ロング丈ワンピース&“好き”が加速するコート【2020秋冬・おしゃれプロの「これ買っちゃいました」】

おしゃれプロの戦利品を取材してみたら、秋冬にマリソル世代を素敵に見せてくれる最高で最新のトレンドが見えてきた!

女っぷりも、気分も、一枚で即アップ
■ワンピース

コーデいらずで、全身おNEWな気持ちになれて費用対効果は抜群。今年はますますロング丈がマスト。

ワンピース1

1)NANO・UNIVERSEのキャミワンピース
マリソル編集カゲモン推薦

「マットなオレンジサテンとマーメードラインが女っぽい。肩ひもで長さ調整できるのも便利」。ワンピース¥10,000/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース)

2)TICCAのストライプ柄シャツワンピース

スタイリスト高橋美帆さん推薦
「光沢のある同系色の多色ストライプが新鮮。サイドスリット入りで足さばきもいい」。ワンピース¥36,000/ティッカ

3)MADISONBLUEのシャツワンピース

エディター坪田あさみさん推薦

「柔らかいフランネル素材で、一枚仕立てでも肌ざわりがいい。白いボタンがアクセント」。ワンピース¥72,000/マディソンブルー 

ワンピース2

4)N.O.R.C BY THE LINEのノーカラーシャツワンピース

マリソル編集長イシダ推薦
マリソル 編集MDR推薦

「ややハリ感があるコットンシャツはドロップショルダーで着た時のたたずまいが絶妙。ポケットあり」(イシダ)。ワンピース¥12,000/ノーク(ノーク  バイ ザ ライン)

5)GRAPHPAPERのタートルニットワンピース

マリソル 編集CHN推薦
「薄手なハイゲージニットのワンピースが上品。体のラインを拾いにくいほどよいゆとり感と、共布ベルトつき」。ワンピース¥36,000/グラフペーパー





圧倒的な存在感で冬のおしゃれが完成

■コート
特筆すべきNEWSが少ないぶんベーシック派もトレンド派も、自分の"好き"が選択の基準に。

コート1

1)CHAOSのスーペリアウールマキシコート

マリソル編集Y本推薦

「「長さもあり、立体的なボリュームフォルムが今っぽい。襟腰もない一枚仕立てだからサラッとまといたい」。コート¥67,000/カオス表参道(カオス)

2)LISIEREのチェック柄ロングコート

スタイリスト池田メグミさん推薦
スタイリスト福田亜矢子さん推薦

「ハンサムなグレンチェックのコート。ショールカラーのロング丈で、レディな一面とのギャップ萌え」(池田)。コート¥120,000/アパルトモン  青山店(リジエール)

コート2

3)BARBOURのオイルコーディングコート
スタイリスト福田麻琴さん推薦

「ワックス仕上げのメンズライクな雰囲気に惹かれて。内側のチェック柄が可愛い」。コート¥56,000/バブアー 銀座店(バブアー) 


4)OLD ENGLANDのダッフルコート

エディター湯澤実和子さん推薦
 「オーセンティックなデザインとカシミア100%の上質感、そしてなにより軽いのがいい。薄手でも暖かく、着心地が柔らかい」。コート¥220,000/三喜商事(オールド イング ランド)

5)EMMETIのライダース

マリソル 副編集長SGUR推薦

「コンパクトなサイズ感となめらかな質感がちょうどいい。上品なカラーに惹かれて」。ライダース¥105,000/インテレプレ(エンメティ)

【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking