今年の「ラクして女らしい」はスカート+ツヤでかなえる【おしゃれプロの冬コーデマイルール】

スタイリスト徳原文子さんの冬のおしゃれを拝見! “好き”を更新して、“自分らしさ”に落とし込むコツは?

ファッション業界の第一線で活躍するスタイリスト&ライター。自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが。彼女たちのおしゃれのマイルールを徹底取材!


※価格表記のないものはすべて本人私物です


■スタイリスト 徳原文子さん

今年の「ラクして女らしい」はスカート+ツヤでかなえる

「ほぼ一択と言っても過言ではないほど、ロングスカートは私のワードローブの中心アイテム。歩き回る仕事柄、ペタンコ靴を合わせることが多いので、そこにどう今の気分や女っぽさを取り入れるかでスタイルを更新しています。今年のスカートは、ボリューム抑えめでスッキリと大人っぽいものが気分。スカートそのものや合わせるアイテムにツヤを足し、ひとさじの華やかさや高揚感を盛ったスタイルに惹かれます」


SKIRT 1

BLAMINKのプリントスカート

おしゃれプロの冬マイルール1_2

甘すぎない大人ピンクのツヤ×柄スカートを主役に

ツヤと柄が共存したスカートは、一枚でスタイルが完成する主役級の存在感。抽象的な柄は幅広いテイストの服に合わせやすく、大人が着ても痛く見えない上品なピンクの色みも秀逸。「シルクをたっぷり用いた贅沢な一枚で、夏はTシャツに合わせるなど通年使えるので投資の価値ありと購入」。異素材を重ねた黒コーデに一点きかせたのがポイント

おしゃれプロの冬マイルール1_1

☆スカートでツヤをプラス!


KNIT:AURALEE
COAT :Chaos
BAG:Aeta
SHOES:Rupert Sanderson
TURBAN:La Maison de Lyllis


SKIRT 2

SHAINA MOTEのナロースカート

おしゃれプロの冬マイルール1_4

今年らしいナローシルエットでツヤ感スカートをアップデート

「ツヤが控えめで取り入れやすいバックサテンのスカートは、ナローシルエットで今年らしさも満点。スタイリングの仕事で何度もお世話になり、あまりに使えるので自分でも購入しました。柔らかさもあり、とにかく軽いので、着ていてストレスフリーなのもうれしい」。シャギーコートでワントーンにまとめつつ、ウールカシミアのストールをさし色に。

おしゃれプロの冬マイルール1_3

☆スカートでツヤをプラス!

TOPS:HYKE

COAT:ATON

BAG:SITA PARANTICA FLRD

SHOES:Golden Goose

SCARF:HERMÈS



SKIRT 3

AURALEEのタイトロングスカート

おしゃれプロの冬マイルール1_4

すっきりタイトシルエットを生かし大人のカジュアルスタイルに

「ここ数年はふんわりとボリュームのあるロングスカートばかりが多かったので、タイトなシルエットになるだけでぐっと新鮮。ウール素材のスカートには、ナイロンのブルゾンでツヤ感をプラス。ハイテク系のスニーカー合わせのカジュアルコーデも、どこかソリッドで大人っぽい雰囲気に仕上がります」。パールネックレスでさりげなく女っぽさも投入。

おしゃれプロの冬マイルール1_5

☆コートでツヤをプラス!

TOPS:
AURALEE 
BLOUSON:VERMEIL par iéna 
BAG:J&M DAVIDSON 
SHOES:sacai ×NIKE 
NECKLACE:TIFFANY & Co.

【Marisol2021年2月号掲載】撮影/黒沼 諭(aosora)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking