コレがあれば着こなしに自信!スタイリスト石毛のりえさんの夏のスタンダードセット

組み合わせることで"私らしさ"が表現できるもの。たった2つのアイテムなのに圧倒的な個性が宿る、石毛さんのMYスタンダードセット。

石毛のりえ/Norie Ishige

キレのいいきれいめスタイルを軸に、大人の遊び心やリラックス感をプラスしたスタイリングに定評あり。色も形もベーシックなのに印象的に見える配色テクニックも必見!

「センタープレスパンツ」×ラットサンダル」

Center crease pants▶︎
YLÈVE

仕立てのいいセンタープレスパンツは、はくと背すじが伸びるような感覚が好き。微差にとことんこだわり、毎シーズン更新する私らしい定番

Flat sandals▶︎
JOSEPH

ベーシックなスタイルにひとさじの「パンチ」をプラスしてくれる。メンズライクなデザインにパイソン柄という辛口なバランス

センタープレスパンツとフラットサンダル
「基本的にずっとパンツ派で、特にセンタープレス入りが好き。ほかの人からするとどれも似たように見えると思うのですが(笑)、私としては"ほんのちょっとの差"が大切で毎シーズン更新しています。これは素材の適度なハリととろみ感、やや太めのシルエット、トップスインできる高めの腰位置などのバランスがよく、シンプルなスタイリングでもサマになるのがいい。パンツとしての存在感が魅力です」。

足もとはペタンコ派。

「仕事柄一日中立ったりしゃがんだりしますし、子供もいるのでヒールはほとんど履かないですね。このサンダルは重めのボリューム感×パイソン柄というモードなバランスが、夏コーデのちょうどいい味つけ役に。パイソンって一見むずかしそうですが、実は合わせる色もテイストも選ばないので重宝しています」。

40代に入りスタイリングにも少し変化があるという。

「以前ならパンツの日にはもっとカジュアルなサンダルを合わせていたのですが、それだと今の私には少しラフで無骨すぎる。大好きな"メンズっぽさ"がスタイリングの芯にありつつ、そこに素材感やアクセサリーで女っぷりやツヤ、きちんと感を足していくのが今の気分。大人になったからこそ似合うスタイルだと思います」
センタープレスパンツ×フラットサンダルコーデの石毛さん
「夏はどうやってもシンプル、かつカジュアルになるので、素材感がとても重要。コットンTシャツではなく、ツヤのあるとろみトップスを合わせて女らしさをプラスしました。またノースリーブの日には、大きめのバングルなどで手首にポイントを作るのも重要。肌の分量が調整されてすっきり見えると思います。パイソン柄のサンダルは実は2代目。どうしてもこのデザインが好きで、探しに探してアルアバイルで購入しました」

DATA

Top__Deuxième Classe

Sunglasses__EYEVAN

Bag__THIRD MAGAZINE

Watch__Cartier

Earrings__UNOAERRE

Bangle__L'Appartement

【Marisol8月号2020年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 佐藤 彩(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) 取材・文/発田美穂 ※価格表記のないものはすべて本人私物です

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking