「ダメージがひどい髪には、ヘアオイルは多めにつけたほうがいいですよね?」【ヘアオイルQ&A】

思い込み・疑問にサヨナラ!髪のプロフェッショナルCHIEさん&野口さんが回答!

美ヘアのための人気最強アイテム、戦国時代!ヘアオイル、ちゃんと選べてますか?


☆教えてくれたのは…

  • 「ダメージがひどい髪には、ヘアオイルは多めにつけたほうがいいですよね?」【ヘアオイルQ&A】_1_1-1

    ヘア&メイク 野口由佳さん
    マリソルからnon・noまで幅広い媒体で活躍。女優やアイドルのヘアメイクも手がける

  • 「ダメージがひどい髪には、ヘアオイルは多めにつけたほうがいいですよね?」【ヘアオイルQ&A】_1_1-2

    「PearL」美容師 CHIEさん
    マリソルのヘア企画などでも大活躍の人気美容師。最新ヘアケア製品の知識が深い

ヘアオイルQ&A1

「基本的にヘアオイルは、髪表面のダメージケアが得意。髪内部のダメージケアは洗い流すトリートメントの役割です。ヘアオイルの量を増やしてもベタつきが気になるだけ。アウトバスで使うヘアオイルは、髪質に合わせた適量で十分です」(CHIEさん)


ヘアオイルQ&A2

「普通のヘアオイルは時間がたつと揮発したり、とれていくもの。ベースメイクと同じです。お直し、重ねづけなどが必要」(野口さん)。「日中のパサつき予防やまとまりキープは、インバスのヘアケアでの髪内部補修が大切ですよ!」(CHIEさん)


ヘアオイルQ&A3
ヘアオイルQ&A4

「前髪は、髪全体につけ終わった後の手に残っている少量でつけること。そして表面ではなく、手のひらを上に向け、内側からなじませると、表面がつぶれたり、ベタッとしにくいです」(野口さん)


ヘアオイルQ&A

「ヘアオイルをつけすぎてベタつきが気になる場合は、パウダー状スタイリング剤を表面にポンポン。根元から毛先まで全体になじませると、手ぐしが通るくらいサラサラにリセットされます」(野口さん)

ヘアオイルQ&A5

植物由来のサラサラなヘア用パウダー。頭皮のベタつき予防&根元のふんわり感に。消臭効果も。フジコ FPPパウダー 8.5g¥1,800/かならぼ


ヘアオイルQ&A

「100%ナチュラルなオイルは、防腐効果のある成分が入っていないことが。開封後は酸化が進みやすいと認識し、なるべく早く使いきりましょう。色や香りが開封時と違ってきたら、酸化のサインなので使わないほうが賢明です」(野口さん)

【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/天日恵美子(人物)ヘア&メイク/野口由佳(ROI)スタイリスト/程野祐子 モデル/マリソル美女組 取材・文/松井美千代

What's New

Read More

Feature

Ranking