重ね方は自由自在!レイヤード映えワンピース【「カジュアル」好きアラフォーがこの秋買うべき最旬アイテム】

レイヤード映えワンピースはアイデアしだいで着こなし無限大
スタイリスト 徳原文子さん

スタイリスト 徳原文子さん

スタイリスト徳原文子さんが解説!

この特集でご紹介している4つのテイストの中で、実はカジュアル好きの人が一番「攻め」のスタイリングが似合うし、その姿勢が必要なんじゃないか、と思っています。

 デニムやスニーカー、ブルゾン、スウェットなど、カジュアルアイテムは基本的にベーシック。それは一歩間違えると、地味な「ご近所カジュアル」で終わる危険と隣り合わせ。ステイホーム期間にそれを実感したかたも多いかもしれませんね。

 だからこそ、ワードローブに新しく取り入れるなら、いつもより少し派手め、つまり「地味にならないカジュアルアイテム」がいい。デニムなら膝がちょっと破れてるようなやんちゃ系。スキニーだと若すぎるけど、ゆとりのあるストレートならアラフォーも無理なくきれいにはけます。Gジャンよりも大人っぽく決まるトラッカージャケットやクセのある派手顔スニーカーも、加えるだけでいつもの着こなしをかなり新鮮に見せてくれるはずです。

 一方で、重ね着が得意というのもカジュアル好きの特徴。上にも下にも重ねられるワンピースで、そのテクニックを大いに発揮するのも楽しいんじゃないかな、と思います>


カジュアル好きがこの秋買うべき最旬アイテム②
レイヤード映えワンピース

デニムやレギンスなどのボトムレイヤードは完全復活。さらに下にトップスを仕込むだけでなく、ワンピの上からトップスをかぶるスカート風のレイヤードまで登場し、もはやワンピースのコーディネートにNGはなし!ひと目惚れした最新ワンピはもちろん、クローゼットに眠る手持ちワンピも、あれこれ重ねて、新しい着こなしを見つけよう。


■タートル&ロングブーツを仕込んでキャミワンピをシーズンレスに

カジュアル好きの買うべきワンピース_1

ツヤとしなやかな落ち感が魅力のキャミワンピースは、まさに「重ね着前提」のアイテム。夏場はTシャツを着て肌の露出を調整していたけれど、秋はやっぱりタートルニットの出番! 人気復活のロングブーツと合わせて、クラシカルな気分を満喫して。

ワンピース/下と同じ ニット¥25,000/スローン ネックレス¥57,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) バッグ¥40,000/フレームワーク 自由が丘店(キーツ) 靴¥68,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ロランス)
カジュアル好きの買うべきワンピース_2
ツヤのあるキャミワンピは、全体的にマット素材が増える秋冬にこそ重宝! ワンピース¥24,000/カオス表参道(カオス)




ボヘミアンテイストをデニムレイヤードで後押し

カジュアル好きの買うべきワンピース_4
カジュアル派好みの、ヴィンテージライクなエスニック柄ワンピース。一枚で着るのももちろん可愛いけど、色落ちデニムを重ねるとボヘミアンムードがアップ! 白のレザーかごやショートブーツで、テイストをリフレインさせて。
ワンピース/下と同じ コート¥160,000・デニムパンツ¥45,000/マディソンブルー イヤリング¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(クロディーヌ・ヴィトリー) ネックレス¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥65,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥72,000/カオス表参道(ペリーコ)
カジュアル好きの買うべきワンピース_3
ワンピース¥67,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)




カジュアルなTワンピも+スカートで新鮮な表情に

カジュアル好きの買うべきワンピース_6

色をつなげつつ、素材に変化をつけるのがコツ。

ワンピース/下と同じ 帽子¥10,000(ラメゾン ド リリス)/ヴェルメイユ  パー イエナ 青山店 肩がけニット¥18,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) スカート¥42,000/フラッパーズ(エンリカ) 10連バングル¥180,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) 2 重にしたネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ピッピシック)
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
ワンピース¥23,000(エイトン)/ヴェルメイユ  パー イエナ 青山店




華やかなドレスをデイリーに着るテクニック

カジュアル好きの買うべきワンピース_8

「パーティにもデイリーにも着られるワンピース」。そう聞くと、ひと昔前は結局「どっちつかず」というイメージだったけど、今は違う! 美しいレースをたっぷり使ったとびきりドラマティックな一枚を、上からざっくりニットをかぶることで難なくカジュアルダウンすることができてしまう。レギンスも仕込めばさらに完璧! 

ワンピース/下と同じ ニット¥64,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥210,000/マディソンブルー バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
カジュアル好きの買うべきワンピース_7
ワンピース¥150,000/ロンハーマン(エブール  フォー ロンハーマン)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈

What's New

Read More

Feature

Ranking