通勤服のカジュアル化で、平日のファッションはどう変わった?|美女組の通勤服まとめ

働き方も通勤方法も多様化したいま、“通勤服”のあり方にも大きな変化が。そこで、美女組たちのリアルな通勤時のコーディネートを拝見! きちんと感とカジュアルさのバランスや、トレンドの取り入れ方など、参考にしたいポイントが満載です。



①モノトーン派のカジュアル通勤スタイル|美女組

キリッと締まるブラックの強さを軸にしたコーディネートなら、カジュアルなスタイリングでもきちんと感はしっかり確保できます!

kaoruさん(美女組No.197)
アパレル デジタル マーケティング担当

ブラックデニムの強さをモヘアニットとブラウンカラーで中和

ブラックデニムの強さをモヘアニットとブラウンカラーで中和

「通勤服にデニムを取り入れることが多いのですが、"どカジュアル"になりすぎないよう意識。WEB会議が増えたので、きちんと見えするトップスの出番が増えました。アッパーハイツのブラックデニムは、モヘアニットとショートブーツで女っぷりを上げます」



■俵さん(美女組No.150)
美術館勤務

さし色を意識し清潔感のある通勤スタイルに

さし色を意識し清潔感のある通勤スタイルに
「美術館の仕事は意外と動き回るのでデニムが多いのですが、足もとはポインテッドトゥにしてカジュアル度を調整。黒や茶など暗い色だけにならないよう、さし色を入れるのも好き。資料やPCを持ち帰ることもあるので大容量のジバンシィのバッグが重宝しています」

 

☆emiさん(美女組No.183)
マンションコンシェルジュ

イベントが減ったので通勤もおしゃれを楽しむ貴重な機会に

イベントが減ったので通勤もおしゃれを楽しむ貴重な機会に

「休日の外出が減ったため、以前はパターン化していた通勤服でもおしゃれを楽しむようになりました。ZARAのニットベストはしゃれ感があって暖かいので便利なアイテム。電車に乗る時間を減らしたくて2駅歩くようになり、歩きやすい靴を選ぶようになりました」



☆mikoさん(美女組No.193)
外資系コンサルティング会社リサーチャー

ヴィンテージドレスはゆるニットとロングブーツで旬度UP

ヴィンテージドレスはゆるニットとロングブーツで旬度UP

「打ち合わせに同行する時はスーツですが、内勤日の服装はかなり自由です。ヴィンテージのシルクワンピースは、ざっくりニットとロングブーツを合わせてカジュアルに。在宅勤務が増えたので、アニヤ・ハインドマーチのバッグに加えてPCケースを持ち歩くことも」



☆seikoさん(美女組No.128)
フリーランスWEB制作

打ち合わせはテーラードのオールインワンで洗練された印象に

打ち合わせはテーラードのオールインワンで洗練された印象に

「お客さまは同世代の女性が多いので、親しみやすくセンスが伝わる服装を心がけています。PHEENYのオールインワンはテーラードカラーでカジュアルだけどきちんと感もあり、素材が柔らかいので女らしさも。セリーヌのコートをはおり、足もとはコンバースではずして」



②カラー派のカジュアル通勤スタイル|美女組

自分のテンションも、職場の雰囲気も明るくしてくれる赤やオレンジ。カラーを積極的に取り入ると、親しみやすい雰囲気を演出でき、コミュニケーションも円滑になるようです。


☆chakoさん(美女組No.173)
外資系アパレルマーケティング担当

華やかな職場だから小物できれいめに仕上げて

華やかな職場だから小物できれいめに仕上げて
「デニムNGのきれいめな職場で重宝しているのがユニクロのカシミアニット。肌ざわりもよく品よく見えるので毎シーズン買い足します。上下ニット素材の時はスカーフを足し華やかに。ZARAのショー トブーツはヒールでも歩きやすく価格も手ごろで通勤時にぴったり」



☆めるもさん
(美女組No.92)

弁護士秘書 

デスクワーク中のテンションを上げるきれい色アイテム

デスクワーク中のテンションを上げるきれい色アイテム

「職場では、デニムはNGですが基本的には好きな服装ができます。赤やグリーンなど好きな色をコーディネートに入れるとテンションが上がります! 週の半分が在宅勤務になってからハイヒールがつらくなり、ファビオ ルスコーニのフラットシューズを愛用してます」



☆Fumikoさん(美女組No.199)
パーソナルスタイリスト

服が仕事道具。見られることを意識してスタイリング

服が仕事道具。見られることを意識してスタイリング

「お客さまのオーダースーツ作りに同行する時は私もジャケットを。インナーのニットはハイゲージではなくリブにすることでカジュアル感をプラス。ニットの赤とピアスのゴールドはどちらも私のパーソナルカラー。顔の近くに入れることで明るく見せてくれます」



☆マッキーさん(美女組No.170)
医薬品メーカー営業

内勤の日はニュアンス色で後輩が話しかけやすいムードに

内勤の日はニュアンス色で後輩が話しかけやすいムードに
「仕事のやり方が大きく変わり、フットワークの軽いカジュアルスタイルが定番に。BLAMINKのニットやyoriのパンツは優しげなニュアンスカラーで、話しかけられやすい雰囲気を意識。PCなど荷物が増えたので、財布や小物はポシェットに入る容量にコンパクト化」



☆yukieさん(美女組No.109)
NPO 団体 事務職

バルキーニットをレザーレギンスで辛口仕上げに

バルキーニットをレザーレギンスで辛口仕上げに

「露出が控えめであればデニムやスニーカーもOKな職場です。意識しているのは"全部がカジュアルにならない"こと。23区のオレンジニットはほっこりしないよう、ボトムは辛口なレザーレギンスを。駅から歩くので足もとはフラット靴やスニーカーが多いです」


※紹介しているものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります

【Marisol2月号2021年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)ヘア&メイク/甲斐美穂・後藤若菜(ROI) サユリ(nude.) 取材・文/江良洋子(arex)

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking