広がってしまったお尻に喝!股関節を正しい位置にリセット| 40代ヘルスケア

“体のゆがみ”を正せばすっきり!森 拓郎さんによるボディメイクダイエットで“おばさん体型”から脱出④

コロナ太りや正月太りで、体型がくずれてあせっているアラフォー女性にぴったりの方法が、 運動指導士・森拓郎さんが提唱する"ボディメイク"ダイエット。簡単なストレッチで気になるパーツが引き締まり、やせ見えボディが手に入る!

運動指導士 森 拓郎さん

運動指導士 森 拓郎さん

もり・たくろう●加圧トレーニング&ピラティスのスタジオ『rinato』代表。女優やモデルのクライアントも多数。著書は『ボディメイクストレッチ 理想の体を手に入れればどんな服も着こなせる』(SBクリエイティブ)など

気になるパーツを効果的に引き締め!

stretch_4【おしり】

股関節を外側にねじって正しい位置にリセット

おしりが垂れたり、横に広がったり、平たくなってしまうのも、股関節の内側へのねじれが原因。ストレッチで、股関節を外側にねじって正しい位置に戻すと、おしりの筋肉が正しく使われるようになって引き締まった美尻に。


1.股関節を外にねじり、おしりのインナーマッスル強化

ボディメイクダイエット4_1

四つん這いで、手を肩の真下につき、右膝を内側に90度に曲げ、かかとを左膝に近づける。

ボディメイクダイエット4_2

次に肘を床につけ、股関節を外にねじりながらおしりを右にスライドさせて30〜60秒キープ。反対側も同様に。

ボディメイクダイエット4_3

【BACK】おしりは浮かせたまま、右にスライドさせて

ボディメイクダイエット4_4

左膝を伸ばすと、おしりは伸びるが、右の股関節が奥にはめ込みにくく、深部の筋肉が伸びにくい。



2.股関節を骨盤に押し込み、裏ももを伸ばす

ボディメイクダイエット4_5

床に座り、手を体の後ろについて腰を丸め、膝は曲げて股関節を内側にねじり内股にする。

ボディメイクダイエット4_6

次に、左膝を内側に倒して、ギリギリまで床に近づける。次に反対側も同様に。これを左右交互に10回。

ボディメイクダイエット4_7

左膝を内側に倒す時、ギリギリまで床に近づけ、床にはつけないこと。

ボディメイクダイエット4_8

膝を床につけようとすると腰が反って、股関節が正しくはまらないのでNG。床につけなくてOK。

【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所)取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking