おしゃれな人の足元はみんなペタンコ!40代におすすめのフラットシューズまとめ|2020年夏のトレンド小物

可愛くてラクチンなペタンコ靴は、カジュアルな休日コーデにはもちろん、働くアラフォーの毎日に欠かせないアイテム! 最旬デザインのフラットシューズやサンダルから、おしゃれのプロたちの愛用品までまとめてご紹介します。

 

①夏を乗り切るために買い足したい!ペタンコサンダル

キラキラや鮮やかカラーの主役級サンダルから、カジュアルコーデを引き締める辛口なレザーサンダルまで。この夏のおしゃれを盛り立てるためにプラスしたい、ラクチンでおしゃれなペタンコサンダルを厳選!

【ペリーコのグリッターサンダル】

ペリーコのシルバーグリッターサンダル
マニッシュなスタイルの女っぷりをあげるなら、グリッターサンダルを。さりげないシャイニーなツヤが涼しげな足もとを演出してくれる。

サンダル¥52,000/アマン(ペリーコ)


イル サンダロ オブ カプリのビジューサンダル】

イル サンダロ オブ カプリのビジューサンダル
繊細なきらめきがセンシュアルな魅力をプラスしてくれるビジューサンダル。レーススカートとあわせて直球フェミニンを楽しんでも、デニムやリネンのパンツにあわせてカジュアルコーデに華を添えてもいい。

サンダル¥35,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ) 


レインボー サンダルのレザー製ビーチサンダル

レインボー サンダルのレザー製ビーチサンダル
ベージュ系のワントーンコーデに遊び心をプラスするなら足もとは“ビーサン”にしてみては。レザー素材のビーチサンダルなら、品のよい大人の休日スタイルが完成。

サンダル¥11,000(レインボー サンダル)


ニコラス カークウッドのピンクサンダル

ニコラス カークウッドのピンクサンダル
ヴィヴィッドなピンクに華奢なストラップ、パールをあしらったヒールというフェミニンなサンダルは、まさに主役。ロングスカートの裾からちらりとのぞかせたい。スカートはサンダルと同系色にすると足元だけ浮かずに上品なスタイルに仕上がる。

サンダル ¥84,000/ストラスブルゴ(ニコラス カークウッド)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 【Marisol 8月号 2020年掲載】


コルソローマ ノーヴェのフラットミュール

コルソローマ ノーヴェのフラットミュール
スタイリングしやすい上品なデザインで合わせる服を選ばないフラットミュール。柔らかいレザーで、素足でも肌なじみがよく歩きやすい。

フラットミュールサンダル(ブラウン・サイズ:35~39)¥19,000/コルソローマ ノーヴェ


コルソローマ ノーヴェのストラップサンダル

コルソローマ ノーヴェのストラップサンダル
幅広ストラップが足をしっかりホールドするので歩きやすい。おしゃれと機能性が両立したデザインがシンプルなスタイリングのアクセントに。

クロスバックルサンダル(ベージュ、ブラック・サイズ:35~39)コルソローマ ノーヴェ/¥19,000


マウロ・デ・バーリのフラットサンダル

マウロ・デ・バーリのフラットサンダル
ゴールドのバックルがアクセントになったミニマルなデザインに使いやすいグレージュが復刻。イタリアの熟練した職人が手作業で作る、しなやかな履き心地。

ダブルベルトサンダル(グレージュカーフ・サイズ:35~39)¥15,000/マウロ・デ・バーリ
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・原文/発田美穂【Marisol 5月号 2020年掲載】


ネブローニのブルーサンダル

ネブローニのブルーサンダル
トゥモローランドが別注したネブローニのフラットサンダルは、鮮やかなラピスブルーのスエードに、カジュアルなステッチをアクセントにきかせリゾート感たっぷり。どんなボトムとも合わせやすく、春夏通して活躍。「鮮やかな発色のターコイズはオレンジのネイルと合わせたい。スエード素材とスクエアトゥのバランスもたまらなく好きなんです」とスタイリスト辻 直子さん。

サンダル(高さ 1.5㎝) ¥44,000/TOMORR OWLAND(ネブローニ)
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ【Marisol 4月号 2020年掲載】

 

②スタイリスト&エディターおしゃれプロが買った「フラットシューズ」

 

好みも似合うものも違うスタイリスト&エディターが 「自分らしさ」に添ってこの春夏に買ったアイテムからフラットシューズにフォーカス!

【ジミー チュウのポインテッドトゥシューズ】

ジミー チュウのポインテッドトゥシューズ
フラットの快適さとポインテッドトゥの女っぷり感が両立するジミー チュウの定番「LOVE」。洗練ブルーが印象的な“DENIM”は、少しくすんだトーンが絶妙。しなやかなゴートスウェードなので素足で履いても痛くなりにくい。「フラットでも美しいカッティングが足元をきれいに見せてくれるから撮影でも必ずリースしています」とスタイリスト松村純子さん。

靴「LOVE FLAT」(ヒール高0cm)¥68,000/ジミー チュウ


サントーニのフラットシューズ

サントーニのフラットシューズ
編集Y本が「たちまち手持ち服を今っぽく見違えさせる更新力!リネンパンツと合わせたい」とひとめ惚れしたのがサントーニのフラットシューズ。スクエアトゥの木型を採用したWモンクストラップのデザインにマットなシルバーカラーは、ホワイト感覚で使いやすい。

靴(ヒール高2cm)¥100,000/リエート(サントーニ)
イラスト/よしいちひろ


サルヴァトーレ フェラガモのシューズ

サルヴァトーレ フェラガモのシューズ
「バックルからインソールまで、すべてが同色! しかもリボンがレザー! 今どき感抜群の フェラガモから目が離せません!」と編集MDRがひと目惚れしたフラットシューズ。クリエイティブディレクターであるポール・アンドリューがVARAシューズを再解釈し、VARAリボンを大胆かつモダンにアレンジ。従来のグログランリボンよりも大きく本体と同じレザーで新鮮に。旬なカラーバリエーションも魅力。

靴「VIVA」(高さ 1㎝)各 ¥83,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ【Marisol 4月号 2020年掲載】


PIPPICHICのメッシュバレエシューズ

PIPPICHICのメッシュバレエシューズ
「既存の形を旬のメッシュにアップデートした一足で、足もとを更新」。(エディター塚田有紀子さん)

靴¥28,000/ベイジュ(ピッピシック)


VINCE.のバックストラップぺたんこ靴

VINCE.のバックストラップフラット靴
「スクエアトゥとカーフの質感がモダン」。(エディター陶山真知子さん)

靴¥46,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヴィンス)
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美

【フラット派!坪田あさみさんのスタメン・シューズ】

坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にフリーランスのエディター・ライターとして活躍。日本橋髙島屋S.C.新館にて月一回の連続講演プログラム「dot me 日本橋の#夜活」を開催中。3年前に東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店サンダウナー 東京オムレツも経営する。@asamit1201、@sundownertokyoomuretsu
夏はビーサン感覚でペタペタと歩くのが好きなので、パンプスもサンダルもヒール高ゼロのフラットなものが好きです。職場によってはNGなものもあるのかもしれませんが、今どきはこのぐらいなら許容範囲?
 
春先から真夏まで大活躍するスタメンがこちらです。
坪田あさみ
▲打ち合わせや取材などで普段よりも少しきちんと感が求められる時に履いているフラットシューズ3足。
(右上)足がうっすら透けるポインテッドはザラのもの。「透ける」はこの春夏もまだまだトレンド。黒でも暑苦しく見えません。
(左上)シンプルすぎる着こなしの時にこそ重宝するレオパード柄。アンクルストラップ付きなので、普通のフラットシューズよりもさらに甲が浅いのですが歩きやすさは抜群
(下)私にとってベージュの靴はコンサバ感が強いのですが、スタッズ付きなら主張があるな、と思って買ったヴァレンティノ ガラヴァーニ。きれいめなのにロックというバランスが好きです。見えないけれど、真っ赤なペディキュアと合わせて履きたいですね。
坪田あさみ
▲少しモード感をプラスしたい時はこの3足。
(右)私の場合人気のパイソン柄はパンプス形だとバブル感が出てしまうので、スニーカーぐらいカジュアルなものがちょうどいい。これはクラークスのもの。
(左上)真っ白のバブーシュは冬の間にセールで購入しておいたザラ。かかとがないスリッパタイプです。足入れ部分が甲を覆いすぎずVになっているので、ほっこりしないのもお気に入り。
(左下)こちらもかかとがないメゾン マルジェラの足袋シューズ。あまりに合わせやすく履きやすいので新色を追加予定。
【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。

 

③バランス重視!足元がペタンコな日のコーデ6選

STYLE.1 「ビーサン」× ティアードカート 

ビーサン×ティアードスカート
甘さ満点のティアードスカートもアラフォーが着るなら、このくらいのくすみブラウンが全体を落ち着かせてくれて、ちょうどいい感じに。カジュアルなビーサンも、落ち着いたティアードスカートのおかげで上品な印象に。

スカート¥18,000/CASA FLINE表参道本店(カーサフライン) ジャケット¥82,000/マディソンブルー Tシャツ¥8,800/スローン ピアス¥4,800・バングル¥8,000/ジューシーロック(ジューシーロック) バッグ¥37,000/ドゥロワー 六本木店(センシ スタジオ) 靴¥20,000/アパルトモン 神戸店(フラッタード) 
撮影/金谷章平 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


STYLE.2
「白バレエシューズ」× リネンワンピ 

リネンのキャメルワンピースと白バレエシューズ
洗練の風合いと優しい肌ざわりのリネン100%!のキャメルワンピースが今の気分。身頃に適度なゆとりをもたせつつ、すそまわりは自然なコクーンシルエットとなっていて、ぺたんこシューズにも合うやや長めの丈感がスタイルをきれいに見せてくれる。

ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・トートバッグ【FAN】¥44,000(ア ヴァケーション)・ポインテッドフラットパンプス¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ネックレス2 点/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

STYLE.3 「ビジューサンダル」× ギャザーワンピ

ベージュワンピとフラットサンダル 五明祐子
すっきりノースリーブながらも広めの肩幅で露出を抑えているので、上品な印象のワンピース。切り替え部分にたっぷりとよせたギャザーが可愛らしく、色味がカーキベージュのおかげで甘さ控えめで、まさに大人にぴったりの装い。さらに自宅で洗える素材だから、汗だくになりそうな日には重宝すること間違いなし。ビジューサンダルは暑い季節のスタイリングにさりげなく華を添えて。

ワンピース【WASHED TYPEWRITER】¥33,000(サクラ)・トートバッグ【TANK】¥57,000(ア ヴァケーション)・サンダル¥28,000(イル サンダロ オブ カプリ)/SHOP Marisol カチューシャ・ネックレス・バングル/スタイリスト私物
撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/猪股真衣子(TRON) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


STYLE.4
「フラット感覚ミュール」× 腰高ワイドパンツ 

ワイドパンツとミュール
トップスはボディにフィットしたリブニットですっきりと、ボトムスは脚長効果のあるワイドパンツでメリハリワンツーコーデの完成。女性らしく仕上げたいから足もとはスニーカーではなくノーズが長めのほっそりフォルムの白ミュールをチョイス。フラット感覚で履ける低めのキトゥンヒールもポイントに。

靴(H1.9cm)¥69,000/カオス新宿(プロエンザスクーラー) トップス¥15,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ(共布ベルトつき)¥23,000/アルアバイル(アルアバイル) バッグ¥34,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) スカーフ¥19,800/アトリエ ニノン(アトリエ ニノン) リング¥35,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ)
撮影/須藤敬一 ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材/野崎久実子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


STYLE.5
「型押しフラットサンダル」× チェック柄ワンピ

型押しフラットサンダルとチェック柄ワンピ
「ともすると子供っぽくなりがちなチェック柄のワンピースですが、黒の型押しフラットサンダルを合わせるとほどよい抜け感が生まれます」(スタイリスト・徳原文子さん)。バッグも黒を選び、全身に統一感を。

靴 ¥47,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(ロートレ ショーズ) ジャケット¥45,000/カオス新宿(カオス) ワンピース¥45,000/TOMORROWLAND(ボーメ×トゥモローランド) ピアス¥65,000/アパルトモン 神戸店(アグメス) ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥52,000/ロンハーマン(モダン ウィーヴィング)
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 松村純子 池田メグミ


STYLE.6
「トングサンダル」× 甘めティアードワンピ

ティアードサンダルとラベンダーのティアードワンピ
海を感じさせるロープモチーフ×レザーの大人なトングサンダル。「ラベンダーカラーの甘めドレス。ブラウンのトングで引き締めつつ、鮮度も高めて」(スタイリスト・福田亜矢子さん)。

サンダル ¥36,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ) ドレス¥27,000/デミルクス  ビームス 新宿(マリハ×デミルクス ビームス) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥15,000/フラッパーズ(バンボレイラ) バッグ¥63,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(リトル リフナー) ストール¥27,500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アソース メレ)
【Marisol6・7月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 松村純子 池田メグミ

 

④美女組メンバーのいちおしは黒・ベージュ・ブラウンのペタンコ靴!

■ZARAの赤茶ペタンコサンダル

美女組No.173 chakoさん

美女組No.173 chakoさん

会社員
ファッション業界に携わってきた経験を活かし、私なりの日々の愉しみ方や、心に感じた事を記載したいと思います♡
*フランス政府公認『PIVERDIE FRANCE』Flower Diploma 取得
今シーズン購入したフラットシューズに関して書きたいと思います。

昔から靴が好きですが、夏は素足で汗をかき靴のダメージも激しいため…毎年普段用に探して購入してます。
ZARA サンダル
『ZARA』新作フラットシューズ。赤茶色がとても綺麗♡

靴の表情が、計算されたデザイン(太さ)により、脚元を綺麗に見せてくれます!!
踵も抜け感があるので、靴の存在感はお洋服と上手く調和されます。但し、その方の脚や踵の形に合う合わないがありますが…

カジュアルにも綺麗めにも合わせやすいフラットシューズ。この夏沢山履きたいと思います。
ザラサンダル
今年購入したサテンの茶色スカートと合わせるのが、最近のお気に入り。

赤いペデュキアに赤茶のフラットが女性らしく良いバランス!! この夏活躍しそうです♪

 
■ENESSのトングサンダル

美女組No.171 実果さん

美女組No.171 実果さん

会社員
167cm/30代/関西出身都内在住/夫と二人暮らし/元美容ブロガー

ツヤを重視した、アンチエイジング美容・コスメ (時々韓国コスメ)の投稿が多めです。ファッションはカラーアイテムを織り交ぜ、“シンプルなのになんかお洒落”な、抜け感アラフォーファッションがテーマ。こなれ感を出したい、こなれたい人です。
シンプルながらも、抜け感のあるENESSのフラットサンダル。夏のスタメンサンダルに追加されました。

再入荷待ちで、入ってこなかったらこの夏は諦めようとしてたところ、1点再入荷。40%オフ+タイムセールの1,000円オフを見逃すことが私にはできようか、いやできるまい。
気付いた時にはポチりとかごに入れていました。ENESSのトングサンダル
ENESSサンダル
親指が固定されているので、歩きやすく疲れにくいデザイン。私はとにかくよく歩くので、がんがん歩けるサンダルが好きです。そしていたってシンプルですが、履くだけで抜け感のあるコーデに仕上げてくれます。

細目のレザーのストラップも上品✨
足は大きく(24.5~25)甲高な可愛らしくない足ですが、ストラップも問題なく通過しました。
ENESS サンダル
トングタイプは痛くなるかもと避けていたのですが、評判も良さそうだったのと、個人的に靴はやっぱり靴専門ブランドのものが一番いいんじゃないかと思っているので(いや、買いますよ。ZARAとかZARAとか?あと、、ZARAとかもね。)安心して買えました。
ENESSサンダル
予想通り、痛くもならず歩きやすいです。

夏のスタメンサンダルとして、これからたくさん履こうと思います♪


フェラガモのブラウンレザーサンダル

美女組No.124 Amiさん

美女組No.124 Amiさん

女性のためのヨガインストラクター
「しなやかで女性らしい身体づくり」をコンセプトにヨガインストラクター、ビューティーアドバイザーとして活動中。
フェラガモのレザーサンダル
今年はコロナの影響なのか、いつもならセールでも30%オフなのに、今期は40%オフになっているそうです。そんなお買い得すぎるタイミングの中、私が欲しかった一目惚れサンダルは、まさかのセール除外という悲しみ。。。

でも、これは買わなきゃ後悔する!と思った一足でした。もう、迷わず購入です(笑)

若い頃はヒールしか履かなかった私ですが、アラフォーに突入してから、フラットシューズしか選ばなくなりました(笑)。とにかく楽ちん!

このサンダル、黒と茶がありました。この2色ってどっちも使えるから悩ましいですよね。私の服装は白やベージュが多いので、それを考えると黒は少し重いかなぁと思い、茶色を選択。デニムとの相性も良くていい感じ。

カジュアルな格好の時こそ、足元はさりげなくエレガントな物で大人っぷりをあげたい!そんな気分。長く使える一足になりそうです。


■BEAUTY & YOUTHのぺたんこサンダル

美女組No.183 emiさん

美女組No.183 emiさん

マンションコンシェルジュ
衣食住のバランスを大切に。夫と犬と暮らしています。

ファッション業界で長らく勤務した後現在はコンシェルジュの仕事をしています。ファッション・美味しいもの・暮らしをメインに、趣味の映画のこと等を時折織り交ぜながら綴りたいと思います。
私の足は、大きい・幅が広い・甲が高い、という靴を選ぶのにとても苦労する足でして、すぐに靴擦れして、サンダルなのに足がバンドエイドだらけ、ということがよくありました。

痛くならないことは絶対条件で、今期の雰囲気が入った華奢なトングタイプと、甲を覆うけれど抜け感のあるデザインのものが良いな、と色々探してやっと出会えたのがこちら。
サンダル
BEAUTY&YOUTH united arrows

(写真右)サイドオープンバックストラップサンダル 
ダークブラウン ¥12,100

(写真左)トングバックストラップサンダル 
ブラック ¥4,400
サンdなる
サンダル
トングタイプはゴム付きのバックストラップが付いていて、足をホールドしてくれます。
サイドオープンのタイプは、留め具の内側がマジックテープになっているので多少のサイズ調整も可能。

どちらもフラットですが、ソールが薄過ぎないのでとても履きやすく、フェイクレザーですが特有のテラテラした感じはなく足にすぐになじんでくれました。
何にでも合わせやすく、梅雨が明けたらかなりの頻度で活躍してくれる2足になりそうで、今から楽しみです。(ちなみに、どちらも色違い、パイソン柄も展開があります)


■repettoのフラットシューズ

美女組No.112 junjunさん

美女組No.112 junjunさん

カラーコンシェルジュ/顔タイプアドバイザー & 派遣OL
日頃は派遣OLとして働く一方で、休日に保有している「色」と「顔タイプ診断」の資格を活かし、カラー診断/顔タイプ診断/大人のお稽古講座/セミナーなどを行っています。
パーソナルカラー・スプリング+顔タイプ・アクティブキュートの長身女子がお届けするアラフォーも着れる甘めテイストファッション、他に大好きな旅やグルメをUPしています。
生粋のヒールラバーですが、最近はフラットシューズも大好きに♡
愛用しているフラットシューズといえば、repettoのブリジット。一昨年買ったゴールドが履きやすく、使いやすく大ヒット!次も同じものが欲しいと思えるほど。笑。

しかし、昨シーズンからあまりブリジットが出ていなくて、これというものに出会えぬままでした。。。
他のに浮気しそうになりましたが、今回のセールでベージュのブリジットが!
レペット
しかし、見つけたのはweb上。靴は試し履きをしたいけど、外出するタイミングもないので、今回は前回購入したのと同じ38サイズを。

ドキドキしながら到着を待ち、履いてみるとサイズはバッチリ。ホッとしました!

裏側のすべり止めを貼ってもらっていないので、デビューはまだ先ですが、活躍してくれることは間違いナシ。これはいい買い物ができました。

セールでの買い物の仕方も今あるものの更新、定番アイテム、長く使えるものを仲間入りさせるという、遅ればせながら大人の買い方に変化してきました。笑
レペット
ファッションにショッピングも様変わりしているこの頃。変化を受け入れ、丸ごと楽しめたらいいなと思います。


▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking