理想をかなえる大人のためのスカートコーデまとめ|40代夏ファッション

楽して着映え、おしゃれ見え、細見え……アラフォー女性のなりたい願望をかなえる初夏のスカートコーデをご紹介!

①楽ちんなのに着映えするプリーツスカートコーデ

■ブルゾン×ニュアンスグリーンのプリーツスカートコーデ

■ブルゾン×ニュアンスグリーンのプリーツスカートコーデ
着こなしに奥行きとリズムを。ワントーンで悩まないプリーツは縦に落ちる揺れ感やツヤのあるニュアンスグリーンが絶妙。マットなコットンのブルゾンで素材にコントラストを。

スカー ト¥24,000/ウィム ガゼット青山店(ウ ィム ガゼット) ブルゾン¥98,000(ア ンスクリア)・バングル¥16,000(アン セム フォー ザ センセズ)/アマン  カットソー¥8,900/ドレステリア 新 宿店(ドレステリア) ネックレス¥40, 000/ドゥロワー 丸の内店(グーセンス パリ) バッグ ¥160,000/エリオポ ール代官山(ザンケッティ) 靴¥100,0 00/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

■スウェットパーカ×イエローのプリーツスカートコーデ

■スウェットパーカ×イエローのプリーツスカートコーデ
小気味よく、すっきりと。フーディとのイージーカジュアル。肌なじみのいいイエローが大人の選択。軽やかでしなやかなプリーツとウエストゴムの快適さに甘えつつ、見た目はあくまで女らしく。

スカート¥24,000 /RHC ロンハーマン(RHC) スウェット¥16,000/ エストネーション(エストネーション) サングラス ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥12,000/ゲストリスト(ソコ/ハウン ト代官山) バッグ¥19,000(アルテサーノ)・靴¥35, 000(イル サンダロ オブ カプリ)/アマン

■サマーニット×ネイビーのプリーツスカートコーデ

■サマーニット×ネイビーのプリーツスカートコーデ
ざっくりローゲージニットと大人の余裕を醸して。ゆるやかなⅠラインを描く長め丈ニットと、美しい落ち感のシアーなプリーツのバランスは鉄板。パンプスでよりきれいめに。

スカート¥21,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) プルオーバー¥18,000/ウィム ガマ タカユキ) ピアス¥11,000 /エリオポール代官山(ドミニク ドゥネーヴ ビジ ュー) バッグ ¥47,000・靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳( PEACE MONKEY) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子

■白ニット×シルバーのプリーツスカートコーデ

■白ニット×シルバーのプリーツスカートコーデ
白トップス、スニーカー、サングラスとスポーティなアイテムを合わせても、シルバープリーツの華やかさがでよそゆきに仕上がる。

スカート¥78,000・ニット¥22,000/アングローバル(イレーヴ) ジャケット¥48,000/ブランドニュース(カレンテージ) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥25,000/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥22,000/サード  マガジン(ニナ&ジュールズ) バッグ¥82,000/ジミー チュウ 靴¥62,000/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/小泉里子 

■ライトベージュのパーカ×プリーツスカートコーデ

■ライトベージュ×プリーツスカートコーデ
カジュアルに装う日のワントーン。 ぼんやり見えないように、クリアな白やスポーティな小物の力を借りて。トレンドのビッグフーディにはプリーツスカートのしなやかさを加えるのが大人の選択。

パーカ¥25,000・スカート¥30,000(と もにアストラット)・靴¥40,000(アン アワー アンド ア シャワー)/アストラット 新宿店(アストラット) タンクトップ¥8,900/エイトン青山(エイトン) サングラス¥54,000/マイキータ ジャパン(マ イキータ) ピアス¥4,391/アビステ バッグ¥39,0 00/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

■ライトブラウンのTシャツ×ベージュのプリーツスカートコーデ

■ライトブラウンのTシャツ×ベージュのプリーツスカートコーデ
ほんのりリッチ感のあるベージュのレザープリーツスカートをメインに、トップスもベージュでまとめたワントーンコーデ。夏らしく足もとやデコルテに白アイテムを取り入れて爽やかさをプラス。

Tシャツ¥14,000・スカート¥98,000/ebure ストール¥25,000/アパルトモン  神戸店(メゾン ド バカンス) ネックレス¥9,819/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥17,000/ナノ・ユニバース(MAURO de BARI)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ネイビーブラウス×ベージュのプリーツスカートコーデ

■ネイビーブラウス×ベージュのプリーツスカートコーデ
二の腕部分をさりげなくカバーする絶妙な袖丈感のブラウスに、プリーツスカートを合わせて。きちんと感と女っぷりを兼ねたオフィスコーデが完成。

ブラウス¥12,000(エムセブンデイズ)・スカート¥18,000(マイカ&ディール)・バッグ【SOPHIA BUCKET】(チェーンつき)¥37,000(ジャンニ  キアリーニ)・パンプス¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


■黒ニット×シルバーのプリーツスカート×レギンスコーデ

■黒ニット×シルバーのプリーツスカート×レギンスコーデ
シルバーのプリーツスカートを黒ニットとレギンスでクールにカッコよくコーディネート。黒合わせでも、シルバースカートの素材感で地味にならずモードな雰囲気に。

スカート¥78,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥22,000/アングローバル(イレーヴ) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス(上)¥50,000/ステディ スタディ(トムウッド) ネックレス(中)¥9,000・(下)¥11,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥165,000・靴¥92,000/ジミー チュウ
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/小泉里子 

②はくだけで女っぽく仕上がるボリュームスカート

■ドット柄ブラウス×リネンのボリュームスカートコーデ

■ドット柄ブラウス×リネンのボリュームスカートコーデ
シーンやテイストを選ばず、さまざまな着こなしが楽しめるブラウンのリネンスカート。立体的なラインはどの角度から見てもきれい。ブラウスを合わせるだけでコーディネートが楽に決まる。

スカート¥63,000/ebure ブラウス¥20,000/ヴェル メイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメ イユ パー イエナ) ピアス¥24,000・ リング¥42,000/ブランイリス エスト ネーション六本木ヒルズ店(ブランイ リス) バッグ¥82,000/ジミー チュ ウ 靴¥79,000/ピエール アルディ   東京(ピエール アルディ) インに着たキャミソール/スタイリスト私物
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳( PEACE MONKEY) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子

■Tシャツ×肩がけニット×シルクのボリュームスカートコーデ

■Tシャツ×肩がけニット×シルクのボリュームスカートコーデ
ふわふわ感がたまらなくカワイイ!シルクタフタを2枚重ねた、とびきり贅沢なフレアスカート。ドラマティックなスカートは思いっきりカジュアルに。ラフなロゴTと肩がけニットで、日常に落とし込んで。

スカート¥98,000/ebure Tシャツ¥18,000 /サザビーリーグ(ユニオンランチ) 肩に かけたニット¥39,000/エイトン青山(エイ トン) サングラス¥34,000/オプティカル テーラー クレイドル 青山店(クリスチャ ン ロス) バッグ ¥40,000(ダンスレンテ)・ 靴¥43,000(ネブローニ)/TOMORROWLAND
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭( aosora/人物) 佐藤 彩(物)  ヘア/左右田実樹  メイク/AIKO ONO (angle) スタイリスト/徳原文子  モデル/蛯原友里

■ベージュのテーラードジャケット×イエローのボリュームスカートコーデ

■ベージュのテーラードジャケット×イエローのボリュームスカートコーデ
ベージュのテーラードジャケットにツヤのあるイエロースカートを合わせた華やかな着こなし。あえてリネン混のドライなベージュを選ぶことでコンサバ感が和らぎ、街でも着やすいこなれた印象に。

ジャケット¥49,000/カオス新宿(カオス) Tシャツ¥12,000(エイトン)・靴¥43,000(ネブローニ)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 スカート¥79,000/コロネット(フォルテ フォルテ) ネックレス¥39,000(マラ エムシーエス)・バッグ¥115,000(ザンケッティ)/アパルトモン 神戸店

■黒ニット×黒カーディガン×白のボリュームスカートコーデ

■黒ニット×黒カーディガン×白のボリュームスカートコーデ
シャープすぎない、リラックス感のある白黒コーデが今年は気分。黒のロングカーデと白のスカートでリラックス感たっぷりに。配色自体にかっこよさがあるので、多少ゆるめ、甘めにつくっても品よく決まるのが白&黒コーデの魅力。適度に肌を見せて軽やかさを出したのもポイント。

カーディガン¥36,000・スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥18,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) ネックレス¥27,000/アダワットトゥアレグ バッグ¥46,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥52,000/ウィム ガゼット青山店(ペリーコ)

■シルクTシャツ×アイシーグレーのボリュームスカートコーデ

■シルクTシャツ×アイシーグレーのボリュームスカートコーデ
ボリューミーでもドラマティックになりすぎない、ほんのり透け感のあるアイシーグレーのスカートを主役に。ビビッドな赤をきかせてもコントラストがつきすぎず、上品で落ち着いた印象にまとまる。

シルクTシャツ¥19,000/TOMORROWLAND(サヤカデイビスフォートゥモローランド) カーディガン¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) スカート¥98,000/ebure ピアス¥25,000/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥22,000/サード マガジン(ニナ&ジュールズ) バッグ¥33,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥58,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(チャーチ)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

③おしゃれ見えするツヤ素材のフレアスカートコーデ

■ライトなラベンダー色のTシャツ×白のツヤスカートコーデ

■ライトなラベンダー色のTシャツ×白のツヤスカートコーデ
ラベンダー色×ベージュ、甘め配色もTシャツでつくればこなれて見えてくる! トップスをラフなTシャツにすることで一気にあかぬけ感とやる気がみなぎる。とろみのあるスカートと麻混のざらっとしたTシャツの質感のギャップもしゃれた感じに。

Tシャツ¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) スカート¥34,000/ADORE(アドーア) カーディガン¥31,000/スローン チョーカー¥330,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バングル¥30,000/アビステ バッグ¥40,000/TOMORROWLAND(ダンスレンテ) 靴¥14,000/フラッパーズ(ラオコーンテ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ブラウンシャツ×オレンジのツヤスカートコーデ

■ブラウンシャツ×オレンジのツヤスカートコーデ
ツヤ感のあるビビッドなオレンジを、ドライな質感のブラウンで落ち着かせて大人っぽく仕上げて。レオパード柄のバッグで遊び心も加味。

シャツ¥29,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(ザ ストア バイ シー) スカート¥22,000(ヴェルメイユ パーイエナ)・靴¥18,000(エーエメリー)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 イヤリング¥5,891/アビステ バングル¥86,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マニプリ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ノースリーブのニット×ブルーサテンのツヤスカートコーデ

■ノースリーブのニット×ブルーサテンのツヤスカートコーデ
発色のいいブルーサテンのツヤ素材で夏の日常を表情豊かにドレスアップ。シンプルなニットでそぎ落としつつ、夏ならではの小物を盛って。

スカート¥8,900/ ノーク(ノーク) ニット¥21,000/ス ローン スカーフ¥16,000(マニプリ) ・バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ ピ アス¥11,800/シップス 有楽町店(オンブル クレール) ストール¥27,000 /カオス新宿(アソースメレ) バッグ ¥124,000/ジミー チュウ 靴¥28,000 /アマン(イル サンダロ オブ カプリ) 
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳( PEACE MONKEY) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子

■リネンジャケット×ブラウンのツヤスカートコーデ

■リネンジャケット×ブラウンのツヤスカートコーデ
リネン素材とツヤ素材の異素材ミックスコーデ。小物はブラックでシックにまとめつつ、ゴールドのネックレスで渋い色を地味に見せない工夫を忘れずに。

ジャケット¥78,000/マディソンブルー カットソー¥9,500/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(エーティエム) スカート¥28,000(オズマ)・靴¥154,000(ジュゼッペ ザノッティ)/アパルトモン 神戸店 コインネックレス¥57,000/ステディ スタディ(トムウッド) ゴールドネックレス¥43,000/ウィム ガゼット青山店(ローレン スチュワート) バッグ¥108,000/カオス新宿(ザンケッティ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■サマーニット×オフホワイトのツヤスカートコーデ

■サマーニット×オフホワイトのツヤスカートコーデ
スカートの素材は風合いのあるローシルク。あえてスニーカーとサマーニットのラフな質感を生かして、都会的なカジュアルを目ざして。

スカート¥36,000 /アングローバル(イレーヴ) ニット ¥16,000/エイチ ビューティ&ユース (エイチ ビューティ&ユース) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイ ヴァン) ピアス¥52,000/アパルトモ ン 神戸店(アグメス) バッグ¥429,000/モワナ 伊勢丹新宿ブティック(モワナ) 靴¥85,000/ピエール アルディ東京(ピエール アルディ
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/秋山 瞳( PEACE MONKEY) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子

④ヘルシー見えがかなうハリ感素材のフレアスカートコーデ

■ブルーのニット×グリーンのハリ感スカートコーデ

■ブルーのニット×グリーンのハリ感スカートコーデ
鮮やかなブルー×グリーンのトレンド配色ならニット&スカートのワンツーコーデも洗練された印象に。きれいめなフェミニンスタイルにパイソン柄のサンダルを合わせるだけでピリッと洗練される。

靴( 8 )¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ニット¥20,000/RHC ロンハーマン(アウターノウン) シルクリネンスカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥145,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) ピアス¥11,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(レヴェンス) バングル¥16,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ミルキーオレンジのニット×白のハリ感スカートコーデ

■ミルキーオレンジのニット×白のハリ感スカートコーデ
ビビッドすぎないミルキーなオレンジで明るくハッピーに! 今シーズン、大人におすすめしたいのがこんなコーラル寄りのオレンジ。赤ほど派手すぎず、ピンクほど甘すぎず、ヘルシーな女らしさを演出してくれる。きれい色が一点あるだけで、シンプルなワンツーコーデもほら、こんなに今年らしく。

ニット¥23,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥45,000/マディソンブルー サングラス¥40,000/アヤメ ストール¥27,500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アソース メレ) バッグ¥49,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴¥81,000/ドゥロワー 六本木店(ジャンヴィト・ロッシ)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

■ブラウンTシャツ×ベージュのハリ感スカートコーデ

■ブラウンTシャツ×ベージュのハリ感スカートコーデ
ベージュ&ブラウンの旬なグラデーションコーデ。スカートはレザーパイピングがきいたキャンバス素材。ブラウンがこっくりしているぶん、合わせるアイテムや小物は軽やかな素材を選んで初夏らしさを感じさせて。

Tシャツ¥9,000(レミ レリーフ)・バッグ¥98,000(ザンケッティ)/アパルトモン 神戸店 カーディガン¥17,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド) スカート¥45,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) バングル¥86,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ピアス¥8,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ネイビーTシャツ×ライトブルーのハリ感スカートコーデ

■ネイビーTシャツ×ライトブルーのハリ感スカートコーデ
ネイビ~ライトブルーの爽快感のあるグラデーションが初夏のお仕事コーデにぴったり。肩がけしたカーディガンと靴の白でさらにさわやかさを足し、シルバー小物でツヤをプラス。女っぽいのに甘すぎず清潔感もあるコーデが完成。

Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥1,990/ユニクロ スカート¥24,000/ル フィル(ル フィル) メガネ¥39,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥49,000/エイチ ビューティ&ユース(ジャック ソロヴィエール)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

⑤細見えタイトスカートコーデ

■白ニット×ネイビーのタイトスカートコーデ

■白ニット×ネイビーのタイトスカートコーデ
タイトシルエットでも着心地がいい素材なので長時間はいても疲れ知らず。シンプルな白ニットを合わせてきちんと感のある通勤コーデに。 

スカート¥15,000(エムセブンデイズ)・バッグ¥35,000(トフ&ロードストーン)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000/SHOP Marisol(ファビオ ルスコーニ) ニット・メガネ/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■Vネックの白ニット×スエードのタイトスカートコーデ

■Vネックの白ニット×スエードのタイトスカートコーデ
これから出番が増えるざっくりVあきのニットとスエードタイトスカート。分量多めの着映える白はベージュ合わせだと浮かないのもいい。素肌やシルバーアクセサリーもカギに。色合わせのセンスがものを言う日常のフレンチシンプル。

ニット¥21,000/ル フィル(ル フィル) スカート¥35,000/ウ ィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ネックレス¥24,000(ファリス)・バングル¥16,000(フィリッ プ・オーディベール)/マルティニーク ルコント   ルミネ有楽町店 バッグ¥120,000/ドレステリア 新宿店(エバゴス) 靴¥6,500/コンバースインフォ メーションセンター(コンバース)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子 

■ライトグリーンのブラウス×ライトグリーンのタイトスカートコーデ

■ライトグリーンのブラウス×ライトグリーンのタイトスカートコーデ
トレンドのきれい色の揺れるボウタイブラウスに同素材のタイトスカートでレディ度高めの着こなしに。足元はあえてノーヒールで今っぽさを。

ブラウス¥24,000・スカート¥26,000/ブルーバード ブルバード ジャケット¥26,000/ロンハーマン(ラングラー フォー ロンハーマン) イヤリング¥8,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥60,000/アマン(ザネラート) パンプス¥68,000/スティーブン アラン トーキョー(マルティニアーノ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼あわせて読みたい

  • アラフォーのための「きれい色」のトリセツ<今どきの色選びと楽しみ方>

    幼く見えそう、イタくなりそう……"大人"を理由にしばらく遠ざかっていたきれい色がこんなにも街にあふれ、欠かすことのできないトレンドとなった今年こそは、アラフォーも本腰を入れてマスターしたいところ。もはや「きかせる」だけではない今どきの色選びと楽しみ方の中から、40代がリアルに使える流行だけをピックアップ。

What's New

Read More

Feature

Ranking