いつも「この人なら何を言ってもOK」と思われてしまいます…【40代お悩み相談】

「キツい上司のもとに配属されがち」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!

【今月のお悩み】いつも「この人なら何を言ってもOK」 と思われてしまう…

新卒の時も、20年たって派遣社員となった今も、性格や言い方のキツい上司のもとに配属されます。その理由は「あなたなら、うまくやってくれそうだから」。確かに私は、「穏やかそう、優しそう、怒らなそう」とよく言われますが……。「この人なら何を言ってもOK」と思われないためには、どうすればいいでしょう?
(兵庫県・亜紀・45歳・派遣社員 趣味/宝塚観劇)
みうらじゅんさんと辛酸なめ子お悩み相談_いい人

☆辛酸なめ子さんの回答

観葉植物で負のパワーから身を守るのも一案ですが、植物の持つ慈愛のパワーにならって、上司に何か言われたら慈愛の表情で返すのもおすすめです。慈しみや憐れみを漂わせたまなざしで、相手に羞恥心を抱かせるという方向で……。



☆みうらじゅんさんの回答

「いい人」をやめるのは簡単ですが、損得を考えてからでも遅くないのでは?

 亜紀さんご本人もすでにおわかりかもしれませんが、このお悩みに対する答えは、ひとつなんじゃないでしょうか。まわりの人たちが「〜そう」と言って亜紀さんにかけている期待を裏切ればいいと思うんです。穏やかそうに見えない服装をし、優しくない言動をし、すぐに怒る、というふうにすれば周囲も、この人を問題上司の下につけたら、職場が大変なことになる! と考えるようになるでしょう。

 ただ、その前に……「穏やか、優しい、すぐに怒らない」というのは、人としてとても喜ばしいことなので、それをこんなことのために変えてしまうのは大変、惜しいとも思いますね。そういう人は人間ができていらっしゃると思いますし、特に会社という集団の中では貴重な人材なんじゃないでしょうか。

 なので、自分がそういうふうに評価されていることで、得していることはないのかどうか、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

 人って、自分が思う自分と、まわりの人が思う自分との間には当然、多少なりともギャップがあることでしょう。でも、周囲が思う自分でいることで、特に損を被っていなければ、「本当の自分とはちょっと違うけど、ま、いいか」となりがちです。そうこうするうち、自分でも「いい人」でいるクセがついて、やがて、それが「本当の自分」になるかもしれません。亜紀さんの場合は、どうでしょうか。

 周囲の期待を裏切れば、亜紀さんのイメージは間違いなく下がるでしょう。せっかく今まで作り上げてきた自分。この期に及んで、わざわざイメージダウン化を図る必要があるのか、ちょっと考えてみてからでも遅くはないかもしれません。

 僕もね、「いつも楽しそうで、いいですね」とよく言われるタイプ。そのたびに〝いや、けっこう大変なこともあるんですけどね”と思って、実際、陰では眉間にシワを寄せていたりもするんです。でも、この歳になると「楽しくなさそうに見えるより、いいか」って思うわけです。  でも、亜紀さんが「もうイヤだ。そろそろ本当の自分で生きたい……」と思うなら、まわりの期待さえ裏切れば問題は解決すると思います。

 ただし、一気にイメージダウン化を図るのは危険です。「あの人、どうしちゃったの?」とまわりを戸惑わせ、人間関係を壊しかねない。そうすると、仕事まで失いかねませんよね。なので、本当の自分は小出しにしていったほうがいいかもしれません。

 おそらく亜紀さんは、これまで「苦手」とか「イヤ」「嫌い」といった言葉をあまり使ってこなかったと思うので、手始めに「苦手」を一日の会話の中に2つぐらいはさむというの はどうでしょう。それで周囲がさほど驚かなかったら、次は「イヤ」「嫌い」をプラスする。それでもまだ大丈夫そうなら、「大嫌い」をプラスするという具合にダウン化を進めていけばよいと思うのですが。ま、なんだってほどほどが一番。「この人なら何を言ってもOKか?」くらいになってくださいね。

  • いつも「この人なら何を言ってもOK」と思われてしまいます…【40代お悩み相談】_1_2-1

    みうら・じゅん●イラストレーターなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生む。近著に『みうらじゅんの松本清張ファンブック 清張地獄八景』(文春ムック)、『ひみつのダイアリー』(文春文庫)など

  • いつも「この人なら何を言ってもOK」と思われてしまいます…【40代お悩み相談】_1_2-2

    しんさん・なめこ●漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材。近著は『タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後 』『愛すべき音大生の生態』(ともにPHP研究所)など

【お悩み募集!】
※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。
※採用時は匿名にて掲載します。
※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。
【Marisol2月号2021年】撮影/露木聡子(みうらさん)イマキイレカオリ(辛酸さん) ヘア&メイク/得字マキ(nude./辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子(みうらさん)

What's New

Read More

Feature

Ranking