華やぎスカート&旬デザインパンツ【2020秋冬・おしゃれプロの「これ買っちゃいました」】

おしゃれプロの戦利品を取材してみたら、秋冬にマリソル世代を素敵に見せてくれる最高で最新のトレンドが見えてきた!

ワクワク感も手に入る圧倒的な華やかさ!
■華やぎスカート

今着たいのはやっぱり"アガる"服!女っぷりの高いスタッフ陣が惚れ込んだ一枚で着映えるスカートたち!

華やぎスカート1

1)CHAOSのツヤ素材のラップスカート
マリソル編集Y本推薦

「ラップデザインとツヤ素材で、通年で活躍間違いなし」。スカート¥28,000/カオス表参道(カオス)

2)MES DEMOISELLESの花柄マキシスカート

エディター陶山真知子さん推薦
マリソル編集ロミ推薦
「花柄が苦手な私もいける! と思ったヴィンテージライクな柄がお気に入り」(陶山)。スカート¥36,000/ガリャルダガランテ表参道店(メドモアゼル) 

3)SAKURAのレーススカート

スタイリスト福田麻琴さん推薦

「ロングのタイトシルエットで、レースでも甘すぎない」。スカート¥48,000/インターリブ(サクラ) 

4)EBUREのレザースカート
スタイリスト石毛のりえさん推薦
「レザーでこのたっぷり感は贅沢」。スカート¥120,000/エブールギンザシックス 

華やぎスカート2

5)UNCRAVEのサテン素材のナロースカート

マリソル編集長イシダ推薦

「ナローシルエットとカラーサテンのバランスが絶妙」。スカート¥15,000/アンクレイヴ

6)THIRD MAGAZINEのドット柄フレアスカート

スタイリスト吉村友希さん推薦
スタイリスト松村純子さん推薦
「ドット柄に目がない私。シルクだから高級感も申しぶんなし」(松村)。スカート¥62,000/サードマガジン 

7)SCYEのガングラブチェック柄スカート

スタイリスト池田メグミさん推薦

「おじ柄にパイピング使いが可愛い」。スカート¥53,000/マスターピースショールーム(サイ) 

8)AURALEEのピンクプリーツスカート
スタイリスト徳原文子さん推薦
スタイリスト石上美津江さん推薦
「柔らかい色みに惹かれて。シアー感があるので、冬服に抜け感を出すのに最適」(石上)。スカート¥38,000/オーラリー





脱・無難に見える旬デザインが勢ぞろい

■パンツ
パンツにも華やかさが欲しい! と言う声が。揺れ感、色物、形……美脚と女っぽさの両立を目ざして。

華やぎスカート3

1)CHAOSの淡色サテンパンツ

マリソル編集ロミ推薦

「リラックス感のあるドロストパンツ。淡いイエローのサテンライク素材は、ニットやコートなど重めな着こなしのアクセントを足すのにも重宝」。パンツ¥23,000/カオス表参道(カオス)

2)MADISONBLUEのハイウエストパンツ

スタイリスト福田亜矢子さん推薦

「薄手のウール混パンツは、とろみのある質感で、シーズンレスで着られる一枚」。パンツ¥78,000/マディソンブルー

3).N.O.R.C BY THE LINEのきれい色パンツ
エディター東原妙子さん推薦

「端正さのあるきれいめなテーパード。絶妙なブルーの色みも可愛い」。スラックス¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 

華やぎスカート4

4)SPICK & SPANのベルラインフレイデニム
スタイリスト石上美津江さん推薦
マリソル編集CHN推薦
効果は絶大。ストレッチ入りではきやすい」(CHN)。デニム¥13,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブ アンド ハーフ)

5)THE SHINZONEのトムボーイパンツ

スタイリスト亀甲有希さん推薦

「ハリのあるコットンチノ素材とたっぷりタック入りのトムボーイパンツ。ハンサムなデザインが気分」。パンツ¥18,000/シンゾーンルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)

【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking