「今だからこそ、セットアップの出番です」【磯部安伽の「映えるベーシック】

映える=派手、映える=頑張るじゃない。人気エディター磯部安伽「映えるベーシック」をつくる5つのメソッド
磯部安伽

磯部安伽

確かな構成と美しいビジュアルのページ作りで、各誌で活躍するファッションエディター。洗練された私服スタイルのファンも多数

<これまでの価値観や、あたりまえだった生活が一変してしまった2020年。
私自身のファッションに対する考えも少しずつ変化して、これまでよりも"着映え"を大切にするようになりました。
どこかに出かけること、誰かと会うこと、そのために服を着ることが特別になり、 せっかくおしゃれをするならどうでもいい服は着たくない、 久しぶりに人に会うなら気分よく一緒にいてもらえる服を着たい、 そんな気持ちが着映えへの意識を高めていったんだと思います。
でもそれは決して派手だったり、奇抜な服を選ぶことではありません。
だって私が愛するベーシックという軸は変えられないし、変えたくないから。 きれいなシルエットを厳選する、手をかけて重ね着をする、今まで以上にひとつひとつのおしゃれにていねいに取り組むことで、ベーシック派なりの着映えをかなえていきたいんです。
そして、たどりついた秋冬のワードローブやコーディネートは、 少しだけ華やかで、確実に気分を上げてくれるものばかり。
最近はおしゃれする意欲がない、服が欲しくないなんて声も耳にするけど、どんな時でも服を選んで、着ることに変わりはないのだから、 前向きに取り組んだほうがきっと毎日は素敵なものになる。
今回提案させていただく"映えるベーシック"が、 ファッションを楽しむきっかけやヒントになるとうれしいです。

磯部安伽 >


※価格表記のないものはすべて本人私物です

メソッド③

「今だからこそ、セットアップの出番です」

<"映える"とはただ華やかな服を着ることではなく、その場所、その場面にちゃんと似合う服を選んで着ること。とはいえシーンの数だけ服を持つことは避けたいので、アレンジのきくセットアップが今まで以上に頼もしい存在に。仕事の日は大げさなくらいコンサバに、休日はぐっとラフに。切り替えることで毎日のおしゃれが楽しくなりました。>


■あえてカジュアル要素はなくして、仕事の日はスーツのようにセットで

磯部ベーシック3_1

「職業柄、ラフな服装で働くこともできますが、数少なくなった対面での打ち合わせや取材にはきちんとしたきれいな格好で出かけたい。グレーのセットアップのインはシャツ、メガネもして"仕事着"のコスプレをする感覚。相手への敬意を表現したいし、そのほうが自分自身も気合いが入ります」。

DATA

JACKET: ebure
SKIRT: ebure
SHIRT: YLÈVE
BAG: IACUCCI
SHOES: PELLICO
GLASSES: EYEVAN
RING: MARIHA

ジャケット¥63,000・スカート¥37,000/エブールギンザシックス(ebure) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥49,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 二連リング(右手)¥42,000・リング(左手)¥48,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)




■ジャケットとシャツはそのままに、休日はデニムでカジュアルダウン

磯部ベーシック3_2

「一転してカジュアルに。印象を大きく変えたほうが休日気分が盛り上がります」。


DATA

JACKET: ebure
SHIRT: YLÈVE
PANTS: MOTHER
BAG: JIL SANDER
SHOES: J.M. WESTON
EARRINGS: no brand

ジャケット/上と同じ
【Marisol1月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリング協力/松村純子

What's New

Read More

Feature

Ranking