入社して15年。仕事に飽きてしまいました【40代お悩み相談】

「飽きながらもやりたい仕事が見つからない」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!

【今月のお悩み】仕事に飽きてしまいました

入社して15年。事務職1本で働いてきましたが、飽きてしまいました。転職も考えましたが、やりたいと思う仕事がなく、前に進みません。そもそも、コロナの影響で新しい仕事なんて見つからないかも……。現状維持するのか、未来の自分を信じてあきらめずにチャレンジするか。怖くて覚悟ができない時、みうらさんは、どうされていますか?
(神奈川県・さち・36歳・会社員 趣味/YouTubeを見ること)
みうらじゅんさんと辛酸なめ子お悩み相談_仕事に飽きた

☆辛酸なめ子さんの回答

話題の音声版SNSでは、起業家とかファウンダーとかがもてはやされがちです。でも仕事の基本とは、誰かの役に立って喜ばれる、というシンプルな循環で成り立っているように思います。相談文を読んで基本に立ち返りました。


☆みうらじゅんさんの回答

「飽き」ではなく「慣れ」では? まずは「飽きていないふり」を

 僕はそんな時、「飽きていないふり」をよくするんですよ。大概のことは人間、飽きてしまいます。でも、そこをなんとか修業だと思って、「飽きていないふり」をし続けていると、そのうち飽きていることにも飽きてしまって、なんだか新鮮な気持ちで前に進むことができます。転職しようにも仕事が見つからないかもしれないし、覚悟するのが怖くなる……いろいろ心配事の大本はその「飽きた」と決めつけたことなんじゃないでしょうか。

 さらにさちさんは、やりたい仕事がないのに「新しいことにチャレンジする」なんてことまで、自分に課してしまっている。やりたくないことにチャレンジするというのは、精神的に相当きついでしょう。
 でも、まだ「飽きていない」ということにすれば、それらの心配事はなくなり、やりたくないことをやらずにすむのでは?  いきなり「飽きていない」と思うのはむずかしいでしょうから、「それほど飽きていない」→「たいして飽きていない」→「まったく飽きていない」という具合に段階をもって思い込んでいく。そこまできたらしめたもので、次は「むしろ、好きかも」と思えてくるはずです。

 そもそも、さちさんは本当に、今の仕事に飽きているのでしょうか。15年も続けてこられたことには、実はそう簡単に飽きることはないような気がするんです。ひょっとして、新しい人生を歩み出していきいきしている友達を見て、「私もそろそろ違うことをしなくちゃ」とか思われたのでは。その思いが、さちさんに「飽きた」と言わせているのかもしれません。

 どんなことも長く続けていれば、もはやワクワクドキドキすることはないでしょうし、失敗もそんなにないでしょう。でもそれは、「飽き」ではなく「慣れちゃった」からなのだと思うんです。「慣れ」という言葉にもマイナスイメージがあるかもしれませんが、慣れをさらに極めると、人間としてのステージがひとつ上がるものです。「匠」とか「達人」とか言われる人、いますよね。まさにそれです。

 さちさんも、その高みを目ざしてみてはいかがでしょう。そのほうが、無理やり新しいことにチャレンジして苦労するよりもずっと、実りある日々を送れるんじゃないかと思うのですが。  チャレンジするなら、仕事以外で何か楽しいこと、好きなことを見つければいい。オフが充実すれば、オンにもよい影響が必ず及びます。

 なお、「怖くて覚悟ができない時、どうするか」についてですが、僕はまず、そのことを口に出して言ってみます。誰かに言うのではなく、ひとりで。鏡の前がいいと思います。それができれば、まだそんなに怖く思ってない証拠。すかさず、「不安(フアン)タスティック!」と叫びましょう。これが呪文です。こんなことが言える自分はまだまだ、大丈夫。逆に勇気がわいてきますから。完全には不安を消せなくても、薄めて、茶化すことが大切です。どうぞ一度、試してみてください。

  • 入社して15年。仕事に飽きてしまいました【40代お悩み相談】_1_2-1

    みうら・じゅん●イラストレーターなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生む。近著に『みうらじゅんの松本清張ファンブック 清張地獄八景』(文春ムック)、『ひみつのダイアリー』(文春文庫)など

  • 入社して15年。仕事に飽きてしまいました【40代お悩み相談】_1_2-2

    しんさん・なめこ●漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材。近著は『タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後 』『愛すべき音大生の生態』(ともにPHP研究所)など

【お悩み募集!】
※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。
※採用時は匿名にて掲載します。
※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。
【Marisol5月号2021年】撮影/露木聡子(みうらさん)イマキイレカオリ(辛酸さん) ヘア&メイク/得字マキ(nude./辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子(みうらさん)

What's New

Read More

Feature

Ranking