「着てアガるかを最重視!ステイホームの反動で買ったのは“キレのある服”」エディター発田美穂さん 

お買い物マインドも今年は変わった!エディター&スタイリストの「コレ、買ってよかった& その理由」。

自粛期間を経て、おしゃれの方向性が変わった人、より自分を貫く人などお買い物の動向にも変化が。スタッフ陣の買ってよかったものを取材したら、今のマインドが見えてきた。

※価格表記のないものはすべて本人私物です


☆エディター 発田美穂さん
着てアガるかを最重視!反動で買ったのはずばり"キレのある服"

<Sサイズという身長の制約を受けがちな私ですが買い物の指針は、これが着たい! という気持ちを最優先に。時には無茶だってします。そこからどう着こなすかバランスを考えるタイプ。ベースはカジュアル好きですが、今は正直、家着のようなゆるい服装に少々飽きぎみ。その反動か、少し背すじの伸びるかっちり服や、切れ味のあるインパクト服に心惹かれています。>

おしゃれプロの買ってよかった7_1


A:マディソンブルーリネンシャツ
襟抜きで着るオーバーサイズからやや肩がセットインになったコンパクトなサイズ感が新鮮に。

おしゃれプロの買ってよかった7_2

シアーなコンパクトシャツで真夏でも涼やかな表情に

手持ちのマキシスカートをキレよく着たいと思って、いつもの黒Tではなく、正装感のあるドレスシャツを今年は抜擢。襟立て高めで顔まわりがカッチリした印象になるので、私のかっちりブームにぴったりです。盛夏に長袖を涼しげに着るのも好きで、ラミーの素材感もツボでした。

SKIRT:ebure
BAG:HELEN KAMINSKI
SHOES:TKEES
EARRINGS:JIL SANDER
RINGS:MARIHA



B:シンゾーンきれい色スカート

これぐらい潔いビビッドピンクは印象が明るく、老け見えしない。広がりすぎないティアードも大人映え。

おしゃれプロの買ってよかった7_3

再燃中の鉄板ボーダーはビビッドピンクで更新感を

リモート打ち合わせが増え、着るだけで盛れて見えるボーダーの威力を再確認、ここにきて登場率が急上昇しています。ベーシックな黒ベースのボーダーも、シャリ感素材のビビッドピンクのスカートとなら、脱ほっこり。大人のカジュアルこそ、ドラマティックに着るのが持論です。

T-SHIRT:SAINT JAMES
BAG:Amelia Samari
SHOES:Teva
BANGLE(right):Annelise Michelson
BANGLE(left):hum



C:ザラエスニックワンピース

ZARAの柄物はとっても優秀。小花ではなくエスニック柄なのも大人になじみやすい華やかさ。

おしゃれプロの買ってよかった7_4

エスニックな柄ワンピをリッチ小物で大人に仕上げる

おこもりのうっぷんをプチプラで手軽に解消、気分アップをはかるなら、断然ZARAのプリントワンピ推しです。配色や柄使いがとても上手なので、毎シーズン必ずチェック。あえてクラシカルなレザーバッグなどできちんと着こなすほうが、ギャップが生まれてモダンさが引き立ちます。

BAG:CELINE
SHOES:ATP atelier
STALL:A_SAUCE MÊLER
EARRINGS:hum

【Marisol8月号2020年掲載】撮影/須藤敬一(東原さん、松村さん分) 有馬秀星(MOUSTACHE/発田さん、吉村さん、前野さん分) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./東原さん、松村さん、吉村さん分) 甲斐美穂(ROI/発田さん、前野さん分) 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking