパンツコーデ

■バルーンスリーブの白ブラウス×ネイビーのパンツコーデ
すっきり細身の身頃に、ボリュームのあるバルーン袖がドラマティックな一枚。よけいな装飾がなく、ハリのある素材を生かしたフォルムだけで女らしさを表現。パリッと明るい白の力も着映えにひと役買ってくれる。肉感を拾いにくい素材なので、背中や二の腕など気になる部分をさりげなくカバーしてくれるメリットも。

ブラウス¥38,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) パンツ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) ピアス¥83,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
【Marisol3月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

■リネンのノースリーブブラウス×スカートのセットアップコーデ

■リネンのノースリーブブラウス×スカートのセットアップコーデ
涼しげなリネン素材のノースリーブはカジュアルになりすぎない上品シルエット。シンプルなセットアップでもトレンドのオレンジ系のベージュなら一気に今年らしく。

ブラウス¥24,000 ・スカート¥34,000/リンク・セオ リー・ジャパン(セオリーリュクス)  サングラス¥19,000/RHC ロンハー マン( RHC) ネックレス¥120,000/ エストネーション(ミズキ) バング ル¥150,000/フラッパーズ(シンパ シー オブ ソウル スタイル) バッ グ¥19,000/マスターピースショー ルーム(サイ) 靴¥17,000/アンテ ィット(マウロ デ バーリ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/黒沼 論( aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/池田メグミ モデル/牧野紗弥 取材・文/塚田有紀子

■ライトブルーのバンドカラーブラウス×黒パンツコーデ

■ライトブルーのバンドカラーブラウス×黒パンツコーデ
今年こそトライしたいチュニック丈のバンドカラーブラウスリラックス感ときちんと感のバランスが◎。自宅洗いもできてシワになりにくい素材なので、お手入れもラクチン! 

ブラウスビット¥16,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) スリッパ¥24,000/SHOP Marisol(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥40,500/CPRトウキョウ(アニタ ビラルディ) バングル¥38,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/来家祐介(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/渡辺佳子  取材・文/発田美穂

■スクエアネックのブラウス×ワイドパンツコーデ

■スクエアネックのブラウス×ワイドパンツコーデ
デコルテがきれいに見えるスクエアネックのブラウスは優しいカラーで女っぷり満載。web会議にも映えそう! ダスティピンクの絶妙な発色とリネンの風合いがマッチしたワイドパンツとトーンをつなげた配色できれいにまとめて。

パンツ¥42,000/ebure ブラウス¥15,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) ピアス¥69,000/エスケーパーズ(ソフィー  ブハイ) バッグ¥165,000/ジミー チュウ サングラス¥43,000(プリズム)・バングル¥180,000(アリアナ ブサードライフォル)/ザ ストア バイ シー 代官山店 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

■淡いブルーのボリュームブラウス×ベージュのセミワイドパンツコーデ

■ライトブルーのボリュームブラウス×ベージュのセミワイドパンツコーデ
ニュアンスが簡単に生まれるボリューム袖のブラウスは、上品な透け感素材が今季らしく女っぷりが上がるアイテム。今季注目の配色、淡いブルー×ベージュで親しみやすいきちんと感を演出。

ブラウス¥14,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ) バッグ【RAISIN LARGE STRAP】¥64,000/SHOP Marisol(エレメ) メガネ/スタイリスト私物
【Marisol 5月号2020年掲載】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/猪股真衣子(TRON) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂

②ほどよくきちんと見えするカーディガン&ニット活用コーデ

■肩がけカーディガン×白Tシャツ×ネイビーパンツコーデ

■肩がけカーディガン×白Tシャツ×ネイビーパンツコーデ
Tシャツとのパンツのワンツーコーデもツヤ素材で上品に。パンツはウエストのタックが立体的なフォルムを作り、気になるおなかまわりをカバーしてくれるのもうれしいポイント。手抜きに見えがちなTシャツコーデはカーディガンを肩がけするとおしゃれ感がアップ。

パンツ¥14,000(エムセブンデイズ) 巾着ショルダーバッグ(Small) ¥23,000(マルコ マージ)・ウイングチップシューズ¥31, 000(ペルティーニ)/SHOP Marisol Tシャツ・カーディガン/私物
【Marisol 6・7月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子  モデル/阪井まどか 取材・文/発田美穂

■グレイッシュブルーのカーディガン×スカートコーデ

■グレイッシュブルーのカーディガン×スカートコーデ
艶のあるライトベージュのスカートと、グレイッシュブルーのニット。リラックス感のあるニットも、艶&マットの異素材ミックスでほっこりしないきれいめ仕事コーデに。

スカート¥36,000(4月下旬以降展開予定)/インターリブ(サクラ) カーディガン¥32,000/ebure Tシャツ¥10,000/ANAYI(アナイ) バッグ¥198,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(J&M デヴィッドソン) フラットシューズ¥76,000/ジミー チュウ ピアス¥6,000/ロンハーマン(タスコシルバー) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈

■肩がけカーディガン×Tシャツ×パンツコーデ

■肩がけカーディガン×Tシャツ×パンツコーデ
カーキほど辛すぎず、淡色でも落ち着きのあるダスティグリーンはグレーや黒との相性が抜群。Tシャツでもお仕事仕様に! カーディガンを肩がけし、細すぎないスラックタイプのパンツを合わせればほどよいきちんとコーデが完成。

Tシャツ¥8,000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) カーディガン¥19,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) パンツ¥27,000/アンタイトル エッセンシャルクルー(アンタイトル エッセンシャルクルー) ジャケット¥22,000/ストラ(ストラ) バッグ¥44,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3,600・バングル¥8,000/ジューシーロック(ジューシーロック)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小泉里子 取材・文/伊藤真知

■きれい色のツインニット×白スカートコーデ

■きれいいろのツインニット×白スカートコーデ
今シーズン、完全復活したツインニット。セットできちんと着ても、カーディガンを肩巻きしてカジュアルにしても◎。きれい色カラーで元気が出そうな仕事コーデ。

カーディガン¥21,000・半袖ニット¥17,000(マルティニーク) スカート¥23,000(マルティニーク)・パンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol イヤリング¥12,000(ルーカス ジャック)・ネックレス¥18,000(ローラ ロンバルディ)・バングル¥17,000(フィリップ オーディベール)・バッグ¥25,000(ジャンニ ノタロ)/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店
【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 取材・文/発田美穂

■肩がけニット×白シャツ×スカートコーデ

■肩がけニット×白シャツ×スカートコーデ
シンプルなシャツスタイルにグレースカートで真面目な仕事コーデ。そこにニットを肩がけすることで、おしゃれ感と親しみやすさをプラス。これからの季節は冷房対策にも!

シャツ¥29,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥54,000/マディソンブルー バッグ¥16,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ピアス¥38,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ペールトーンのピンクアンサンブルニット×スカートコーデ

■ペールトーンのピンクアンサンブルニット×スカートコーデ
夏まで快適に着られる清涼感のある糸を使用したアンサンブルニット。ペールトーンのピンクが顔まわりを華やかに演出。ライトグレーのスカートを合わせてトレンドを意識しつつ品よくまとめて。

5分袖ニット¥8,000 カーディガン¥13,000(エムセブンデイズ) マキシ丈裾ボリュームスカート¥18,000(エムセブンデイズ)・バッグ【ジョリーリザード(M)】¥41,000(トフ&ロードストーン)・選べるワイズパンプス【MILLY】¥28,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物
【Marisol 5月号2020年掲載】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/猪股真衣子(TRON) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂

■白のアンサンブルニット×ベージュのワイドパンツコーデ

■白のアンサンブルニット×ベージュのワイドパンツコーデ
ビッグシルエットのロングカーディガンのアンサンブルに艶のあるタック入りワイドパンツを合わせたリラクシーな仕事コーデ。白のアンサンブルはきちんと感と清潔感がかなう仕事コーデの強い味方。

カーディガン ¥51,000・半袖ニット¥38,000/マディソンブルー  パンツ¥39,000/SANYO SHOKAI(エポカ) メガネ¥ 31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッ グ¥170,000/ピエール アルディ 東京(ピエール ア ルディ) 靴 ¥52,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

③リラックストップスでつくる在宅勤務コーデ

■薄手の白ニット×グリーンのワイドパンツコーデ

■薄手の白ニット×グリーンのワイドパンツコーデ
web会議の多い日は白トップスで顔映えを意識して。少し内側に入った肩とアームで華奢みえ効果を期待できるコンパクトデザインのニットはワイドパンツと好相性。ボートネックで首もともきれいに見える。

ニット¥14,000・ワイドパンツ¥17,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) ジャケット¥17,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ネックレス¥20,500(ジェンマアルス)・パールつきネックレス¥12,000(アルス)/ジェンマ アルス 靴¥52,000/アマン(ペリーコ) バッグ/スタイリスト私物
撮影/来家祐介(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/渡辺佳子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■サテン素材のネイビートップス×ライトブラウンのスカートコーデ

■サテン素材のネイビートップス×ライトブラウンのスカートコーデ
体のラインを拾わないワイドシルエットで、袖は気になる二の腕をさりげなく隠すフレンチスリーブ。ゆったりシルエットでもネイビーならきちんと見えし、サテン素材のツヤが初夏の仕事コーデに女らしさを添えてくれる。

トップス¥13,000(エムセブンデイズ)/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) スカート・バッグ/スタイリスト私物
【Marisol 6・7月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子  モデル/阪井まどか 取材・文/発田美穂

■ブラウンのサテントップス×パンツのセットアップ

■ブラウンのサテントップス×パンツのセットアップ
華やかさとトレンド感が両立した大人ブラウンのセットアップは着るだけでこなれ感抜群の仕事コーデに。サラサラとした涼しく快適な着心地で、自宅で手洗い可能なので重宝間違いなし!

トップス¥13,000・パンツ¥14,000(エムセブンデイズ) トートバッグ¥52,000(ア ヴァケーション)・ アンクルストラップサンダル¥43, 000(ネブローニ)/SHOP Marisol
【Marisol 6・7月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子  モデル/阪井まどか 取材・文/発田美穂

■ボリュームスリーブのニット×カーゴパンツコーデ

■ボリュームスリーブのニット×カーゴパンツコーデ
身頃はシンプルなリブニットで、袖口はしなやかな素材をギャザーで寄せリボン結びするデザイン。ボリューム袖がweb会議にも映えそう。ボトムは辛口のカーゴパンツで甘くなりすぎない大人コーデに。

ニット¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ  マルティニーク) パンツ¥26,000/ティッカ(ティッカ) ピアス¥125,000(シリル)・ブレスレット¥189,200(ハム)/エスケーパーズ バッグ¥32,000/オルサ(オルセット) 靴¥91,000/ジャンヴィト  ロッシ ジャパン(ジャンヴィト  ロッシ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking