どんな一本も、春靴でぐっと洗練!アラフォーのデニムスタイルの鮮度を上げる「足元」はこの3つ

ハンサムに、フェミニンに……。同じデニムでも、足元に何を合わせるかで全身イメージがぐっと変化。鉄板デニムで印象を今どきに刷新してくれる、春めきシューズをピックアップ。

☆デニムはこの一本をはき回し!

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
デニムパンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン)



#1 モダンフラット
キレ味のいい女っぽさが手に入る

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
【モデル着用】❶今年注目の甲深のU字カッティングで、一気に脱コンサバ。オフ白だからコーデの抜け感づくりに最適。パンプス¥52,000/アマン(ペリーコ)
❷アシンメトリーなカッティングが独特。型押しに黒パイピングでソリッドさが加速。パンプス¥38,000/エストネーション(ロランス) 
❸アーモンドカッティングがポイント。スモーキーな色みも今っぽい。パンプス¥13,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 
❹サテン素材とスクエアトゥが目をひく。甘すぎないグリーンも大人好み。パンプス¥13,000/ダニエラアンドジェマ(ダニエラアンドジェマ)
デニムスタイルの鮮度を上げる「足元」3

テーパードデニム×甘ブラウスなら、バレエシューズよりも締まるポインテッドトゥパンプスがベスト。エッジのきいたカッティングを選び、ほどよくモード感を足して。

パンプス¥52,000/アマン(ペリーコ) デニムパンツ/同じ ブラウス¥32,000/ミュラー オブ ヨシオクボ(ミュラー オブ  ヨシオクボ) カゴバッグ¥8,000/プラージュ 代官山店(バリ ワークスタット) イヤカフ¥23,000/エテ(エテ) リング(人さし指)¥15,000(シンパシー  オブ ソウル スタイル)・リング(薬指)¥17,000(プラウ)/フラッパーズ



#2 かっちり男靴
大人の女性に必要な知性と端正さを足す

デニムスタイルの鮮度を上げる「足元」4

【モデル着用】❶ベーシックさが引き立つ赤みのあるブラウン。使い込むほどに味が出てくるのも楽しみ。ローファー¥63,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) 
❷やや細身のブラックなら、よりすっきりとした印象に。白ステッチもアクセントに。ローファー¥49,000/デミルクス ビームス 新宿(エーティーピー  アトリエ) 
❸黒とベージュのバイカラーにビットまでついた華やかな一足。ローファー¥27,000/フラッパーズ(カステラーノ) 
❹ホワイト寄りのベージュなら印象を明るくしてくれる。ローファー¥20,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(カミナンド)

デニムスタイルの鮮度を上げる「足元」5

ストライプシャツにトレンチコートを合わせたトラッドベーシックには、足元もローファーでテイストをそろえて。カジュアルなデニムコーデも即クラスアップ。

デニムパンツ/同じ ローファー¥63,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) トレンチコート¥23,000/アンクレイヴ ストライプシャツ¥24,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥49,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ  キアリーニ) ノットリング¥10,000/エテ(エテ) ブレスレット¥49,000/ストローラーPR(リューク)



#3 軽やか春ブーツ

ほどよいボリュームで全体バランスが向上する

デニムスタイルの鮮度を上げる「足元」6
【モデル着用】❶メンズライクなウイングチップが本格仕様。ブーツ¥135,000/ジェイエムウエストン
❷レディライクなポインテッド。ダークブラウンの色みもエレガント。ブーツ¥19,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 
❸人気のチェルシーもホワイトなら新鮮。ブーツ¥24,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) 
❹パテントのブラックがアクセントにも。ブーツ¥57,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)
デニムスタイルの鮮度を上げる「足元」7

ふんわりシルエットのティアードワンピースとデニムをレイヤードする時は、上半身にボリュームが偏りすぎないように、ブーツで重心を下げてバランスを。

デニムパンツ/同じ ブーツ¥135,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) イヤカフ¥20,000/ストローラーPR(リューク) ネックレス¥28,000/デミルクス ビームス 新宿(モダン ウィーヴィング) バングル¥30,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
【Marisol3月号2021年】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking