アラフォーの味方・パンツはツヤ素材を選んで女らしく華やかに!|40代ファッション

安心感のあるパンツは、アラフォーにとって欠かせないアイテム。その安心感はそのままに、パンツをもっと女らしく着こなしたいときはツヤ素材を選んで! ツヤがあるだけでグッと女っぽく、華やかにキマります。シーンに合わせたツヤパンツの40代最旬コーデ実例をお届け。

①<お出かけ編>女っぽく華やかにキマるツヤパンツコーデ

■ネイビーのダブルジャケット×白Tシャツ×ワイドシルエットのツヤパンツコーデ

■ネイビーのダブルジャケット×白Tシャツ×ワイドシルエットのツヤパンツコーデ
スポーティなナイロン素材のツヤパンツは真逆のテイストのジャケットと合わせてかっちりコーデに。ジャケットのネイビーと白カットソーを合わせて、テイストも配色もメリハリのある着こなしに。一見スカートにも見えるボリュームシルエットながら、ナイロン独特の風合いとツヤ感で軽やかにはける一本。

パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ジャケット¥66,000・カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥24,000・ネックレス¥62,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥165,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

■トレンチコート×白シャツ×肩がけニット×ブラウンのツヤパンツコーデ

■トレンチコート×白シャツ×肩がけニット×ブラウンのツヤパンツコーデ
玉虫っぽい光沢ブラウンのパンツに合わせたのはトラッドの王道、ベージュのトレンチと白シャツ。普通のコンサバパンツでは得られない、華やかさや今っぽさを演出。華やかなツヤとすっきり細身のシルエットに、ドロストのリラックス感をプラス。

パンツ¥20,000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) トレンチコート¥62,000(リジエール)・シャツ¥22,000(セレナ)・バッグ¥98,000(ザンケッティ)/アパルトモン 神戸店 肩にかけたカーディガン¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(スローン) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(クリスチャン ロス) バングル¥110,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(アリアナ ブサードライフォル) 靴¥58,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

■ニット×グリーンのツヤパンツ×サンダルコーデ

■ニット×グリーンのツヤパンツ×サンダルコーデ
シンプルなニットとパンツのワンツーコーデも、パンツにツヤ感があるだけで品よくキマる。足元はあえてビーチサンダルで抜け感を。都会に映える大人のリラックスコーデ。

パンツ¥16, 000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(マ ージン) ニット¥24,000/カオス新宿(カ オス) 帽子 ¥58,000(ロックアンドコー ハ ッターズ)・靴¥8,000(ティキーズ)/ユナ イテッドアローズ 青山 ウィメンズストア  ピアス¥90,000/ショールーム セッション (マリハ) ネックレス¥45,000/アパルト モン 神戸店(マラ エムシーエス) スカー フ¥43,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マ シア) バッグ ¥73,000/マディソンブルー
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭( aosora/人物) 佐藤 彩(物)  ヘア/左右田実樹  メイク/AIKO ONO (angle) スタイリスト/徳原文子  モデル/蛯原友里

■黒のダブルジャケット×ワイドシルエットのツヤパンツ×パンプスコーデ

■黒のダブルジャケット×ワイドシルエットのツヤパンツ×パンプスコーデ
ワイドシルエットのパンツは、ロングスカート感覚ではけるので着こなしは意外と簡単。トップスはブラックで統一することで、深いパープルを際立たせて。きれいめ、ハンサム、フェミニンの3要素がマッチした大人の女性にぴったりのお出かけコーデ。

パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ジャケット¥36,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ニット¥17,000/エイチ ビューティ&ユース イヤカフ(上)¥125,000・(下)¥139,000/ロンハーマン(ミズキ) バッグ¥124,000・靴¥98,000/ジミー チュウ インナー/スタイリスト私物
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/小泉里子 

②<通勤編>女っぽく華やかににキマるツヤパンツコーデ

■ツヤ感のあるトップス×パンツのセットアップコーデ

■ツヤ感のあるトップス×パンツのセットアップコーデ
ツヤツヤすぎない光沢感とほどよく風合いのあるサテン素材を吟味。トップスインするときれいなドレープが自然に生まれて、スタイルが簡単に決まる。サラサラとした涼しく快適な着心地で、自宅で手洗い可能なので重宝間違いなし!

トップス¥13,000・パンツ¥14,000(エムセブンデイズ) トートバッグ¥52,000(ア ヴァケーション)・ アンクルストラップサンダル¥43, 000(ネブローニ)/SHOP Marisol
【Marisol 6・7月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子  モデル/阪井まどか 取材・文/発田美穂

■シャツワンピース×グリーンのツヤパンツ×パンプスコーデ

■シャツワンピース×グリーンのツヤパンツ×パンプスコーデ
パンツはセンタープレス入りの美脚シルエットに、パジャマパンツ風のディテールをきかせた遊び心満点の一本。コーデのテーマは「レトロクラシック」。宝石のようなグリーンの色とツヤを引き立たせるために、トップスも小物も全部黒でまとめて。ゴールドのアクセサリーでさらに女っぷりと華やかさを高めて。

パンツ¥17,000/TOMORROWLAND シャツワンピース¥140,000(マーティン グラント)・ネックレス¥26,000(ディア レターマン)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 ノースリーブニット¥22,000/アングローバル(イレーヴ) 10連バングル¥160,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥399,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

■白のプルオーバーシャツ×ブラウンのツヤパンツコーデ

■白のプルオーバーシャツ×ブラウンのツヤパンツコーデ
ピリッとモードな雰囲気のツヤパンツとリラックス感のある真っ白なプルオーバータイプのシャツを合わせたお仕事コーデ。小物は白系でまとめることで、親しみやすさのある女性らいい雰囲気に仕上げて。

パンツ¥12,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) シャツ¥19,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ストール¥42,000/ロンハーマン(アソース メレ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥46,000/ル フィル(BALLEN PELLETTIERE) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

③<休日編>女っぽく華やかににキマるツヤパンツコーデ

■ブラウンTシャツ×肩がけニット×ワイドシルエットのツヤパンツ×サンダルコーデ

■ブラウンTシャツ×肩がけニット×ワイドシルエットのツヤパンツ×サンダルコーデ
ディープパープルのツヤパンツに、ブラウンTシャツを合わせたリラックス感のあるカジュアルコーデ。渋い色みとシャカシャカ素材が絶妙なバランス。

パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) Tシャツ¥12,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) 肩にかけたニット¥22,000(アパルトモン)・靴¥11,000(レインボー サンダル)/アパルトモン 神戸店 サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥34,000/カオス新宿(フェイ アンドラダ) バッグ¥46,000/ウィム ガゼット青山店(アヴェニュー セッサンタセッテ)
【Marisol5月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/小泉里子 

■ロングカーディガン×ツヤのあるミリタリーパンツ×サンダルコーデ

■ロングカーディガン×ツヤのあるミリタリーパンツ×サンダルコーデ
カジュアルなミリタリーパンツもアイボリーカラーなら見え方がガラリと変わる。アイボリーのワントーンをベースに、小物で少しずつ色とテイストを足し算してを女らしい雰囲気に仕上げて。すそを絞ったドロストパンツが今また新鮮。

パンツ¥23,000/ティッカ カーディガン¥33,000(ロンハーマン)・カチューシャ¥8,200(ラボラトリオ カプリ)・ネックレス¥250,000(タナーズ インディアン アーツ)・バッグ¥49,000(モダン ウィービング)/ロンハーマン カットソー¥8,000/ebure ピアス¥27,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング) ストール¥25,000/アパルトモン 神戸店(メゾン ド バカンス) バングル¥93,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アグメス) 靴¥49,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol4月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

■グレーのロングカーディガン×タンクトップ×サックスブルーのツヤパンツコーデ

■グレーのロングカーディガン×タンクトップ×サックスブルーのツヤパンツコーデ
ややスモーキーなサックスブルーのパンツには、淡めグレーが好相性。ロングカーディガンとインナーの濃淡で、着こなしにもメリハリをつけて。淡ブルーのパンツが長め丈アウターからチラリと見えるバランスも素敵。足もとのスリッパでほどよい抜け感も。

パンツ¥7,990/プラステ カーディガン¥24,000/TOMORROW LAND(トゥモローランド) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファリス) バッグ¥156,000/ジミー チュウ 靴¥32,000/ベイジュ(ピッピシック)
【Marisol4月号2020年】撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里

■モカブラウンのニット×ワイドシルエットのツヤパンツ×パンプスコーデ

■モカブラウンのニット×ワイドシルエットのツヤパンツ×パンプスコーデ
女っぽくリラクシーなムードが漂う、ツヤ素材のペールオレンジパンツは、温かなモカブラウンニットとトーンをつなげ、大人の優しげ配色が完成。色と素材の上品さがパンツコーデを女らしく格上げしてくれる。

パンツ¥22,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) カーディガン¥27,000・ニット¥21,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥79,000/クラスフォーティーン バッグ¥27,000/ANAYI 靴¥69,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(ネブローニ)
【Marisol4月号2020年】撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里

■白Tシャツ×肩がけニット×ネイビーのツヤパンツコーデ

■白Tシャツ×肩がけニット×ネイビーのツヤパンツコーデ
白Tシャツにネイビーパンツを合わせた王道の清潔感コーデ。地味になりすぎず今年っぽく見えるのは、パンツのツヤ感のおかげ。足元はウィングチップのシューズできちんと感をプラスして、カジュアルになりすぎないように。

Tシャツ¥5,800(ザ シンゾーン) パンツ¥14,000(エムセブンデイズ) 巾着ショルダーバッグ(Small) ¥23,000(マルコ マージ)・ウイングチップシューズ¥31, 000(ペルティーニ)/SHOP Marisol
【Marisol 6・7月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子  モデル/阪井まどか 取材・文/発田美穂

④おしゃれプロおすすめのツヤパンツ3選

おしゃれプロが指名買い! アラフォーを真に素敵に見せるツヤパンツをご紹介!

■ADEAMの黒ツヤワイドパンツ

■ADEAMの黒ツヤワイドパンツ
「サマーウール調の端正な素材感。後ろウエストにギャザー入りで、ワイドでもぐっと女っぽい」(マリソル編集K松推薦)。

パンツ¥65,000/アディアム 東京ミッドタウン店(ADEAM)

■ EPOCAのオフ白ツヤパンツ

■ EPOCAのオフ白ツヤパンツ
「柔らかなドレープ感とオフ白の相乗効果で、ほどよい華やかさがかないます」(マリソル副編集長SGUR推薦)。パンツ¥39,000/SANYO SHOKAI(エポカ)

■UNCRAVEのグリーンサテンパンツ

■UNCRAVEのグリーンサテンパンツ
「センタープレス入りワイドテーパードで、今っぽいリラックス感ときれいめさのバランスが理想的!」(エディター塚田有紀子さん推薦)。パンツ¥13,000/アンクレイヴ 
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT)  スタイリスト/池田メグミ   取材・文/須藤由美

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking